« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月

2021年2月28日 (日)

サス付き革製サドル(第十一回)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

今まで「サス付き革製サドル第一回」「第二回」「第三回」「第四回」,「第五回」,「第六回」の記事で、
昭和20年代後半~30年代前半の革製サドル6種類800系750系 、900系500系600系1300系それぞれを見て来ました。

そして、前の四つの記事(第七回),(第八回)(第九回), (第10回)で、
サス付き革製サドルの手入れ用の専用手工具ハンモックサドル用の「皮張り器」「バネ開き器」「サドル(メガネ)レンチ」「サドルナット(移し替え)スッパナー」を見て来ました。


今回は、兼用工具を見てみましょう。

下図のように手工具の上半分は「ブレーキレバーナットスパナー」、下半分は「サドルワニナットスパナー」です。
Img_2536

Img_9927e

この手工具です。
Img_0109

Hataya Tool Co.(畑屋)
Img_0121


繰り返しになりますが、上半分はブレーキレバーナットに使用されます。
これについては、今後の投稿で取り上げます。
Img_2536a
Img_0110

そして、今回取り上げる下半分の「サドルワニナットスパナー」です。
もう少し見てみましょう。
Img_2536b

ワニ口のような受け部は、さまざまなナットサイズに対応するように設計されています。
Img_0111

フラットで薄型プロファイルを備えているため、狭いサドルバネのコイルの間に入りやすいです。
Img_0113

「サドル(メガネ)レンチ」 と比較すると、この「サドルワニナットスパナー」は1本で様々のサドルナット類に適合し、ナットのサイズを気にする必要はありません。
Img_0013

コイルの間にワニ口の歯がナットの角に接触するまで挿入させるだけです。
Img_0014

歯はサドルナットの角を食い込み、空回りを防ぎます。
Img_0012


フラットで薄型プロファイルと、スパナーのサイズとナットのサイズを合わせる手間が省けて「サドルワニナットスパナー」は、サドルナットの緩めと締め付けを大幅に容易にします。
Img_0120
サドルを分解したり再組み立てしたりする時、便利な手工具です。


 

2021年2月13日 (土)

Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 11)

次回この記事の日本語版を投稿します。

In the first six posts, Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 1), (Part 2)(Part 3)(Part 4), (Part 5) and (Part 6) we took a look at various leather saddle styles from the 1950's: (800 series)(750 series), (900 series)(500 series), (600 series) and (1300 series) respectively.  And, in the previous four posts (Part 7) , (Part 8) , (Part 9) and (Part 10) we looked at tools used to maintain sprung leather saddles, specifically the "hammock saddle stretcher", "saddle spring spreader" , "saddle box end wrench" and the "saddle nut transfer spanner".

In this installment we shall take a look at a dual purpose tool.

As shown in the illustrations below, the top half is a brake lever nut spanner, and, the bottom half is an "alligator saddle nut spanner".
Img_2536

Img_9927e

Here is the dual purpose tool.
Img_0109

Made by Hataya Tool Co.
Img_0121

Again, the top half used for brake lever nuts as we shall see in detail in a future post. 
Img_2536a
Img_0110

And, the bottom half, is an "alligator saddle nut spanner".
Let's take a closer look.
Img_2536b

The alligator mouth-like opening is designed to accommodate assorted nut sizes.
Img_0111

The tool has a flat thin profile enabling it to easily fit in between the narrow spring coils.
Img_0113

Compared to the "saddle box end wrench" this "alligator saddle nut spanner" is a one-size fits all tool, no need to worry about what size the nuts are.
Img_0013

Simply slide it in between the coils until the teeth make contact with the nut.
Img_0014

The teeth instantly bite the corners of the applicable nut; thereby preventing any chance of slipping.
Img_0012

With its thin flat profile, and, unique alligator mouth-like opening which eliminates the need to match spanner size with the size of the nut, the "alligator saddle nut spanner" greatly facilitates loosening and tightening saddle nuts. 
Img_0120
Definitely a handy little tool to have when disassembling and reassembling saddles.

 

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »