« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月

2020年9月26日 (土)

Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 6)

次回この記事の日本語版を投稿します。

In the previous five posts, Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 1), (Part 2)(Part 3)(Part 4) and (Part 5) we took a look at various leather saddle styles from the 1950's: (800 series)(750 series), (900 series)(500 series) and (600 series) respectively.

In this installment we shall take a glance at yet another style, albeit a lesser known one. 

Depending on the manufacturer the model number varied but this saddle style was commonly referred to as the 1300 series.

Img_9328

Compared to the front suspension in the other models we've seen so far (800 series), (750 series), (900 series) and (500 series) , less suspension in the front, only single base springs (wires) which is even less than the (600 series).

The rear has two springs but different design compared to the (750 series), (900 series)(500 series)and (600 series).

A few of the variations in the 1300 series include the following.

1320
Heavy duty base
Pressed steel plates as opposed to base springs (wires) seen on all other models so far.Img_9332

1350A
Double base springs (wires) and double loop in the nose.

Img_9330

1350B
Double base springs (wires) and single loop in the nose.

Img_9331   

In the next post we will begin to take a look at some vintage tools used to maintain leather sprung saddles.

2020年9月13日 (日)

サス付き革製サドル(第五回)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

今まで「サス付き革製サドル第一回」「第二回」「第三回」, 「第四回」の記事で、昭和20年代後半~30年代前半の革製サドル4種類800系750系 、900系500系それぞれを見て来ました。

今回の記事でサス付き革製サドルをまた取り上げますが、このサドルはそれほど知られていません。

600-series-660

Img_9297a_20200916114501
製造会社によってモデル番号が異なり、通常600系と呼ばれていました。

今まで見て来たモデル(800系), (750系), (900系) と (500系) と比較して先端にあまりサスペンションがなく、ベーススプリング2本だけです。

Img_9297c

後ろに (750系), (900系) , (500系).と同じようにバネ2本。

Img_9297b

(800系), (750系), (900系)(500系).と比較して鳥観図がスマートになっています。
Img_9297e_20200827135901

実用自転車として最低限なサスペンションですが、実用車と軽快車に堺目。
600-series-660

これ以下となると軽快車やスポーツ用でベーススプリング2本の600系と比較して1本のみ。

Sports-model-one-base-spring-wire

そしてさらに行くとサスペンションがないレーシング用の (100系) があります。

Racing-model-no-suspension-100-series

次回は、昭和20年代後半~30年代前半(1950年代)の別の革製サドルを取り上げます。

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »