« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

2020年3月29日 (日)

ゴールド三馬自転車 「第7回」

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

ここまで復元できたのは実に細かい作業です。
一体どうやってHさんはこんなに複製できたのだろう? 
20190425013em1124001

この「コールド三馬自転車」の連載で優れた修復を目の当たりにしました。
ゴールド三馬自転車「ジャンクそれともお宝 第1回」
ゴールド三馬自転車「ジャンクそれともお宝 第2回」
ゴールド三馬自転車「ジャンクそれともお宝 第3回」
ゴールド三馬自転車「ジャンクそれともお宝 第4回」
ゴールド三馬自転車「ジャンクそれともお宝 第5回」
ゴールド三馬自転車「ジャンクそれともお宝 第6回」

注目すべき点は数多くありますが、その中で上位になるのは妥協せずいかにオリジナル姿を忠実に再現すること。
特に素晴らしいのがマーク(転写)類です。

一回目の山口自轉車マルワイ號では、シルクスクリーンの版の作成のみを外注して、これを用いて転写(デカール)に印刷したとのこと。
今回は全てご自身での塗装。
塗装?一体どうやって?と聞きたくなりますよね。
Hさんは、どのようにしてマーキングを再現したのか見てみましょう。

Hさんによると、最も難しいのは情報収集して参考になる資料を手に入れることです。
65年以上前に製造された自転車の写真を見つけることは困難ですが、マークまで参考になる資料を見つけることはほとんど不可能です。
しかし、Hさんの情熱は半端ではありません。
様々な昭和自転車コレクターに連絡したり、資料が豊富な自転車文化センターへ調べに行ったりして、複製できるための正確な参考資料を見つけました。

参考資料からフォトショップを使ってベジェ曲線でオリジナルに忠実な版を作ります。
001
カッティングマシンでマスキングシートを作ります。
002

まず色部分用のシートを貼ります。
003
各色を入れます。
004

金色用のシートを貼り、金色を塗ります。
005

研磨して、ウレタンクリアを塗ります。
006

上記の方法で全てのマークを再現することができました。
実に凄すぎます!!
Img_2047
Img_2048
4901_20200304124901
1501_20200304125101

Img_2064_20200304125301
Img_2065_20200304125201
Img_2078_20200304125301
Img_2075
1001_20200304125001
Img_2105
3301_20200304124901
006

2020年3月15日 (日)

Gold Mitsuuma (Part 7)

次回この記事の日本語版を投稿します。

Attention to detail.  But how?  How does one replicate markings to this degree of fine detail?
20190425013em1124001

Together throughout this series (links below) we have witnessed a superior restoration.
Gold Mitsuuma "Junk or Jewel" (Part 1)
Gold Mitsuuma "Junk or Jewel" (Part 2)
Gold Mitsuuma "Junk or Jewel" (Part 3)
Gold Mitsuuma "Junk or Jewel" (Part 4)
Gold Mitsuuma "Junk or Jewel" (Part 5)
Gold Mitsuuma "Junk or Jewel" (Part 6)

Although there are many noteworthy aspects, high on the list has got to be the dedication to original detail.
Especially, markings.  Unlike his first project Yamaguchi MARUWAI-GO, where Mr. H had the decals recreated, in this project Mr. H did them all himself using paint.  "But how?", you may ask.  Mr. H was kind enough to share how he managed to recreate the markings so let's take a look.

According to Mr. H, the hardest part is research.  Finding a photo of a bicycle manufactured over 65 years ago is hard enough, but finding a close up of a marking is next to impossible.  But, search and you shall find.  Mr. H contacted various collectors, utilized references from the Bicycle Culture Center, which has an extensive library and is well worth a visit if you live in the Tokyo area, to find materials from which an exact copy of the marking could be reproduced.

From the reference material, using software like Photoshop one can trace the image in detail. Or, even better, Illustrator, since it has a "pass" function which allow the image to be scanned.  Fine tune the design until it is an exact copy of the original.
001
Next, the image data is sent to a cutting machine to create masking sheets.
002

First, the colored portions, everything but the gold is painted.
003
004

Then the colored portions are masked and gold portions painted.
005

Then, after rubbing and applying a coat of urethane, the result is an exact duplicate of the original marking.
006

All markings were duplicated in this fashion.
The results are certainly impressive.
Img_2047
Img_2048
4901_20200304124901
1501_20200304125101

Img_2064_20200304125301
Img_2065_20200304125201
Img_2078_20200304125301
Img_2075
1001_20200304125001
Img_2105
3301_20200304124901
006

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »