« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

2020年2月29日 (土)

ゴールド三馬自転車 「ジャンクそれともお宝 第6回」

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

ゴールド三馬自転車連載の「ジャンクそれともお宝 第5回」で予告したように、
詳細 を2回に分けて見ています。
これが詳細の後半となります。

自転車の右側です。
58_20191117045801
5801_20200204142201

「ジャンクそれともお宝 第5回」 にて自転車前半シートチューブまで見ました。
今回は、チェーンケースから少しずつ後ろへ。
チェーンケースが上下に分かれる、ツーピーススプリットケース
18

Hさんは、オリジナルパーツを再利用できるように全力を尽くして甦らせています。
チェ―ンケースがその努力を表しています。
2

チェーンケースの元の状態をよく見て下さい。
私でしたら交換せざるを得ないと思い込みますが、Hさんは違います!
言葉は不要!!
ビフォア・アフター写真が全てを物語ります!!
23
2301
22_20200213101201
2201
64_20200213101301
6401
21_20200213102401
2101
20_20200213101301

2001
19
1901

自転車の左側。
57_20191117050701
5701_20200204142201


ゴムブロックが結構擦り減っていてよく乗られた証です。
ゴムブロックは劣化して交換せざるを得なかったようですが、
同年代のゴムブロックを入手して使用しています。
コッターピン・カバーのビフォアー・アフターにも注目。
32_20200213101401
3201

チェーンケースのみならず、オリジナル小物や金具類も元の栄光に甦らせました。
31_20200213101501
3101
34_20200213101501
3401

ボットムブラケット(ハンガー)の転写が消え去ってしまいました。
「ジャンクそれともお宝 第5回」 で述べたように転写が長年の風雨に晒されてほぼ消えていました。
調べに調べた結果、写真を見つけて塗装で再現されています。
転写マークを再現して貼る手もありましたが、すべてHさんの手塗装です!
33_20200213101501
3301

錆・錆・どこを見てもサ・ビ!
しかし、Hさんのマジックで…。
28
2801
51_20191117045301
5101

オリジナル金具類も元の栄光まで甦らせました!!
30

3001

「三馬自転車」刻印付きの荷台。
24_20200213102801
2401_20200204134801

三馬自転車の刻印
54_20200213103201

5401

25_20200213103001

2501
6201

荷台に三馬のバッヂ
52_20200213103001
5201

七宝焼き製三馬商標バッヂ
バッヂは実に美術品そのもの

26

2601

三馬商標付きの反射板。
非常に見づらいですが、反射板を固定している小さなボルトに注目。
ボルトヘッド にも商標が刻印されています。
前泥除けステーバッヂを固定している小さなボルトと同じ)
27

2701

この特級ゴールド三馬號の詳細が、戦後の国産自転車黄金時代の昭和20年後半~30年前半 での最高級モデルだと裏付けています。
そして今、
Hさんマジックによって、一見ジャンクにしか見えない自転車を「宝」に甦らせたことに、全ての人が賞賛するでしょう!!

Hさんに脱帽!!!

2020年2月15日 (土)

Gold Mitsuuma ‶Junk or Jewel″ (Part 6)

次回この記事の日本語版を投稿します。

As mentioned in the previous post,  Gold Mitsuuma ‶Junk or Jewel″ (Part 5), in this installment we shall continue to examine the remaining details on this bicycle. 

Let's start at the right side. 
58_20191117045801
5801_20200204142201

 In Part 5 we covered the front half up to the seat tube. We shall start with the chaincase and continue working toward the rear. This is an upper-lower split-type chaincase.
18

The chaincase is a perfect example of Mr. H's policy of "re-use" and "restore" original parts whenever possible and only "replace" as a last resort. 
2

This can only be described as "Mr. H Magic". 
Amazing!
No need for words here, the "before" and "after" photos say it all.
23
2301
22_20200213101201
2201
64_20200213101301
6401
21_20200213102401
2101
20_20200213101301

2001
19
1901

Let's turn our attention to the left-side.
57_20191117050701
5701_20200204142201

The original pedal rubber blocks were severly worn down indicating this bicycle saw quite a bit of use.
Rubber blocks are replacements.  Great effort poured into finding same-style vintage rubber blocks.
Also note the before/after cotter-pin cover.
32_20200213101401
3201

Original hardware "re-used" and painstakingly brought back to its original glory.
31_20200213101501
3101
34_20200213101501
3401

Transfer on the bottom bracket worn away.
As mentioned in Gold Mitsuuma ‶Junk or Jewel″ (Part 5),   most of the original transfers had either faded or worn away leaving only a vague trace behind.
Using actual archived photos, instead of recreating transfers, all the wording, pinstripes and decorative scroll work was meticulously recreated with paint.
33_20200213101501
3301

So much rust.  But no match for Mr. H Magic!
28
2801
51_20191117045301
5101

Original hardware "re-used" and painstakingly brought back to its original glory.
30

3001

Rear carrier complete with "Mitsuuma Bicycle" stamped in Japanese.
24_20200213102801
2401_20200204134801

三馬自転車="Mitsuuma Bicycle"
54_20200213103201

5401

25_20200213103001

2501
6201

Mitsuuma Trademark on rear carrier
52_20200213103001
5201

Cloisonne enamel badge with Mitsuuma trademark.
26

2601

Rear reflector complete with the Mitsuuma trademark.
Difficult to see here but the Mitsuuma trademark is casted into the tiny bolt heads, same as the front fender stay badge bolts.
27

2701

The details on this bicycle clearly indicate that, back in the early 1950's, this was certainly one of the top high-end models.
And now, after Mr. H worked his magic I belive all will agree that he turned what at first glance looked like 
junk into a "jewel".   
Hats off to Mr. H!!!

2020年2月 1日 (土)

ゴールド三馬自転車 「ジャンクそれともお宝 第5回」

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

ゴールド三馬自転車連載の「ジャンクそれともお宝 第4回」で予告したように、
詳細 を2回に分けて見てみたいと思います。 

Hさんは、「
特級ゴールド三馬號」を元の栄光に蘇らせるために、仕事や日常生活を上手にやり繰りしながら徹底的に情報や実際の古いカタログ写真などを収集し、レストアにトータル2年かけました。

風切(マスコット)  (ビフォー・アフター)
元の栄光を出すために、泥除けを見事に再塗装し、親子金線引きを丁寧に引きました。

03_20191025093801
0301_20200112153301
50
5001_20200112154301

 剣先フォーク (ビフォー・アフター)
黒のエナメル光沢仕上げと親子金線引きに注目して下さい。
06_20191007194201
0601_20200112153401

前ブレーキ(ビフォー・アフター)
39_20200112160001
3901_20200112160001

ダイナモ (ビフォー・アフター)
バッヂは手作りで再現しました。
お見事!神業!!!!!
63_20191008193401
6301_20200112153401
Img_2051

フロントハブ (ビフォー・アフター)
フロントハブもフロントフェンダーステーもワッシャーなど全てオリジナルです。
40_20191025094001
4001
Img_2058

黒ライン入りリム (ビフォー・アフター)
太い黒い線の両側の細い金線まで再現!!
43
4301
41_20191025094101
4101

七宝焼きバッヂ (ビフォー・アフター)
転写マークを再現するために転写を使わずに全て手塗装でビックリ!
ここまでできるって、本当に神業です!!!!! 
4901
04_20191007210001
0401

リアブレーキ金具類 (ビフォー・アフター)
これもオリジナルで凄い。
ヘッドラブ転写マークも消え去っていましたが、調べに調べた結果、写真を見つけて塗装で再現できました。   
37
3701
14
1401_20200112155601
Img_2064

ハンドル・握り(ビフォー・アフター)
ハンドルはロッドが 内工式 でピカピカになりました
革製握りはH氏によって手作りで手縫い、三馬の商標が刻印まで丁寧に再現されました。
48
4801

47
4701
Img_2062
探しに探して純正な三馬刻印入りメッキベル を手に入れました。
6501_20200112155601
46
4601

フロント泥除けフラップ・バッヂ  (ビフォー・アフター)
フラップは手作りで手縫い、品がありおしゃれです!!
三馬の商標が前泥除けステーバッヂに刻印まで再現できました。
バッジを固定している小さなボルトに注目して下さい。
ボルトヘッド にも商標に鋳物されています。
(写真をクリックして写真が拡大し、これらの小さなボルトヘッドの商標を確認してください。)
17_20191007205101 
1701
Img_2067
Img_2070

トップチューブ、ダウンチューブ、シート チューブの転写マーク  (ビフォー・アフター)転写マーク類はところどころもう消え去ってましたが、調べに調べた結果、写真を見つけて塗装で再現されています。
転写マークを再現して貼る手もありましたが、すべて塗装です。
金線引きも金線スクロールもすべて塗装!
ここまで出来る方は初めてで、Hさんはすごすぎる!まさに神業!!!!!
Img_2065
オリジナル三馬自転車の保証メダル まで手に入れて付けました.
Img_2063
Img_2107
10_20191019171901
1001
11_20191019171901
1101
12_20191019171901
1201
13   
1301  

ジャンク?
それともお宝?
皆様の判断にお任せします。
ただし、この連載が終わるまでご判断はお待ちください。

次回も引きつづき、この特級ゴールド三馬號 のビフォー・アフター 詳細を取り上げる予定です。

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »