« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月22日 (土)

鈴木商会 (勿体ない主義の教訓)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

先日、「鈴木 金太郎、91歳パンク直し」という興味深い記事を見つけました。

記事内容は、
取材を受けた91歳の自転車屋の店主が、長年の経歴、そして何年もの間に時代と自転車がどのように変わったかを思い出しています。
実に面白い記事です。許可を取れたら、いつか翻訳して海外の方にもぜひ読んで欲しいです!

7年前、つまり2012年に書かれた記事です。
ネット検索で店主のお店「鈴木商会」に辿り着き、2018年1月にお娘さんと一緒に撮られた写真がありました

「80年以上パンク直しの経歴がある方と一度お会い出来たらきっといい勉強になるだろう」と思い、西日暮里まで足を運びました。
現在お店を営んでいる娘さんが迎えてくれましたが、悲しいことにお父さん(店主)は昨年(2018年)6月に他界されたとのこと。
大変ショックでしたが、娘さんがご親切にお父さんのお話と昔のお店の写真を見せて下さり写真も撮らせて下さいました。

店主の年季があり使い込んだ作業台 

Img_1581_1

Img_1566
私は、「工具が一時的に体の一部になる」と信じています。
例えばネジを回したり、ナットを固定させたり、ネジ山を切ったりすることは、一時的に体の一部になります。

手工具に手加減を加え作業するからこそ、一時的に身体の延長となるのです。
その手工具を永く使用することによって、使用者の一部が何らかの形で手工具に移ったり、手工具が何らかの形で使用者に移ったりすることがある程度まであるかと思います。
物に魂が宿るか」の記事参照。

店主の作業台を見回ると、案の定どこを見ても「勿体ない主義」の証拠があって嬉しい限りです。
勿体ない主義よりまるで「勿体ない教」でモノを大事にして直しに直して直し切れなくなるまで使用し、もう直し切れなくなったら捨てずにそのモノに尊重及び感謝を示すように別の目的を与えることによって再利用でモノが生まれ変わるのです。

少し例を見てみましょう。

1. 使い古したタイヤチューブを切って、スポークをサイズ・長さによって束ねたりします。
Img_1583

2. スポークをリング状に曲げてサイズ別のナット・ワッシャーなど整理。

Img_1571

Img_1572

3. 空ジャー・缶詰・ブリキお菓子箱など小物入れや工具入れとして使用。

Img_1581b

Img_1566b

4. 使い古しタイヤチューブを工具に巻いて滑り止めにしたり工具を床に落としたら緩衝材として保護。

Img_1574

Img_1585

5. 木製の使い古したパンク修理箱を修理して使い続けます。

Img_1582

6. 自転車部品で自転車修理台及び工具入れ。
修理代の脚をよく注目して下さい。
脚がハンドル2本で出来ています。

Img_1562

自転車サドルを取り外して自転車を逆さまにして修理台のピラーが自転車シートチューブに差し込みます。
写真はこちらへどうぞ。

Img_1560

勿体ない主義は、昭和自転車をレストアし始めたきっかけの一つです。
15年前、昭和自転車は5千円~2万円ほどで手に入りました。
当時、少し手を加えるだけで甦らせられるシンプルで頑丈な工芸品を捨てることが信じられませんでした。
しかし、7年前くらいから昭和自転車の相場が変わってきて非常に高価になってきました。

鈴木商会は西日暮里駅から3分。 

Img_1591

Img_1592

鈴木金太郎さんの娘さんが鈴木商会を引き継いでいました。
娘さんが思い出話をしてくださったり写真を撮らせて下さったりして心から感謝しています。

鈴木金太郎さん、安らかに…。
お会いしたかったです。

2019年6月 8日 (土)

Suzuki Shokai (Lessons in Mottainai-shugi)

次回この記事の日本語版を投稿します。

I came across an interesting Japanese article the other day "Kintaro Suzuki  Age 91  Flat Tire Repair".

Someday I in the distant future I hope to have time to translate it, as it deserves a wider audience.  A man in his nineties is interviewed and reminises about his long career and how times, and bicycles, have changed over the years.

The article was written seven years ago, back in 2012.  I located Mr Suzuki's bicycle shop online (Suzuki Shokai = 鈴木商会)and there were photos of him and his daughter taken last year in 2018.  I thought to myself, "I gotta meet this guy whose been repairing flat tires for over 80 years, surely I can lean quite a bit." and made a trip out to visit his shop.  His daughter, who now runs the shop, greeted me and sadly informed me that her father passed away in June last year (2018) at 97.  I was crushed to say the least.  However, his daughter graciously shared photos of the shop, stories of Mr. Suzuki and allowed me to take photos. 

Mr. Suzuki's workbench 

Img_1581_1

Img_1566

Loyal fans know that I think of hand tools as "temporary body parts", as, when in use, they are extensions of the body used to turn a screw, hold a nut, cut a thread, etc.  The User is the force and control behind the tool, thus the tool is simply an extension of the body.  Loyal fans will also note that I believe, to some degree, through repeated use over time, these temporary body extensions gradually become a part of us, and in turn, a part of us is transferred to them.
(see article entitled "Do things have souls?")

Much to my delight, as I completely expected, everywhere I looked, there was evidence of mottainai shugi (practically a religion based on a deep belief that it is shameful and a sin to waste things, and things must be repaired over and over until it can no longer be repaired to fulfill its original purpose, and even then, instead of tossing it out, show respect and gratitude by repurposing it, ie giving it a new life).   A picture is worth a thousand words so let me share just a few simple to understand examples.

1. Old rubber inner tubes cut up and used as large rubber bands to bundle spokes according to various sizes/lengths)
Img_1583

2. Old spokes fashioned by hand into clip-rings to hold same size nuts/washers.

Img_1571

Img_1572

3. Assorted tins, glass jars and other containers used to store small parts or serve as tool holders.

Img_1581b

Img_1566b

4. Old tubes used as non-slip grips or to serve as a cushions to protect tools when laid or dropped on the floor.

Img_1574

Img_1585

5. Make it last.  A very old wooden flat tire repair box patched up and still in use. 

Img_1582

6. Bicycle repair stand made from bicycle parts.
    Note the four legs are simply two handlebars!

Img_1562

Remove the bicycle seat, turn the bicycle upside down and repair stand post fits into the bicycle seat tube.
See photo of repair stand in use here.

Img_1560

Mottainai-shugi is one of the reasons I began restoring vintage Japanese bicycles.  I could not believe that people would throw away something that, with a little elbow grease, could still be used.

Suzuki Shokai is located just a 3 minute walk from Nishinippori train station. 
Yanaka 3-24-2
Taito-ku, Tokyo

Img_1591

Img_1592

Special thanks to Mr. Suzuki's daughter for her time and allowing me to take and share photos.
May your beloved father rest in peace.

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »