« Child seats | トップページ | Tool Reference (English) »

2024年4月21日 (日)

自転車チャイルドシート

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

米国で育った幼い頃、祖父が所有していた 1950 年代のオールズモビルの前部座席に 3 人並んで乗っていたことを鮮明に覚えています。
当時の自動車にはチャイルドシートはなく、エアバッグもシートベルトもありませんでした。
あの頃と比較して自動車の安全基準は大きく進歩しました。
しかし、自転車はどうでしょうか?
ヘルメットやその他の保護具の着用を除けば、私が子供の頃の 1960 年代初頭以来、標準の安全機能に関してはあまり変わっていないような気がします。
日本で確実に変わったのは自転車用チャイルドシートです。
1 人または 2 人の子供を乗せるために特別に設計された自転車モデルがあります。

Product-line-up

1950 年代、子供を乗せる最も一般的な手段は、子供をリアキャリア (荷台)の上に座らせることでした。.P1120373a

未舗装は少なくなかったため道は凸凹でした。
子供のお尻を守るため、以下に示すように、座布団を荷台の上に置くことがよくあったようです。
P1120721
P1120750
P1120410

子供はヒヤリを繰り返して、しっかりしがみつくことと足をスポークに近づけないことを覚えたでしょう。P1120864_20240405204301

幼児はおんぶして乗せられました。  
P1120380

下の写真をよく見て以下の 3 点に注目してください。
(1) 前述の荷台上の座布団
(2) 婦人自転車用のチャイルドシート
(3) 後輪スポークにお母さんのスカート及び子供の足が巻き込まれるのを防ぐガード。
P1120489a

実用自転車には、トップチューブに取り付けられるチャイルドシートがありました。P1120486

ご覧の通りクッションがありません。
Img_0571_20240407112301
Img_0574
Img_0573
Img_0572
Img_0570
 
子供のお尻を保護するために、座布団などが置かれました。
P1120649
P1120646


最後に、荷台に木箱を結び付けるだけで「チャイルドシート」を自作した人もいたようです。
P1120487_20240406055401

 

« Child seats | トップページ | Tool Reference (English) »

パーツ関係 (Parts Related)」カテゴリの記事

日本語の記事 (Postings in Japanese)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Child seats | トップページ | Tool Reference (English) »