« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月18日 (日)

Bridgestone Guarantee Medals

次回この記事の日本語版を投稿します。

As far as I know Japan is the only country that had a practice of attaching a guarantee medal to bicycles. For those unfamiliar with this intriguing subject refer to the 3-part series below.
In this post we will examine two Bridgestone guarantee medals.  The origins of the name Bridgestone comes from the founder's last name Ishibashi written with the two characters (石=stone 橋=bridge).  The founder reversed the two to form Bridgestone.
The original trademark consisted of BS (Bridge + Stone) encased in a keystone.
Original_trademark


The first medal reads:
Guaranteed for 5 Years, Bridgestone Tire Co., Ltd. 
Img_0179

On the back, in addition to stating that the company will provide free replacement in case of damage caused by manufacturing defects, it also indicates die cast frame patents obtained in Japan, Britain, France and Holland.
Img_0181

The second medal reads: Bridgestone Bicycle Co., Ltd.
Note that the keystone is in the center of a bicycle tire, and, more interestingly, that each of the letters surrounding the tire are set in a separate keystone.
Img_0182

The back states that the company uses its many years of experience, latest technology and choicest materials to produce superior bicycles guaranteed for one year.
Img_0184


It is important to note here that the Bridgestone Tire Co., Ltd was established in 1931.  In 1949 the company spun-off the bicycle division forming Bridgestone Bicycle Co., Ltd.  Based on this information, along with the detailed history of Bridgestone Tire Co., Ltd. and Bridgestone Bicycle Co., Ltd. the medal on the right is the older of the two around 1951 or earlier, and, the medal of the left post 1951.

(Front)
Img_0185


(Back)
Img_0186

More on Bridgestone coming soon.

2018年3月 4日 (日)

物に魂が宿るか

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels!

物に魂が宿るか。 
物を永く使用することによって、使用者の一部が何らかの形でその「物」に移ることがあり得るでしょうか。

Bfmbj180img600x4501219064311t7qf555

「作業部屋(3)」で述べたように、よく考えると、
手工具は手作業、例えばネジを回したり、ナットを固定させたり、ネジ山を切ったりすることは一時的に体の一部になっています。
手工具に手加減を加え作業するからこそ、一時的に身体の延長となるのです。
Biwa7963img600x4001244370100xyacdx4
何か頻繁に着たり使用したり乗ったりするもの?
体が接する頻度によって、年月が経つに連れて少しずつ体に形成されるもの。
特に対象の物が本物の材質、革製(野球グローブ、靴、サドル)、木製(野球バット、家具、ヴァイオリン)、銀製(銀食器、筆記用具など)といったようなもの。
人は自分のお気に入り「頼みの綱」を持っています。
つまり、持ち主に仕えて来て信用された物は、持ち主の一部になっているのです。
514bcdda8e1eb
亡くなった最愛の人の冥福を祈って営む法要があります。
と同様に、壊れてもう使い物にならず別の目的に使えない最愛物の冥福を祈って営む供養があるべきでは?
欧米とは違い、日本ではこのような生き物ではないにも関わらず「道具」などの供養がありますよね。
針供養、鏡供養、挟供養などなど…。
使い慣れたお気に入りの道具は、使用する度に使用する間に、まるで身体の一部だからこそ魂が宿るのです。
単に捨てる訳にはいかないでしょう。
勿体ない主義やリパーポス(Re-purpose=別の使い道へ)など、ものを大事にすることが好きです。
小さい頃、アメリカでは、物を捨てるのは罪でした。
壊れたら、直してみたり直してもらったり、治らないなら工夫して別の用途に回すか、最後にどうにない場合は分解してナットやネッジなど再利用するために取っておくことが常識でした。
おそらく、先祖がアメリカに移民し大恐慌をも乗り切った祖父母たちが経験してきた知恵です。
まだ十分使用価値があるものを捨てるわけにはいかず。

少しの手間を掛けて甦るからこそ、古い自転車も好きなのです。
P1230692_2

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »