« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018年11月25日 (日)

Bridgestone Markings

次回この記事の日本語版を投稿します。
In the golden age of bicycles, basically 1950s, nearly each and every part bore some kind of marking right down to the tiny bolt heads.  Often a single part bore more than one marking, even non-visible parts such as the chainwheel were marked and a single bicycle would have well over 100 markings.  As mentioned:in the previous post “Bridgestone Trademarks” in this post we shall take a look at some of the markings as seen on the bicycle in “Bridgestone Bicycle  (①Selecting a Project)”,


Bridgestone Bicycle (right-side)
Img_0644
Bridgestone Bicycle (left-side)
Img_0648

Front fender tip
Img_0648_2

Img_0647

Img_0634

Even the tube is original Bridgestone
Img_1104

Front BE rim
Img_0655

Front hub
Img_0654

Front fender stay
Img_0657

Front stirrup brake
Img_0659

Front fender stay badge (Link in Japanese only)
Img_1141
Front fender stay badge bolts (Link in Japanese only)
Img_1137
Img_0624_2
Img_0627_2

Handlebar  stem
Img_0670

Lamp bracket
Img_0663_2

Head badge
Img_0665

Fork crown
Img_0662

Front fender
Img_0673

Front fender mud flap
Img_0674Img_1143

Img_0680
Img_0681

Rear brake fulcrum
Img_0650

Down tube
Img_0686

Seat tube
Img_0710 Img_0709

Leather saddle (top, side & back)
Img_0623
Img_0689
Img_0629_2
Img_0631

Seat lug tube
Img_0684

Seat post bolt
Img_0721

Img_0708
    
Chaincase crank-wheel cover
Img_0700  
Img_0702

Cotter pin cover (Link Japanese only)
Img_0699

Crank arm
Img_0701

Rubber block pedal
Img_0625Img_0697
Img_0705
Img_0703
Img_0706_2

Rear fender
Img_0711
Img_0683_2
Img_0682_3

Rear fender bridge
Img_0667

Rear carrier
Img_0719 Img_0695
Rear fender stay badge & bolts
Img_0718

Rear fender and reflector  (Link in Japanese only)
Img_1136_2Img_0692
Reflector (Link Japanese only)
Img_0715

Lock (Note markings on key and lock bolt)
Img_0724
Img_0723

Rear brake and stand
Img_0726
Img_0725
Img_0726a

Img_0633
 
 
 
 

2018年11月11日 (日)

ブリヂストン 商標

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.
以前、
「ブリヂストン自転車 (①プロジェクトの選択)」
「ブリヂストン責任保証メダル」の記事で、
「ブリヂストン」の由来に言及しました。
「ブリヂストン」という名前の由来は、創業者の名字「石橋氏」からです。
名字の漢字二つを逆順番にし英語にしたのです。

(石=stone 橋=bridge)。

初めての商標は要石 (英語でキーストーン)に
BS (Bridge + Stone)の二文字。
この商標はよく「BSキーストーンマーク」と呼ばれています。

Original_trademark


確かに上記の商標はブリヂストン自転車に使われました。
しかし、ブリジストンタイヤ株式会社ブリヂストン自転車株式会社 の沿革によると、
「ブリジストンタイヤ株式会社」は、昭和6年(1931年)に設立、昭和24年(1949年)に「ブリヂストン自転車株式会社」が本社による分離独立で創設。
ブリヂストン自転車の情報を調べているうちに、
ブリヂストン自転車設立以前の古いブリヂストン商標が載っている昭和27年の出版物に偶然出会いました。
最も古い商標は昭和8年に登録。
ブリヂストンタイヤ創業のたった2年後。
「石橋」そのもの。
Img_1067

(拡大)
Img_1068

同年後半に以下の2つの商標が登録されました。
注目!
「ブリヂストン」ではなく「ブリトン」と「ブリストン」。
Img_1088_2
Img_1089

その翌年(昭和9年)に以下の2つの商標が登録されました。
一つめに注目!
「ブリヂストン」ではなく「ブリヂストン.」。
Img_1064
Img_1065
昭和11年の商標。
Img_1086_2

以下の商標は先に延べた昭和9年のキーストン商標によく似ています。
しかし、よく見ると上半部が少し短くて角度は少し急のように見えます。.
Img_1076

以下のものは、上記と同年(昭和13年)のものです。
フォントが違うし上半部の首部分がなおさら短くなっていることに注目。
Img_1073
.
最後は昭和16年のものです。
Img_1085

「戦時中は、英語の使用は制限しようという風潮がありました。当社の社名についても、英語社名を変更せよという軍部の要請により、1942年2月に「日本タイヤ株式会社」と改めています。これにより1951年までの10年間、ブリッヂストンタイヤの社名は使われませんでした。」

次回、「ブリヂストン自転車 (①プロジェクトの選択)」 をもう少し見てみたいと思います。

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »