古時計 (Old Clocks)

2008年1月13日 (日)

古い自転車だけではなく・・・

古時計も好きです。
原動力はゼンマイか分銅引きなので、電気・電池が不要、長年使用できます。
Dsc01747_2 古時計の出会いは約10年前のアンティーク・マーケット。
日本製の精工舎で、大正13年~昭和11年に製造された「スリゲル 1」という柱時計でした。

どうしても直せるようになりたくてネットで調べて、3代目の時計屋さんに機械(ムーブメント)の分解と組み立てを丁寧に教えていただきました。

それ以来、蔵の中や屋根部屋、押入れで長年眠っていた壊れた古時計を、オークションで落札して甦らせています。

50年~100年前に製造されたものを甦らせてみて、試運転で「チクタク・・・チクタク・・・」動き始めると、その時の達成感は言葉では言い表せません。

Dsc05473 Dsc05474

昭和32年の愛知時計製(Occupied Japan)
コレクションの中では最年少の時計です。

日本に始めて来た時、びっくりしたことが沢山ありますが、その一つは、学校・会社・役場などよく使われているチャイムが「ウエストミンスター・チャイム」だったこと。
これは西洋古時計でよく使用されているチャイムの一つで、アメリカの学校のチャイムには使用されていません。

Dsc05488Dsc05492

左の時計は約100年前のアメリカ製(Seth ThomasのSonora Chime Clock #1.)

左写真のようにベルを4個使用しています。
毎時にまず「ウエストミンスター・チャイム」が鳴り、その後時報がなります。
興味がある方は下記のファイルをクリックしてください。

(5時に鳴るの例)
「Sonorachime.mp3」をダウンロード

Repairing_clocks_2

サイドバー「古時計アルバム」を参照してください。
コレクションの一部を載せています。