« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »

2021年4月

2021年4月25日 (日)

シートポスト

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

サス付き革製サドル12部の連載では、様々なサドル、サスペンション手入れ用の専用手工具及び商標を見ました。
フォローとして、サドルに欠かせない部品なのによく見落とされがちな部品を取り上げます。
それは、シートポストのこと。  

以下の写真は、1950年代の典型的な実用車シートポストです。
シンプルな構造、2本のパイプを溶接でくっつけることで、サドルを上下左右に調整できます。
これが一般的な形で横から見れば皆同じように見えますが、観点を変えるとわずかな違いが分かります。
Img_0285_20210409193301

左: リア端が開いている
中: リア端が閉まっている
右: リア端に商標付き 
 
Img_0281

クロスアップ
Img_0282

商標は水谷輪業. 【セラフ号
Img_0283
Img_0286
Img_0284

上記のシンプルな構造を、下記の1950年代前半のブリヂストン自転車に付いている珍しいサドルポストと比較してください。
この構造は上記のものより部品点数が倍以上。
Img_0287

ポストを貫通している長いボルトに注目。
Img_0288_20210409193301

底が分割されていてハンドルに構造が似ています。
Img_0289

ボルトを締め込むと、ポストの2つの部品(上下)がシートチューブ内でそれぞれ反対方向にスライドし、シートチューブを所定の位置に固定します。
Img_0290_20210409193301

最後に、1970年代の実用車サドルポストを見てみましょう。
パイプ1本から出来ています。
パイプを曲げて強度を保つために曲がりの内側に溶接されているようです。
Img_0291

Img_0293

よく見落とされがちのシートポストですが、古い自転車の年代を調べる手口になる場合もあります。
古い方は部品数が2つ以上で頑丈で、場合によって商標の刻印もあります。

2021年4月10日 (土)

Saddle posts

次回この記事の日本語版を投稿します。

In the 12 part series on vintage sprung leather saddles, we looked at various saddle styles, their different suspensions, some of the tools used to maintain them, and trademarks.  It is only befitting that the series be followed up with a bicycle part that directly related to the saddle but often overlooked, the saddle post.

Shown below is a typical utility cycle saddle post from the 1950s.
Basically, 2 pipes welded together which enables the saddle to be adjusted vertically and horizontally.
Although this is the predominant profile, a closer look shows minor differences.Img_0285_20210409193301

The left one has a hollow back.  The middle one has a closed back.  The right one has a closed back and the bicycle manufacturer's trademark.
 
Img_0281

A closer look.
Img_0282

The trademark is Mizutani.
Img_0283
Img_0286
Img_0284

Compare the above simple construction with a rare style saddle post from an early 1950s Bridgestone bicycle
This design has more than twice the number of parts than the above saddle posts.
Img_0287

Note the bolt that runs through the post.
Img_0288_20210409193301

The bottom is split and the construction is similar to a handlebar expansion bolt.Img_0289

Tightening the bolt slides the two pieces in opposing directions against the inside of the seat tube thereby securing it in place.
Img_0290_20210409193301

Finally, here is a utility cycle saddle post from the early 1970s.
Basically, one pipe bent and strengthened with a weld on the inside of the bend.
Img_0291

Img_0293

Often overlooked, the saddle post can serve as a clue in helping to date a bicycle.  As we can see from the above, older ones are constructed from more parts and more solidly constructed. 


« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »