« Black Enamel Spokes | トップページ | Rear Carrier (Luggage Rack) »

2023年11月 4日 (土)

黒エナメルスポーク

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels. 

自転車も自動車と同じように、最初は標準色である黒一色であったと以前述べました。
黒は地味に見えるかもしれませんが、風切りバッジ金線引きと転写マークがアクセントになっていました。

スポークも黒エナメルでした。
Img_8730

1950年代の実用車用一台分のスポーク
Img_8746

包み紙(パッケージ)に記載されている情報を見てみましょう。
合同スポーク 黒エナメル  ニップル ワッシャー付
Img_8747

"#14 - 26" 1台分
Img_8748

重要な情報が欠けていることに気づきましたか?
車輪を組んだことがある方は、正しい長さを得ることがいかに重要であるか分かるでしょう。
しかし、パッケージにはこの重要な情報が記載されていません。
実は、これが「当時」と「現代」の興味深い違いなのです。

「昔」の実用車用のスポークは、基本的に 283 mm の標準サイズ 1 つでした。
標準サイズのハブと 26 インチはBE リムに適合します。
Img_8750
Img_8751

車輪を組み立て、振れ取りし、スポークカッターで余分な部分を切り取り、やすりで削りました。
70年以上前のスポークカッターですが、デザインは現在使用されているものとほぼ変わらないです。
Img_8747_20231018155101

珍しいスポークカッターを見ましょう。
変わっているデザインですよね。
Img_8748_20231018155101

先端高さの調整可能な溝はスポークとニップルにはまります。
Img_8750_20231018155101

切断刃はニップルヘッドの上に合わせます。
Img_8751_20231018155101

奇妙なデザインにもかかわらず、この工具が意外にうまくスポークを切断して驚きました。
Img_8752

興味深いことに、スポークの長さが記載されているパッケージを見たことがあります。
但し、実用車用のではなく、より細い (#15) を使用する軽快車用です。
 下の写真のようにパッケージには「285/mm」の上にスポークが「2mm長い」と明記されています。
Img_8754

荷台も車体やスポークと同じように黒エナメルが多いです。

次回は荷台を取り上げます。

« Black Enamel Spokes | トップページ | Rear Carrier (Luggage Rack) »

パーツ関係 (Parts Related)」カテゴリの記事

英語の記事 (Postings in English)」カテゴリの記事

工具関係 (Tool Related)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Black Enamel Spokes | トップページ | Rear Carrier (Luggage Rack) »