« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

2022年1月

2022年1月22日 (土)

備えあれば、憂いなし

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

先日、関東に4年ぶりに雪が積もりました⛄⛄⛄

アメリカニューイングランド地方の出身なので、積雪がない冬は冬ではありません。
と言っても先日の積雪はわずか10cm。
我が家の裏庭です。(白黒写真ではありません)
Img_2966
Img_2967

しかし、雪は昭和自転車とどういう繋がり?
それは・・・

「備えあれば憂いなし」の諺がお気に入りの一つ。
幼少時から、故郷ニューイングランド地方で、冬に備えることの大切さを身につけました。
現在は関東に住んでいますが、冬の備えはセキネの軽運搬車に頼っています。
重量36㎏で実に頑丈。耐久性抜群!
大型リアキャリアやキラクスタンドなど、現代の自転車にはない、優れた頑丈なパーツで出来ています。
Img_2974
Img_2976
Img_2977

薪を運ぶのに最適!!
Img_9989

敬愛する作家、ヘンリー・デイヴィッド・ソローは、
実家から自転車でたった30分のところに住んでいました。
有名な「ウォールデン森の生活」という作品に、次のように書いています
(薪は)私を1回暖めてくれました。1回は木の根を薪にする時に、もう1回はもちろん暖炉で燃やす時に。こうして2回も人を暖める燃料は薪をおいてほかにありません。

その通り!!
実は私にとっては4回暖めてくれましす。

1回目
木を40㎝刻みに切る時。

シンプルな重労働なのでシンプルに出来るように最優先しています。
チェーンソーなし、シルキーカタナボーイ650 (市場最長の折りたたみ鋸)で丸太を切ります。
Img_2570
Img_9993

2回目
セキネ軽運搬車か背負子で家まで搬送する時。
(薪は思ったより重いです!)
Photo_20220107152601
Img_5559b_20220107133901
二宮金次郎!?

Img_2573

3回目
丸太を割る時。(真冬でも汗をかきます)
Img_9997a

4回目
暖炉で薪を燃やす時。
Img_2968

ウォールデン森の生活
「人はみな自分の薪の山に敬愛の眼差しを向けます。」も書いています。
謹聴!謹聴!
Img_2947
薪の数だけ達成感があります。

2022年1月 7日 (金)

Failing to Prepare is Preparing to Fail

次回この記事の日本語版を投稿します。

Yesterday it snowed!!!!⛄⛄⛄
Being from New England I grew up with snow and it is just not winter without snow!
Img_2966
Img_2967

But what does snow have to do with vintage Japanese bicycles?
Read on.

One of my favorite sayings is "Failing to prepare is preparing to fail".
When I was growing up in New England, I learned the importance of preparing for winter.
Here in Japan, where I live now, to prepare for winter I use my 
Sekine light-carrier cycle.
Weighing in at 80lbs (36kg) unloaded, it is all heavy-duty.
It has several advantages over today's bicycles including a big heavy-duty rear carrier and a heavy-duty roller-equipped stand.

 
Img_2974
Img_2976
Img_2977

And, it is great for hauling firewood.
Img_9989

My favorite author, Henry David Thoreau, whose hometown was within a bicycle ride away from mine, in his infamous work, Walden, wrote: "(logs) warmed me twice—once while I was splitting them, and again when they were on the fire, so that no fuel could give out more heat".

How true!
Actually they warm me FOUR times!!!!

1. First
When cutting trees into 40cm logs.  No chainsaw, I strive to keep things simple, so I do all my log cutting by hand manually with a Silky Katanaboy (folding saw with 65cm blade, longest on the market) and afterwards, depending on their size and weight either roll them to the street or carry them to the street on by back with a shoiko (a wooden rack with shoulder straps for carrying loads on one's back).
Img_2570
Img_9993

2. Second
When hauling them back home either on my back with a shoiko or with my Sekine light-carrier cycle.Photo_20220107152601
Img_5559b_20220107133901
Img_2573

3. Third
When log splitting.
Img_9997a

4. Fourth
When in the fireplace.
Img_2968

Thoreau also wrote in Walden: "Every man looks at his wood-pile with a kind of affection."
Hear, hear!
Img_2947

« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »