« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »

2021年3月

2021年3月27日 (土)

サス付き革製サドル(第十二回)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

サス付き革製サドル連載の締めくくりとして、サドルを探している時に何を重点に置けば良いか取り上げます。

連載の前半、「サス付き革製サドル第一回」「第二回」「第三回」「第四回」,「第五回」,「第六回」の記事で、
昭和20年代後半~30年代前半の革製サドル6種類800系750系 、900系500系600系1300系それぞれを見て来ました。

私の限られた経験に基づくと、サス付き革製サドルの黄金時代は、自転車と同様、昭和20年代後半~30年代前半にピークに達しました。

1. 革表面の刻印
商標がサドルにいくつあるか確認します。
ロッドブレーキ自転車の黄金時代、メーカーは自社の商標を3ヶ所(両側面と上面)革に刻印しました。

(1) 左側面の刻印
Img_0137
Img_0138

(2) 右側面の刻印
Img_0135
Img_0136

(3) 上面の刻印
Img_0139
Img_0140

2. リアプレート(バッヂ)
自転車の後ろにプレート(バッヂ)があるか確認します。    
Img_0141

3.  Leather
人間と同じように、サドルの革は年をとるにつれてシワ(ひび)が現れ、弾力性を失い弛んできます。

(1) シワ(ひび)
Img_0165

(2) Check for cracks around the rivets, especially in the nose.  This is true regardless of whether the saddle is used or NOS (New Old Stock).

リベットの周り、特にサドルノーズに亀裂がないか確認します。これは、サドルが中古か新古品か関係なく当てはまります。
Img_0131

(3) 側面の弛みを確認します。サドルノーズの調整ボルトか別の技で張ります。
Dsc03964
Img_0132
Img_0133

(4) 擦り傷や色あせぐあいを確認します。
これは以前投稿した「革製サドルの磨き」で対応できます。

Img_0257
Img_0285

Img_0260

Img_0290
Img_0288

4. JIS
JIS(日本工業規格)を確認します。
サドルのJISマークは昭和33年に標準になったので、サドルに表示がなければ昭和33年以前に製造されたかもしれません。

リアプレート(バッヂ)に表示されている場合もあります。 
Img_0126

英字「JIS」が刻印された場合もあります。
Img_0161

5. サドルフレーム
フレームに錆、損傷、曲がり、塗装やクロムの剥がれがないか確認します。

6. メーカー
昭和20年代後半~30年代前半のサドルには、主に自転車メーカーの商標またはロゴがありました。
実際のサドルメーカーは、裏側に表示される場合があります。

「K.K.K. 」というのは現在唯一の国産サドルメーカー・加島サドル作成所。
 Img_0166

「BELT」は藤田サドル工業株式会社。
Img_0168
Img_0167

「サス付き革製サドル第一回」から始めたこの連載は今回で締めくくります。

私は実にオールドスクール(保守的)です。
なるべくシンプルで作りがよいモノを選び、マスマーケティングや流行に流されないように気を付けています。

シンプルで本物の材質で作られ、使い勝手が良く、ローメンテで長持ちするもの。
一生持つもの。
手入れをすれば、そのモノが恩返ししてくれるモノがいい。

サス付き革製サドルはその一つです。


革靴やブーツ、野球グローブなどの革製品は、使えば使うほど味が出るだけではなくピッタリ体にフィットしてきます。
革製サドルも手入れすれば、乗り心地が良く長年持ちます

2021年3月13日 (土)

Vintage Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 12)

次回この記事の日本語版を投稿します。

I would like to close this series on sprung leather bicycle saddles with what I look for when searching for vintage Japanese bicycle saddles.  In the first half of this series Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 1), (Part 2)(Part 3)(Part 4), (Part 5) and (Part 6) we took a look at various leather saddle styles from the 1950s: (800 series)(750 series), (900 series)(500 series), (600 series) and (1300 series) respectively.

Based purely on my experience, the golden age of leather saddles appears to coincide with that of bicycles themselves which peaked in the 1950s

1. Stamps
I look for how many times the trademark appears on the saddle.  In the golden-age of rod brake bicycles, manufacturers stamped their trademark into the leather three times (both sides and top)

(1) Left side stamp
Img_0137
Img_0138

(2) Right side stamp
Img_0135
Img_0136

(3) Top stamp
Img_0139
Img_0140

2. Rear plate
I also look for a plate riveted to the rear of the saddle.    
Img_0141

3.  Leather
Just like humans, saddles tend to form wrinkles (cracks) as they age, and, the leather loses its resiliency tending to sag.

(1) Check for surface cracks.
Img_0165

(2) Check for cracks around the rivets, especially in the nose.  This is true regardless of whether the saddle is used or NOS (New Old Stock).
Img_0131

(3) Check for sagging on the sides.  One can stretch the saddle with the adjusting bolt on the frame nose, or give it a "tummy tuck" (⇐link only in Japanese but photos tell the story).

Dsc03964

Img_0132
Img_0133

(4) Check for scuff marks or fading.  These can typically be taken care of with shoe polish and elbow grease as seen in a previous post.
Img_0257
Img_0285

Img_0260


Img_0290
Img_0288

4. JIS mark
Inspect for a JIS mark.  A JIS mark on saddles became the standard in 1958.  No JIS mark is actually a good sign as it may indicate that the saddle was produced sometime prior to 1958. 

It may appear on the rear plate. 
Img_0126

Or, the word itself JIS may appear on the underside of the saddle.
Img_0161

5. Frame
Check the frame for rust, damage, irregular bends, and paint or chrome peeling.


6. Manufacturer
Saddles from the 1950s predominantly bore the bicycle manufacturer's trademark or logo.  The actual saddle manufacturer is sometimes indicated on the underside.  

K.K.K. stood for Kashima Saddle Mfg. (now Kashimax, Japan's only remaining saddle manufacturer) Img_0166

Fujita Saddle Mfg., Co., Ltd.
Img_0168
Img_0167

I will close this series as I originally started it back in Part 1.  I admit it.  I am old-fashioned. I make a conscious effort to appreciate the simple things and not allow myself to be carried away by mass marketing and conspicuous consumption.  I like simple things that are made well from genuine materials, work well and with care will last a long, long time.  Preferably a lifetime.  I like the fact that, if you take care of "something", that "something" will take care of you.  Sprung leather saddles are a good example.  Leather is great, much like a fine pair of leather shoes, boots,  or a high-quality leather baseball glove, through repeated use they literally mold or conform to one's individual physique for a truly perfect fit.  If one takes care of the leather, the saddle will provide long-lasting comfort.

 

« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »