« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月20日 (月)

ブリヂストン自転車 (①プロジェクトの選択)

I'll be back with another English post soon, until then stay trued and happy wheels.

レストアに対象の自転車(プロジェクト)を見つけるのは決して楽ではありません。
フリーマーケット・リサイクルショップなどの場合は、実際に現物を確認できますが、
メルカリやオンラインオークションの場合は、写真をよく見たり、
質問したりして追加写真を要求しないと失敗します。

そこで何を見ればいい?
Img_0644_2

私は純正オリジナルに結構拘ります。
人によりますが、オリジナル割合が少なければ少ない程価値が落ちてしまいます。
これは自転車だけではなく、クラッシック自動車やオートバイもそうです。
オリジナル部品に対してオリジナル塗装、メッキなどなど。
10年前は探せば新古品パーツや塗装・メッキを甦ることが出来る中古自転車を見つけることが大抵できました。
今は、そのような自転車やパーツを見つけるのがムリとは言えませんが、なかなか困難です。
でも、長い歳月であらゆる方法を利用して探しに探せばそのうち当たります。

上記の自転車はその一つです。
オールオリジナル、あまり乗られていないブリヂストン製自転車。

レストア自転車(プロジェクト)を探す時、全体の状態や純正部品(商標付き部品)以外の目の付けところに少し触れます。

あくまでも目安の一つですが、自転車に乗った人の身体が自転車に接触した部品(握り、サドル、ペダル)の減り具合をよく見れば、ある程度その自転車がどれだけ利用されたか推測できます。

1.握り

昭和30年代前ころまで大半の握りはセルロイド製でした。
もちろん、重運搬車のゴム製握り、第二次世界大戦中での木製握りもありました。

セルロイド製握りは、握れば握る程マーク(商標)が下記の写真のように薄くなってしまいます。
Img_0679
プリヂストン自転車はラインやマーク(商標)がくっきりなので、交換されていなければオリジナルそのもので自転車が殆ど乗られていなかったことが推測できます。
Img_0627


2.サドル
セルロイド握りと同じように革製サドルも使われれば使われる程年月に渡って下記の写真のようにマーク(商標)が薄くなってしまいます。
Img_0687
プリヂストン自転車はサドルのマーク(商標)がくっきりなので交換されていなければオリジナルそのもので、殆ど乗られていなかったことが推測できます。
Img_0629
Img_0623_2

また、もう一つの目の付けどころは先端のリベット周りです。
革は皮膚と同じように経時的に劣化し、負担が先端リベットに多いので下記の写真のようにひび割れしてしまいます。
Img_0681
ブリヂストン自転車の先端リベット周りにひび割れの気配もなく、殆ど乗られていなかったことが推測できます。
Img_0630

セルロイド握りと革製サドルと同じようにゴム製ブロックペダルは使用されればされるほどマーク(商標)が擦り減って下記の写真のように薄くなってしまいます。
Img_0685
プリヂストン自転車はコムブロックペダルのマーク(商標)がくっきりなので交換されていなければオリジナルそのもので、殆ど乗られていなかったことが推測できます。
Img_0625
Img_0626_2


上記の自転車に乗った人の身体が自転車に接触した部品(握り、サドル、ペダル)の減り具合とともに、リムとタイヤを確認すればいいです。
まずリムにブリヂストン・キーマークの刻印があります。
Img_0633_2
前輪のブレーキ使用回数により、内側のメッキはブレーキシューがリムに当たるところに摩擦で経時的に下記の写真のようにメッキが擦り減り鉄が晒され錆びてきます。
P1040509
ブリヂストン自転車のリムには表面的に錆が見受けますが、ブレーキシューによるのメッキ擦り減りの跡を見受けません。
従って、リムは交換されていなければオリジナルそのもので殆ど乗られていなかったことが推測できます。
Img_0641_2

最後にタイヤのトレッドを確認します。
ブリッヂストン自転車のタイヤは「ブリヂストン」のマークあり、トレッドの減り具合は全くないと言っていい程少なく、殆ど乗られていなかったことが推測できます。
Img_0634_2
Img_0636

近いうち、このブリヂストン自転車のオリジナルさを確認してみたいと思います。

2018年8月 4日 (土)

Bridgestone Bicycle (①Selecting a Project)

次回この記事の日本語版を投稿します。

Finding a restoration project is never easy. 
Swap meets and flea markets are great as one is able to inspect firsthand. But in the case of online auctions one has to look very closely at the photos and often request additional photos.

But what to look for?
Img_0644_2

I admit it, I am a stickler when it comes to "original".  It is simply a matter of preference but the less original a bicycle is, the less the value. This is true with classic automobiles as well.  Original paint, chrome, leather, rubber, etc.  Ten years ago it was not impossible to find NOS (New Old Stock) and/or used bicycles where at least the original paint and chrome could be brought back to life.  However, more and more it is becoming increasingly difficult to find projects like these. Yet, search and you shall find.

This is a great find, an all-original, barely ridden Bridgestone bicycle.
Here are some of the things I look for besides the obvious overall condition and original parts..

By examining the wear & tear of three places the rider's body makes contact with the bicycle, ie grips, saddle and pedals, one is able to measure how much the bicycle was actually ridden.

1. Grips
Although some heavy carrier cycles had rubber grips, and, during WWII, some bicycles had wooden grips, the vast majority of bicycles from 1950's or earlier had celluloid grips.
With use over time celluloid grips wear and design patterns and trademarks gradually become worn down as shown in the example below.
Img_0679

In the case of the Bridgestone bicycle, the design pattern and trademark are clear-cut a good indicator that, assuming the grips are original, the bicycle was rarely ridden.
Img_0627
As is the case with celluloid grips, with use over time saddles wear and trademarks become worn down as shown in the example below.
Img_0687

In the case of the Bridgestone bicycle, the trademarks are clear-cut a good indicator that, assuming the saddle is original, the bicycle was rarely ridden.
Img_0629
Img_0623_2

Another good indicator is the condition of the leather around the front rivets which tend to form cracks over time and use as shown in the example below.
Img_0681

But the leather around the front rivets on the Bridgestone bicycle show zero signs of deterioration.
3. Pedals
As is the case with celluloid grips and saddles, with use over time rubber block pedals wear and the trademarks become worn down as shown in the example below.
Img_0685

In the case of the Bridgestone bicycle, the trademarks are clear-cut a good indicator that, assuming the rubber blocks are original, the bicycle was rarely ridden.
Img_0625
Img_0626_2


In addition to checking the three places that the rider's body makes contact with the bicycle, i.e. grips, saddle and pedals, checking the rims and tires can also serve as a good indicator of usage.
The Bridgestone bicycle rims have the BS keystone trademark.
Img_0633_2

The chrome on the front rim will wear away over time as a result of contact from the brake shoes leaving a trail of rust as shown in example below.
Img_0639
P1040509

Although there is surface rust, there are no signs of wear from brake shoes indicating that, assuming the rims are original, the bicycle was rarely ridden.
Img_0641_2
Lastly, the tires.
Check the manufacturer and tread wear.  In this case original Bridgestone bicycle tires and the tread shows nearly zero wear indicating again, that this bicycle was rarely ridden.
Img_0634_2
Img_0636

We will take a closer look at this Bridgestone bicycle in future posts.

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »