« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月

2020年5月24日 (日)

サス付き革製サドル(第一回)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

私は実にオールドスクール(保守的)です。
なるべくシンプルで作りがよいモノを選び、マスマーケティングや流行に流されないように気を付けています。

シンプルで本物の材質で作られ、使い勝手が良く、ローメンテで長持ちするもの。
一生持つもの。
手入れをすれば、そのモノが恩返ししてくれるモノがいい。

サス付き革製サドルはその一つ。
革靴やブーツ、野球グローブなどの革製品は、使えば使うほど味が出るだけではなくピッタリ体にフィットしてきます。
革製サドルも手入れすれば乗り心地が良く長年持ちます。

昭和20年代後半~30年代前半、革製サドルは形よりもサスの種類が多かった。
今回は第一回ですが、今後もいくつかのモデルを取り上げると思います。

まず、ハンモックというモデル。
クラシックなデザイン。
革製サドル製造会社によってモデル番号が異なっていましたが、ハンモックは通常800系と呼ばれていました。

800

横顔は確かにハンモックに似ています。
Img_9280a

前コイル
Img_9280d

後ろコイル。
Img_9280b

鳥瞰図
Img_9280e

800系はいくつかの種類がありました。
主に前後コイルの径や数によって異なりました。

下記のモデル類を見比べて下さい。

800
800

880
Hammock-880

890
Img_9310

ハンモック(800系)は実にシンプルなデザイン。
パーツ数が最も少なかったモデルの一つ。
Img_9316

次回は、昭和20年代後半~30年代前半(1950年代)の別の革製サドルを取り上げます。




2020年5月 9日 (土)

Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 1)

次回この記事の日本語版を投稿します。

I admit it.  I am old-fashioned. I make a conscious effort to appreciate the simple things and not allow myself to be carried away by mass marketing and conspicuous consumption.  I like simple things that are made well from genuine materials, work well and with care will last a long, long time.  Preferably a lifetime.  I like the fact that, if you take care of "something", that "something" will take care of you.  Sprung leather saddles are a good example.  Leather is great, much like a fine pair of leather shoes, boots,  or a high-quality leather baseball glove, through repeated use they literally mold or conform to one's individual physique for a truly perfect fit.  If one takes care of the leather, the saddle will provide long lasting comfort.

In the 1950's the majority of the saddles varied mainly based more on how the saddle was sprung, i.e. the suspension, rather than the top profile.  In the next few posts I shall introduce some of the main models.

Let's begin with the "Hammock" saddle.  This is a classic design.  Although individual manufacturers had their own model numbers in general the Hammock saddle was referred to as the 800 series.

800

The profile even resembles a hammock.
Img_9280a

Front loops.
Img_9280d

Back loops.
Img_9280b

Top profile.
Img_9280e

In the 800 series, there were other variations, mainly based on additional number of coils or loops in the front and back.
Compare the following models.

800
800

880
Hammock-880

890
Img_9310

The 800 series or Hammock saddle was indeed a simple design.
As will become self-evident over the next few posts it was the 800 series or Hammock saddle which had the fewest number of parts.

Img_9316

In the next English post we shall continue to take a look at another main saddle model from the 1950s.

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »