« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月

2020年10月23日 (金)

Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 7)

次回この記事の日本語版を投稿します。

In the previous six posts, Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 1), (Part 2)(Part 3)(Part 4), (Part 5) and (Part 6) we took a look at various leather saddle styles from the 1950's: (800 series)(750 series), (900 series)(500 series), (600 series) and (1300 series) respectively.

Starting with this installment, we shall begin to take a look at tools used to maintain sprung leather saddles.  

Let's start with a tool called the "hammock saddle stretcher". 
Img_9585_20201016193101
Img_2488_20201016192601

You may recall that the "hammock" (800 series) saddle was introduced in the first installment (Part 1)  As the name implies, this tool is used to pull the leather on this style of bicycle saddle taunt.   In the past, prior to obtaining this tool, I resolved the issue of a flabby hammock saddle by giving it a "tummy tuck" (⇐link only in Japanese but photos tell the story).

The hammock saddle stretcher is a fairly simple tool. 
Img_2466
Img_2472

It has feet on one end.
Img_2469

 The feet fit on the front coils.
Img_2476

A handle on the other end which causes the length of the tool to expand when turned.
The holes are for the tension bar which fit between the rear coils.
Holes enable the tool to accommodate various size hammock saddles, child's, lady's and men's saddles.
Img_2470

Img_2475

Simply set the tool.
Img_2474

Loosen the adjuster bolt, turn the handle, stretch the leather taunt and tighten the bolt.
Img_2476 

Img_2478

It is a handy tool to have in reassembling hammock saddles.
Img_9591
Img_9592
Img_9601
Img_2476
Img_9605
Img_2483_20201016193501

In the next installment, we shall continue to look at another tool used to maintain sprung leather bicycle saddles.

2020年10月10日 (土)

サス付き革製サドル(第六回)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

今まで「サス付き革製サドル第一回」「第二回」「第三回」「第四回」「第五回」記事で、昭和20年代後半~30年代前半の革製サドル5種類800系750系 、900系500系600系それぞれを見て来ました。

今回の記事でサス付き革製サドルをまた取り上げますが、このサドルはそれほど知られていません。

製造会社によってモデル番号が異なり、通常1300系と呼ばれていました。

Img_9328

今まで見て来たモデル(800系), (750系), (900系) (500系) と比較して、1300系は先端のサスペンションが少なく、ベーススプリングは1本しかなく、2本の(600系)より少ないです。

 (750系), (900系) , (500系).(600系) のサドルの後ろは同じようにバネ2本ですが、1300系は構造が違います。

1300系のサスペンションによってモデル番号が異なります。
見比べて下さい。

1320
頑丈なベーススプリング 
今まで見て来たモデルと違ってベーススプリングがプレス工程による鋼板で出来ています。
Img_9332

1350A
ベーススプリングは2本、先端のサスペンションはダブル巻きコイル。

Img_9330

1350B
ベーススプリングは2本、先端のサスペンションはシングル巻きコイル。

Img_9331   

次回は、昭和20年代後半~30年代前半(1950年代)革製サドルのメンテで使用されたいくつかの工具を取り上げていきます。


« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »