« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月20日 (日)

カスタム ヒドリ自転車

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels. 

新年は少しクリエイティブに始めましょう。
昨年は、「ブリヂストン自転車(①プロジェクトの選択)」「山口自転車マルワイ號(プロジェクトの選択」「山口マルワイ號(②ビフォア・アフター)」 のレストアプロジェクトを取り上げました。
引き続き、もう一つのプロジェクトをを見てみたいと思いますが、今回はクリエイティブなプロジェクトになります。
このプロジェクトの写真は、
このブログの貢献者「(セキネ 超特級自転車)や「(ヒドリ自転車)参照」 のお一人で、
昭和自転車修復者・愛好家.・コレクターである、Mさんからの提供です。

プロジェクトのテーマは、
「純正に拘らずに、かっこよく」オンリーワンレトロ自転車を作ること。
「ヒドリの新車」というフレームから始め、パーツ1個ずつ約3年を掛けて集めた努力が報われ奇跡的に、ヒドリ純正のパーツが揃いました。チェインケース 、目玉、チェ―ンホイール、クランクアーム、前後泥除け革製サドル 、泥除けステーバッヂ、化粧ネジ(泥除けステーや反射板の固定ネジのこと)。
 
少し見てましょう。
繰り返しますが、
「ヒドリの新車」というフレームから始めたプロジェクトのテーマは、
「純正に拘らずに、かっこよく」オンリーワンレトロ自転車を作ること。
L1810558 

フレームの長いヘッドチューブと深くカーブしているダウンチューブと独特のオーリブ色と薄い黄色のツートーンアクセントが実に優雅な印象を与えます。
L1810557 
 
大きなオグラ純正ランプがかっこいいです。
よく見てみるとレンズ自体に「オグラ」と正にレトロフォントで書いてあります。
レンズにメーカー名が付いているのは初めて見ました。
L1810556 
 
「ヒドリ」マークが多くて当時の自転車を物語ります。
L1810540
L1810548 
ホワイトウォールタイヤとスポークは現代のパーツです。
しかし、これがレトロさを引き立てて、正にテーマ通り「純正に拘らずに、かっこよく」オンリーワンレトロ自転車に大きく貢献しています。
ホワイトウォールタイヤがなおさらレトロ感で優雅な印象を与えます。
L1810544 
純正なヒドリバネサスペンション付き革製サドル。
泥除けの金線引きの先端が矢印になっています。
L1810542 
パーツは全てバラバラで手に入れてチェーンケースの目玉もその一つ。
さすが約3年掛けて根気よく探した努力が報われました。
L1810552 
フレーア泥除け
よく見ると泥除けステーバッヂも化粧ネジもヒドリ刻印付き。
L1810551 

レア泥除けはレトロそのもの。
泥除けステー・反射板の化粧ネジもヒドリ刻印付き。
L1810553
L1810541 
お見事ですね!!
プロジェクトのテーマ通り、オリジナルに拘らなくていい証拠です。
これは間違いなく二度見する方が多いでしょう。
オンリーワンのかっこいいレトロ自転車が出来たMさんに脱帽!!

2019年1月 5日 (土)

Customized Hidori Bicycle

次回この記事の日本語版を投稿します。

What better way to start off the new year than with a creative touch.  Last year the topic of selecting a project was raised in ‟Bridgestone Bicycle (① Selecting a Project)”, "  ‟Yamaguchi MARUWAI-GO (① Selecting a Project)”and, ‟Yamaguchi MARUWAI-GO (② Before/After)‟. Along the same lines let's take a look at another project, this one with a creative twist.The photos are courtesy of M-san, an avid vintage Japanese bicycle restorer, collector and contributor to this blog (see ‟Sekine (Ultra-Special Class)” and ‟Hidori Bicycle”).

Starting with just a frame, the theme of this project was to create as retro-a-look as possible without trying  to  achieve a copy-exact model.  That said, M-san spent nearly 3 years scouring sources to find original Hidori-brand parts.  His efforts were well rewarded by miraculously acquiring, one-by-one,  original Hidori-made chaincase , chaincase cover, chainwheel, crank arm, front fender (Japanese only), rear fender, leather saddle, fender stay badge and cosmetic bolts (Japanese only, tiny fender stay/reflector bolts). 
Let's take a closer look.

Once again, keep in mind that the project started out with only a frame.
L1810558

Note the long head tube, swooping down tube and 2-tone color olive with mellow yellow accents.
L1810557

Large Ogura-made headlamp. First time I have seen an Ogura-made headlamp, or any headlamp for that matter, with the manufacturer's name on the lens itself  (Ogura=オグラ).
L1810556

Lots of Hidori markings.
L1810540
L1810548

The whitewall tires and rims are present-day parts but as previously stated the theme is to create as retro-a-look as possible.  The whitewalls certainly add a retro feel and a touch of class.
L1810544

Genuine Hidori-made sprung leather saddle.
Also note that the tip of the gold pin-stripe (Japanese only) on the rear fender ends in an arrow.
L1810542

Chainwheel cover also acquired separately.
L1810552

Flared front fender.
Note the fender stay badges and tiny fender stay bolts bear the Hidori logo. 
L1810551

Rear flared fender.
Reflector/fender stay bolts bear the Hidori logo.
L1810553
L1810541

This is a great reminder that the restoration theme is up to the restorer and there is no need to be confined to restoring to copy-exact. 
Hats off to M-san for creating one-of-a-kind bicycle that is certain to turn heads.

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »