« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月28日 (日)

Hello Reiwa.

 次回この記事の日本語版を投稿します。

May 1st marks the dawn of a new period "Reiwa".
I consider myself fortunate as I first visited Japan in 1982 at the tail end of the Showa period and returned to work here in 1989 at the beginning of Heisei period.   As I look back things have certainly changed.  Just to mention a few. 

Rod brake bicycles were still sold and some postmen delivered mail on their orange rod-brake postal bicycles.  

Postal-bicycle
Photo courtesy of Postal Museum Japan

Western-style toilets were the exception rather than the rule and came complete with stick-figures to demonstrate how to use them.

How-to-use-a-westernstyle-toilet
Photo courtesy of 毎日がレビュー

Public telephones came in assorted colors & functions:  Red, Yellow and Green.
Photo Photo courtesy of NTT技術資料館

No electronic ticket wickets, train station personnel physically punched your train ticket.

Photo_1
Photo courtesy of めくるたび.

Before the 500 yen coin, there used to be 500 yen notes.
Series_c_500_yen_bank_of_japan_note__fro
Photo courtesy of Wiki 5百円紙幣

At the office, no computers. The only things on top of desks were a telephone an ashtray and a two-tiered in-out tray.
(Yes, back then people actually smoked at their desks!)
In-out

Saturdays were workdays and school children attended school on Saturdays.

The vast majority of automobiles were equipped with standard transmissions and had side mirrors mounted on the top of the front fenders.
Prelude

Large department stores had mini-amusement parks on their rooves.
Photo_2
Photo courtesy of Wiki.

No consumption tax! Can you imagine that?  Maybe those really were the good'ol days:)

Yes indeed, things have changed and time continues to march on.
I hope the "Reiwa" period will be filled with good health, happines and prosperity for all.




2019年4月13日 (土)

「スポーク・ベル」ビデオ追加

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

前回の「日米富士ベル」記事で、「回転式ベル」のユーチューブリンクを付けました。
そのビデオを見たロッドブレーキ自転車の愛好家H.G.さんから下記のリクエストを頂きました。

「昭和自転車ブログのお陰で古いと言って必ずガラクタと限りません。
古いからこそ眠った宝物の場合が少なくありませんと確信して来ました。
もし、可能であれば簡単でもいいですが以前取り上げたスポークベルのビデオを投稿して頂けますか。」

調べてみたら確かに以前取り上げたスポークベルの記事は2つ(ケーブル式ロッド式)ありますが、どちらもビデオがありませんでした。
H.G.さんからのご依頼通り簡単なスポークベルビデオを撮ることにしました。

スポークベルは実に面白い発想です。
ハンドルに付いているレバー押すことにより、バネ付きクラッパーがスポークに当たりスポーク一本々がバネ付きクラッパーを曲げ離します。  
その結果は機関銃のようなリン・リン・リン・リン・リン・リン~。

H.G.さんへ
ココをクリックするか下記の写真をクルックすることによって再生できます。

Spoke-bell-photo

 

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »