« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月

2020年11月20日 (金)

Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 8)

次回この記事の日本語版を投稿します。

In the first six posts, Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 1), (Part 2)(Part 3)(Part 4), (Part 5) and (Part 6) we took a look at various leather saddle styles from the 1950's: (800 series)(750 series), (900 series)(500 series), (600 series) and (1300 series) respectively.  And, in the previous post (Part 7), we began looking at tools used to maintain sprung leather saddles, specifically the "hammock saddle stretcher".  

In this installment we shall take a look at a tool called the "saddle spring spreader". 

Img_9925

The spring spreader is used to expand spring coils to enable access to the nuts which hold the springs to the saddle.
Img_9933a

This is the saddle spring spreader.
Img_9927a 

Img_9932

Made by Hataya.
Img_9943

The space between the coils is narrow making it difficult to access the saddle bolts.Img_9933
Img_9935

The saddle spring spreader is a very simple tool.
The duck-billed tips fit between the coils.
Img_9944

When you squeeze the handles the tips spread the spring coils apart.
The stepped locking mechanism locks the tool in the open position. 
Img_9948

Img_9936 

After loosening the nut with a wrench, there is enough room to remove the nut and washer with your fingers.
Img_9952
Img_9949

When reassembling, the tool provides enough room to attach the washer and start the nut with your fingers.Img_9953

Img_9955

Img_9957

The saddle spring spreader is a handy tool to have in disassembling and reassembling saddles.
Img_0045_20201119093501

In the next installment, we shall continue to look at another tool used to maintain sprung leather bicycle saddles.



 

2020年11月 8日 (日)

サス付き革製サドル(第七回)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

今まで「サス付き革製サドル第一回」「第二回」「第三回」「第四回」,「第五回」「第六回」記事で、昭和20年代後半~30年代前半の革製サドル6種類800系750系 、900系500系600系1300系それぞれを見て来ました。

サス付き革製サドル連載の第一回「ハンモックサドル(800系)」でした。

記事の始めに、サス付き革製サドルの手入れで使用する手工具を少し見てみます。

まず、「サドル皮ハリ器」という手工具を見てみましょう。

名称の通り、弛んでしまったハンモックサドルの革をピンっと張るために使用されます。Img_9585_20201016193101
Img_2488_20201016192601

このような手工具の存在を知るようになるまで別な技で張りました。

昭和20年代後半~30年代前半からの手工具です。
シンプルで頑丈な手工具。 
Img_2466
Img_2472

前端に足2本
Img_2469

 足はハンモックサドル前のコイルにセットします。
Img_2476

ハンドルを回すと先端が伸びて行く。
本体の穴は張棒用でサドルの後ろのコイルにセットします。
三つの穴は様々なサドルサイズ(紳士用・婦人用・子供用)に対応できます。
Img_2470

Img_2475

工具をセットします。
Img_2474

固定ボルトを緩めてからハンドルを回して革が張って来たらボルトを締めます。
Img_2476 

Img_2478

ハンモックサドルの組立にも便利な手工具。
Img_9591
Img_9592
Img_9601
Img_2476
Img_9605
Img_2483_20201016193501

次回は、革製サドルの手入れで使用する別の手工具を取り上げます。

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »