« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月

2020年12月19日 (土)

Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 9)

次回この記事の日本語版を投稿します。

In the first six posts, Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 1), (Part 2)(Part 3)(Part 4), (Part 5) and (Part 6) we took a look at various leather saddle styles from the 1950's: (800 series)(750 series), (900 series)(500 series), (600 series) and (1300 series) respectively.  And, in the previous two posts (Part 7) and (Part 8) we looked at tools used to maintain sprung leather saddles, specifically the "hammock saddle stretcher" and the "saddle spring spreader".

In this installment we shall take a look at a tool called the "saddle box end wrench". 
Img_0055a_20201219163101

When setting out to restore a saddle, even if the leather and rivets are all in good shape, chances are that the saddle hardware will be rusted and need to be cleaned up, in worst case replaced.  The easiest way to get rid of rust is to disassemble and tackle each part one-by-one.  And when it comes to disassembling a saddle, the "saddle box end wrench" is a good tool to have in one's restoration arsenal.
Img_9958
Rust never sleeps!
Img_9961
Img_9962

This is the "saddle box end wrench".
Img_9927b

It is used to loosen/tighten the nuts which hold the springs to the saddle.
Img_0054

One end is for 10㎜ nuts and the other end is for 12mm nuts.
Img_0019

The tool is thin and angled appropriately to enable it to easily fit between the narrow spring coils.Img_2509

Img_0047a
10mm nuts on the bottom of the coils.
Img_2511

12mm nuts on the top of the coils.
Img_0026

As previously mentioned, the easiest way to get rid of rust is to disassemble and tackle each part one-by-one.
Img_9967
Img_9976
Img_9970

After removing rust, it is time to reassemble.
Img_9978
Img_0027_20201217172001

Img_0029

Img_2511
Img_2512

In the next installment, we shall continue to look at another tool used to maintain sprung leather bicycle saddles.

2020年12月 5日 (土)

サス付き革製サドル(第八回)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

今まで「サス付き革製サドル第一回」「第二回」「第三回」「第四回」,「第五回」「第六回」記事で、
昭和20年代後半~30年代前半の革製サドル6種類800系750系 、900系500系600系1300系それぞれを見て来ました。

そして前回の記事(第七回)から、サス付き革製サドルの手入れで使用する手工具を紹介し始めました。
初回は、ハンモックサドル用の「皮張り器」でした。


今回は、サドルの「バネ開き器」という手工具 を見てみましょう。

Img_9925

名称の通り、サドルのバネを開くための工具です。
バネをサドルに固定するナットをアクセスできるようにバネを広げる工具です。
Img_9933a

これはサドルの「バネ開き器」の手工具。
Img_9927a 

Img_9932

名古屋の畑谷屋製「Hataya」
Img_9943

バネのコイル空間が狭くて一般的なスパナ―は入りません。
Img_9933
Img_9935

サドルの「バネ開き器」の手工具が実に良く出来ています。
先端がバネのコイルの間に挿入できるように嘴(くちばし)形状になっています。

ハンドルを握ると先端を広げてバネのコイルが開きます。
段付き機で好みの開位置に固定できます。
Img_9948

Img_9936 

コイルの開き具合によって、スパナでナットを緩めてからナットとワッシャーを手で取り出す程余裕があります。
Img_9952
Img_9949

また、サドルを組み立てる時にもワッシャーを取り付けてナットを手締め出来る程余裕があります。Img_9953

Img_9955

Img_9957

「バネ開き器」はサドルの分解と再組み立てに便利な手工具です。
Img_0045_20201119093501

次回も、革製サドルの手入れで使用する別の手工具を取り上げます。

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »