« 2023年10月 | トップページ | 2023年12月 »

2023年11月

2023年11月18日 (土)

Rear Carrier (Luggage Rack)

次回この記事の日本語版を投稿します。

One of the many distinct features of vintage Japanese bicycles is the rear carrier, aka rear luggage rack.
P1120478

The rear carrier was standard equipment which varied in size according to the type of bicycle.
Large rear carrier on heavy-duty and light-carrier (cargo) cycles.
Dsc02859
Img_9500
Photo_20220202114601


Medium size on utility cycles.
Blogimg_0902
Blogimg_0914
Maruka_middow

And, slimmer and lighter versions on ladies' and gent's models.
Img_20130609_182324143-1

Apart from size, there are two basic styles, 2-stay and 4-stay rear carriers.

2-stay type
2-stay-carrier

4-stay type
4-stay-rear-carrier

I have mentioned numerous times that nearly each part of vintage Japanese bicycles from the 1950s bore the manufacturer's name or trademark, right down to the tiny fender stay screws.   This is also true for rear carriers.
Ca3g0078
Img_20130826_202238450_4

14655925_3222460080_20220202133901

Often the the rear carrier bore the manufacturer's name or trademark more than once.
Here is a fine example of a rear carrier bearing the manufacturer's trademark more than once.Sdsc02013

 First, on the neck (Hikari trademark)
Sdsc02011

Second, on one of the slats (Hikari trademark)
Sdsc02012

Third, a badge on the back of the rear carrier.
Sdsc02010

In addition, as mentioned in the previous post Black Enamel Spokes, many products when first introduced start off in black, including, automobiles, motorcycles, sewing machines, telephones, laptops, etc.  And the same is true for bicycles.  So, naturally, rear carriers were also first black.  And, like the frame, fenders and chaincase, in some cases even the carriers were black with gold pinstriping.  
Img_8999

And for the high-end models, the rear carrier was chrome plated.
20231110-064348

Mizutani Seraph with chrome rear carrier (luggage rack).
Dsc06643

Fuji Feather
Img_20130609_182324143

There were even models with built-in suspension.
20231110-063930

I find the rear carrier indispensable.
Img_2574_20231110073401
Blogimg_0925

2023年11月 4日 (土)

黒エナメルスポーク

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels. 

自転車も自動車と同じように、最初は標準色である黒一色であったと以前述べました。
黒は地味に見えるかもしれませんが、風切りバッジ金線引きと転写マークがアクセントになっていました。

スポークも黒エナメルでした。
Img_8730

1950年代の実用車用一台分のスポーク
Img_8746

包み紙(パッケージ)に記載されている情報を見てみましょう。
合同スポーク 黒エナメル  ニップル ワッシャー付
Img_8747

"#14 - 26" 1台分
Img_8748

重要な情報が欠けていることに気づきましたか?
車輪を組んだことがある方は、正しい長さを得ることがいかに重要であるか分かるでしょう。
しかし、パッケージにはこの重要な情報が記載されていません。
実は、これが「当時」と「現代」の興味深い違いなのです。

「昔」の実用車用のスポークは、基本的に 283 mm の標準サイズ 1 つでした。
標準サイズのハブと 26 インチはBE リムに適合します。
Img_8750
Img_8751

車輪を組み立て、振れ取りし、スポークカッターで余分な部分を切り取り、やすりで削りました。
70年以上前のスポークカッターですが、デザインは現在使用されているものとほぼ変わらないです。
Img_8747_20231018155101

珍しいスポークカッターを見ましょう。
変わっているデザインですよね。
Img_8748_20231018155101

先端高さの調整可能な溝はスポークとニップルにはまります。
Img_8750_20231018155101

切断刃はニップルヘッドの上に合わせます。
Img_8751_20231018155101

奇妙なデザインにもかかわらず、この工具が意外にうまくスポークを切断して驚きました。
Img_8752

興味深いことに、スポークの長さが記載されているパッケージを見たことがあります。
但し、実用車用のではなく、より細い (#15) を使用する軽快車用です。
 下の写真のようにパッケージには「285/mm」の上にスポークが「2mm長い」と明記されています。
Img_8754

荷台も車体やスポークと同じように黒エナメルが多いです。

次回は荷台を取り上げます。

« 2023年10月 | トップページ | 2023年12月 »