« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月25日 (月)

風切 (マスコット)

(I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

前回の記事で
作業部屋に命を吹き込んで、「昭和自転車ラボ」と名付けるまでの過程
と作成中のいくつかの展示コーナーを不定期的に取り上げると延べました。
今回は、昭和自転車の大きな特徴である、優れた遊び心の一つを見てみたいと思っています。
それは、風切(マスコット)というものです
Img_0432_2

風切は100年ほど前から日本にあります。
もともと前泥除け先端の車種やメーカー名の小さな看板でした。Img_0431Img_0429

昭和12年(1937年)に山口自転車会社でロケット型マスコットが取り付けられたと言われています。
Img_0433Img_0924

他社が真似、「スピード」という印象を与えるモチーフとして、「風切(マスコット)」が自転車業界に広がりました。
Img_0422

ロケットより速いのは何でしょう?
それは翼付きのロケット!Blogimg_7750

スピードや力を表す物、動物、会社の商標など。

スタリオン

Img_0409


Img_0420

飛び跳ねるウサギ。
Img_0426

鳩、それとも伝書鳩
Img_0425_2

マジェスティックな富士山
Img_0427

芸術作品といっても過言ではない風切もあった。Img_0421_2

風切(マスコット)の全盛期は1950年代でした。
庶民の手頃な価格での唯一の交通手段。
前カゴの流行化や費用削減や高度経済成長の中、自転車社会から自動車社会に変わり風切(マスコット)が徐々に小さくなり最終的に廃止されてしまいました。
と言っても、1980年代までは限られた自転車に使われていました。

1960年代のアメリカで育った私は、
車のボンネットに誇らしげに大きな フードオーナメント が付いている50年代の車をよく見かけましたが、60年代のモデルには小さいか全く付いていないのが疑問でした。

現代は自転車の風切(マスコット)は存在しません。
自動車のフードオーナメントは安全面、または盗難防止のため限られた高級車にしか付いていません。
最高級車のロールス・ロイスのボンネットに付いている「スピリット・オヴ・エクスタシー」は盗難防止のため、触られたら自動的に車内に引き込ませるように出来ている。

時代の流れで自転車の風切(マスコット)は消滅したかもしれませんが、その存在が忘れ去れないように頑張って行きたいと思います。Img_0400

2018年6月10日 (日)

Fender Ornaments

次回、この記事の日本語版を投稿します。

In the last post I recapped how I gave life to the workshop and officially christened it “ Showa Bicycle Laboratory”.  I also mentioned that I would, from time to time, share some of the displays that are in the works. In this post we shall take a brief look at certainly one of the more playful and distinguishing features of vintage Japanese bicycles, the “fender ornament”, also known as a “mascot”
.Img_0432_2

In Japan, bicycle fender ornaments have been around for just over 100 years. Originally, they were simply tiny signboards attached to the front fender bearing the name of the model or manufacturer.Img_0431Img_0429

In the late 1930s Yamaguchi Bicycle Company introduced a streamlined rocket shaped mascot.
Img_0433Img_0924

Other companies followed suit. Some with similarly rocket-shaped mascots.
Img_0422

But what could possibly be faster than a rocket?
A rocket with wings!

Blogimg_7750

Many mascots depicted an object or animal that represented speed, might, the company logo or any combination of these.

A sleek swift stallion.
Img_0409

A mighty eagle.
Img_0420

A leaping hare.
Img_0426

A dove or perhaps a carrier pigeon?.
Img_0425_2

Majestic Mt. Fuji.
Img_0427

Some were true works of art.Img_0421_2

The heyday of the fender ornament was the 1950s; when the only form of affordable private transportation and local commerce was the bicycle. Gradually, with front mounted baskets, cost-cutting, Japan's shift from a bicycle-oriented society to an automobile-oriented society fender ornaments became smaller and smaller and were eventually phased out. That said, they were still around to a limited extent as late as the 1980s.

As a child growing up in the US in the 1960s I fondly recall automobiles from the previous decade proudly bearing large hood ornaments and wondered why the ones on recent models were either substantially smaller or completely nonexistent.

Today, bicycle fender ornaments are nonexistent. Automobile hood ornaments only adorn a very limited number of luxury automobiles, as these works of art are prone to theft. In fact the infamous “Spirit of Ecstasy which graces the hood of the Rolls-Royce Phantom is engineered to automatically retract automatically.

Though the bicycle fender ornament may be gone, I shall endeavor to ensure that they are never forgotten.

Img_0400

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »