« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

2019年11月23日 (土)

Gold Mitsuuma ‶Junk or Jewel″ (Part 3)

次回この記事の日本語版を投稿します。

As mentioned in the previous post,  Gold Mitsuuma ‶Junk or Jewel″ (Part 2), in this installment we shall continue to examine the remaining details on this bicycle which indicate that, back in the early 1950's, this was one of the top high-end models. 

Let's start at the on the right side. 
58_20191117045801 

 In Part 2 we covered the front half up to the seat tube. We shall start with the chaincase and continue working toward the rear. This is an Upper-lower split-type chaincase.
(Side note:  Right-side pedal is an obvious replacement as it has built-in reflectors.)
1_20191117045601

Rust never sleeps. 
23

The chainwheel cover is still intact and proudly indicates Mitsuuma received the distinguished Ministry of Trade and Commerce Award. 
22

Nearly the entire bottom has completely rusted away.
There are two badges, let's take a closer look.
(Side note:  See the photos in the following "Japanese only" posts to get an idea of how prominent badges were 
64

"Highest Bicycle, Trade Mark, Mitsuuma Bicycle Co., LTD."
21

"Mistuuma Bicycle G"
20

Despite heavy rust, all the original hardware seems to be intact.
19

Let's turn our attention to the left-side.
57_20191117050701

Original rubber blocks on the let-side pedal. The rubber blocks are worn down indicating this bicycle saw quite a bit of use.

32

Rust, rust, rust, everywhere.  But the original hardware is still intact.
31

Heavily rusted screws are always a chore to remove.
34

Unlike the right-side cotter pin cover (Japanese only) the left-side still has the Mitsuuma trademark.53

Transfer on the bottom bracket worn away.
Cottered bottom bracket.  Many first-time restorers ruin the bottom bracket assuming that these cotter pins are straight, like the cotter pins on the cranks. NO! These are crescent (half-moon) shaped and are only removed after the adjustable bearing cup has been taken out. 
33

Internal (expansion-type) drum brake.
Another sure sign that this bicycle was certainly a high-end model.
28

Note the oil cap on the top of the chain case which could be unscrewed to enable easy oiling of the chain.
51_20191117045301

Heavily rusted hardware, but all original and intact.
30

Rear carrier complete with "Mitsuuma Bicycle" stamped in Japanese.
24a

三馬自転車="Mitsuuma Bicycle"
54

Mitsuuma trademark badge on back of rear carrier.
25_20191117044701

Mitsuuma Trademark
52

Note the fender stays are rusted and all bent out of shape, but a close look at these reveals that these are the high quality adjustable British-style fender stays; another indicator that this was a high-end model.
Unfortunately, missing the cloisonne fender stay badge. All that remains is the holes where it was originally attached.

Cloisonne enamel badge with Mitsuuma trademark, these types of badges are true works of art.
This separate badge is yet another indicator that this was a high-end model as, typically, there would only be the cloisonne rear fender stay badge, but this is an additional cloisonne badge.
26

Rear reflector.  Unfortunately, the lens is missing but the frame is a beauty, complete with the Mitsuuma trademark.
Difficult to see here but the Mitsuuma trademark is casted into the tiny bolt heads, same as the front fender stay badge bolts.
27

The details on this bicycle clearly indicate that, back in the early 1950's, this was certainly one of the top high-end models.
But, what about now. Is she a g
ood for nothing piece of junk?  Or, is she a "jewel"?   
You be the judge.
But wait, don't pass judgement just yet.

In the next installment in this series we shall begin taking a look at what extent Mr H. was able to breath life back into this Special Grade Gold Mitsuuma.

2019年11月10日 (日)

ゴールド三馬自転車 「ジャンクそれともお宝 第2回」

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels. 

ゴールド三馬自転車連載の「ジャンクそれともお宝 第1回」で予告したように、
今回はこのコールド三馬自転車が昭和20年後半~30年前半の最高級モデルだということを裏付ける詳細を 取り上げます。

自転車の前から見てみましょう。
まず、風切(マスコット)
風雨にさらされましたが奇跡的にまだ付いています。
風切(マスコット)は星の数ほどありますが、こんなに際立って美しいのは滅多にありません。
このカッコイイ風切の新品を御覧になって下さい(←クリック)

 03_20191025093801

50

よく見ると微かにフォークが剣先フォークと分かります。
ハイエンドモデルの証拠の一つ。
06_20191007194201

ダイナモのバッヂ取付用穴が見えますが、残念ながらバッヂは外れてしまったようです。63_20191008193401

車輪は黒ライン入りリムとバルブ穴の両側に三つ馬商標刻印があります。
これらもハイエンドモデルの証拠の一つ。
また、ハブにグリース注入口付き。
40_20191025094001

43

41_20191025094101

バッヂは七宝焼き製で実に美術品そのもの
各々色は一つ一つ手で塗ってからオーブンで焼かれたからこそ出来上がり色が豊かで表面が艶々。
バッヂは60年以上前に作られたもの。
自転車は全体的に風雨にさらされましたが、七宝焼き製バッジはまだじゅうぶん光沢があります。

49

04_20191007210001

登録番号がまだ付いています。
37

ハンドルをよく見て下さい。
ロッドが内工式です。
これもハイエンドモデルの証拠の一つ。
残念ながら長年風雨にさらされ、握りが腐ってしまいました。
48

47

握り自体は腐ってしまいましたが、ティアドロップ形の金具が残っています。
46

08

三馬の商標が前泥除けステーバッヂに刻印されています。
バッジを固定している小さなボルトに注目して下さい。
ボルトヘッド にも商標に鋳物されています。
(写真をクリックして写真が拡大し、これらの小さなボルトヘッドの商標を確認してください。)
17_20191007205101 

シートチューブに三馬エンブレム付き。
よく見るとリベットで取付られたバッヂではなく、恐らく「ろう付け」されたエンブレム。
10_20191019171901

通産大臣賞受領バッヂ
11_20191019171901

シートチューブにまた七宝焼き製バッジ
現代の自転車に見かけない言葉「謹製」が付いています。
「謹製」というのは昭和30年代以前の自転車に見かける言葉です。
国語辞典で調べると「心を込めて、謹んで作ること」と書いてあります。
まさに昭和30年代以前の職人さんを感じさせます。

「謹製」が付いている他のバッヂはこちらへ。
12_20191019171901

シートチューブの一番下のバッジ「特級製」。
13    

ジャンク?
それともお宝?
皆様の判断にお任せします。
ただし、この連載が終わるまでご判断はお待ちください。

次回も引きつづき、この特級ゴールド三馬號 が、戦後の国産自転車黄金時代の昭和20年後半~30年前半 で最高級モデルということを裏付ける 残りの詳細を取り上げる予定です。

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »