« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

2019年7月21日 (日)

謎の工具

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

工具が面白くて好きです。
工具は一個一個何かの目的で設計されています。

しかし、古い自転車工具となると何の目的で出来ているのか?つまり「謎の工具」が少なくはありません。
いくつか持っている限られた古い自転車カタログが謎の解明に大変参考になっています。

しかし、カタログに全ての工具が載っている訳ではありません。
以前、謎を解くために、古い自転車の愛好家しげP自転車の日記 に協力して頂き、他の古い自転車愛好家達の力をお借りしたこともあります。
そのお陰で謎の工具について解明することが出来ました。 

この工具もその一つです。
結局、本田スーパーカブ用のブレーキロット回し   ということが分かりました。
昔は「自転車屋」よりも「OO輪業」と掲げ、
リアカー、自転車、原付き、スクーター、バイクにも対応していました。

Img_0

この工具は スポーク切り と分かりました。
ホィールを組んだ後の余ったスポーク端を切り取るための工具です。
Img_5

先日、「古い自転車専用工具一箱」を手に入れました!!
Img_1772
やはり、その中には今まで見たことがない工具がありました。
では見てみましょう。

何らかの特殊なペンチの様です. 
Img_1774_20190704162201
Img_1776

先端をもう少し見て見ましょう。 
Img_1780

先端の内側はボトルの先のように窪んでいます。
Img_1779

窪みが何かを挟むように飛び出しているようですが、一体何を?
Img_1777

考えに考えた末、恐らくタイヤチューブのバルブコアを抜く工具だと思います。
試してみましょう。
Img_1787

バルブコアと工具先端の窪みの形状が同じ??
Img_1790

ビンゴ!!
バルブコアをしっかり掴めるように窪みの径がバルブコア下部より僅かに細い。
窪みの上部の径がバルブコアのネジ山径より広くてバルブコアを挟む時にネジ山が潰れないように出来ています。
Img_1792

バルブキャップネジ山を守りながらバルブコアを掴み楽に抜くことが出来きます。
Img_1797

バルブコアの虫ゴムは時間が経つとバルブ内にくっついて中々抜くことが出来ない場合もあります。
特に長年風雨に晒された自転車にはバルブコアのくっつき具合が酷い。
Img_1798 

不思議な工具。 
Img_1799


おそらく手作り工具でしょう。
鍛冶屋ペンチに加工された先端部を取付けられた。
鍛冶屋ペンチ2つの穴は元の支点用。

Img_1775_20190706082601

どなたかこのような工具を見たことがありましたらご連絡ください。

2019年7月 6日 (土)

Mystery Tool

次回この記事の日本語版を投稿します。

I recently acquired a box full of old bicycle tools.
Img_1772

Tools are interesting, they are all designed with a specific purpose in mind; however, with old bicycle tools it is often difficult to figure out exactly what the tool was designed to do.  I have a few old tool catalogs which have been very helpful in uncovering the purpose of unfamiliar tools.  But catalog information is limited and I have had to rely on other sources to unravel mysterious tools.  In the past a fellow vintage Japanese bicycle enthusiast "ShigeP" over at しげP自転車の日記 (Japanese only), has enlisted the assistance of other enthusiasts to help solve a couple of mysteries. 

This mystery tool below was solved at ShigeP's blog and turned out to be a rear drum brake adjustment tool for Honda Super Cub scooters.  In the old days, bicycle shops serviced not only bicycles but mopeds, scooters and motorcycles.Img_0

This mystery tool below turned out to be a spoke cutter used to cut the excess spoke ends after assembling a wheel.Img_5

In the recent batch of vintage bicycle tools, once again, there was a mystery tool, one I have yet to come across. 
Let's take a look.

Appears to be some sort of pliers. 
Img_1774_20190704162201
Img_1776

Let's take a closer look at the tips. 
Img_1780

The tips have been hollowed out to create a specially designed cavity.
Img_1779

The cavity must clamp onto something, but what???
Img_1777

My guess is that this is a tool created to pull out stuck Woods (aka Dunlop/English) tire tube valve cores.
Let's take a closer look.
Img_1787

The Woods (aka Dunlop/English) valve core seems to have the same contour as the cavity.
Img_1790

Perfect fit!
The cavity diameter is slightly smaller than the valve core allowing it to firmly grab the valve core.
Img_1792

Valve core is easily pulled out without any damage to the core itself, nor the cap screw threads.
Img_1797

The valve rubber has a nasty way of welding itself to the valve inner walls, this is especially true on old bicycles which have been sitting for years.
Img_1798 

Interesting tool. 
Img_1799

Most likely a one-of-a-kind tool fabricated by someone by machining the tips and then adding them to an old pair of Backsmith pliers. The two holes are obviously the original pivot point. 

Img_1775_20190706082601

If anyone out there has seen something similar kindly let me know.

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »