パーツ関係 (Parts Related)

2024年1月 1日 (月)

金線の引き直し方

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels. 

国産ビンテージ自転車愛好家なら、
山口自転車マルワイ號」や「ゴールドミツウマ自転車ジャンクそれとも宝」の二重金線引きに至るまで細部にこだわるレストレーションを思い出すかもしれません。

271_20231213092901
Thumbnail_272_20231213092901
18_20231213093401
1801_20231213093401

今回は、消えてしまった金線の引き直し方を修復家のHさんが紹介してくださったので引用します。

*******************************************

『かつて、職人さんはフリーハンドで金線を引いていたといいます。が、それは熟練のなす技であって、一般の方には到底無理でしょう。
ここではマスキングテープを使った線引きについて、全ケース、二重線を例に説明します。

0.下準備
・曲面用マスキングテープ(幅5mm、3mm、2mm)
・マスキングテープ(幅1mm:二重線等間隔用)
・金線引き用の塗料(ガイアノーツなど模型用でよい)
・ペイント薄め液(シンナー)
・筆
・塗料皿
・水(僅かに界面活性剤を加えるとよい)
※マスキングテープは、貼ったり剥がしたりの位置調整を容易にするため、「水貼り」します。
・紙やすり(粒度#1000番または2000番)

1.外側線
・曲面用のマスキングテープ(ビニル製)を用意します。
・幅5mmのものでもよいですが(それでも全ケース程度の曲率なら十分曲がる)、細筆で塗るなら幅3mmがよいでしょう。
 慣れれば幅2mmのテープでもはみ出さずに塗れるようになります。
・まず1本目、外側の金線です。
・マスキングテープを等間隔に貼り付けます。目分量で構わないですが、ちょっとでも「おかしい」と感じたら躊躇なく貼り直すことが大事です
 (写真01)。
・テープが重なる部分は、爪を隙間に押しつけて密着させるようにしますが、それでも塗料が毛細管現象でわずかに伝わってしまいます。
 こうなった部分は後で黒を塗って消します。
・金線は、下地の黒が溶け出さないよう、擦らずに「乗せる」ように塗料を盛り付けます。
・ある程度乾かしたら、二度塗りします。3度目を塗るとなおよいでしょう(写真02)。
・【重要】マスキングテープを剥がすときは、テープを折り曲げて鋭角状、いわば「ヘアピン」状に剥がしましょう(写真03)。
     鈍角で剥がすと、塗料がテープに持って行かれ、一緒に剥がれてしまいます。

写真01
01_20231213075301

写真02
02_20231213075301

写真03
03_20231213075301

2. 内側線
・次いで、内側の緑色を塗ります。
・二本の曲線が等間隔であることが大切ですので、まず金線の内側に、幅1mmのマスキングテープを貼ります(写真04)。
・その上で、2mmまたは3mm幅の曲面用マスキングテープを貼っていきます。
・間隔調整用の1mm幅マスキングテープを剥がします。
・1.同様に緑色を2-3度重ね塗りし、マスキングテープを剥がします。

写真04
04_20231213075301

3.調整
・マスキングテープの継ぎ目から塗料がはみ出した部分がある程度生じてしまいます(写真05)。
・こうしたはみ出し部分は、完全乾燥後、まず紙やすり(粒度#1000-2000番)で水研ぎし、周辺と段差がなくなるよう均します。
・その上で、金線、緑線の上にマスキングし、今度は黒塗料を乗せます(写真06)。
・マスキングテープを剥がした金線、緑線の境界線部分に段差が生じるので、#1000-2000番の紙やすりで水研ぎし、均します。
・完成しました(写真07)。』

 写真05
05

写真06
06_20231213075301

写真07
07

金線の引き直し方を共有していただき、ありがとうごじました。

2023年12月17日 (日)

Pinstripe Restoration Tips

次回この記事の日本語版を投稿します。

Vintage Japanese bicycle enthusiasts may recall in  "Yamaguchi Maruwai-Go" and "Gold Mitsuuma  Junk or Jewel" the remarkable attention to detail, right down to the double-line pinstriping.

271_20231213092901
Thumbnail_272_20231213092901
18_20231213093401
1801_20231213093401

In this post, the restorer (H-san) shares how he recreates pinstripes.

It is said that in the past, pinstripes were painted freehand or with the use of simple jigs.  However, this is a skill that only a craftsman can do, and it would be impossible for the average person.  Here, we will look at an example of how to paint double-line pinstripes on a chaincase using masking tape.

0. Preparation
・Masking tape for curves (width 5mm, 3mm, 2mm)
・Masking tape for divider line (width 1mm)
・Gold paint for outer pinstripe (model paint, Gainotes brand)
・Green paint for inner pinstripe (model paint, Gainotes brand)
・Paint thinner 
・Brush
・Paint dish
・Water (it is good idea to add a small amount of surface active agent)
   * Apply masking tape with water to make it easier to adjust the position during application. This also makes it easier to
      peel off during removal.
・Sandpaper ( #1000 or #2000 grit)

1. Outer line
・Vinyl masking tape for curves.
・A width of 5mm is sufficient (it will still bend enough for the curvature of the entire chaincase), but if you want to paint with
   a fine brush, a width of 3mm is better.  Once you get used to it, you will be able to apply even 2mm width tape without
   painting outside the tape.
・First the outer gold pinstripe.
・Lay two lines of masking tape at equal space between them. Eyeballing it is fine, but if at anytime you feel the gap between
   the tape is unequal, stop and reapply (Photo 1).
・For the areas where the masking tape overlaps, use your fingernail to create a good seal. If paint seeps through any tiny
   gaps, these can be covered up with black paint later.
・When applying the gold pinstripe, gently lay it on.  Do not stroke the paint back and forth as it may dissolve the black base
   coat.
- Once it dries to a certain extent, apply a second layer.  Better to apply three layers (Photo 02).
・[Important] When removing the masking tape, peel it off at a very sharp, "hairpin'' angle (Photo 03). If you peel at a shallow
   angle, the paint tends to come off along with the tape.

Photo 1:  Masking for the outer pinstripe 
01_20231213075301

Photo 2:  Paint gold outer pinstripe
02_20231213075301

Photo 3: Masking tape removal (Key is to peel off at a sharp angle)
03_20231213075301

2. Inner line
・Next, paint the green inner pinstripe.
・It is important that the two pinstripes are equally spaced, so first apply 1mm masking tape as a divider on the inside of the       gold pinstripe. (Photo 04).
・Then apply 2mm or 3mm wide masking tape around curved surfaces for the inner pinstripe.
・1. Lay 2 or 3 coats of green paint in the same manner as 1 above, allow to dry, and peel-off masking tape.

Photo 4:  1mm wide masking tape on inside portion of gold pinstripe
04_20231213075301

3. Touch up
・There may be patches where the paint seeped through the seams in the masking tape. (Photo 05).
・After these have completely dried, first wet-sand them with sandpaper (grit size #1000-2000) and level them so
   that they are even with the surrounding area.
・Then, mask the gold and green lines and cover up the patches with black paint (Photo 06).
 ・There will be a difference in the border between the gold line and the green line after removing the masking tape, so use
 #1000-2000 sandpaper to wet and level it.
・Finished double-line pinstripes. (Photo 07)

 Photo 5:  Paint seepage
05


Photo 6:  Masked gold & green pinstripes to touch up seepage
06_20231213075301

Photo 7:  Finished pinstripes
07

Thanks to H-san for passing along tips on recreating pinstripes.

2023年12月 3日 (日)

リア荷台

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels. 

昭和自転車の多くの際立った特徴の 1 つは、リア 荷台です。
P1120478

リア荷台は自転車の種類(車種)に応じてサイズが異ります。
軽運搬車や重運搬車には大型リア荷台。
Dsc02859
Img_9500
Photo_20220202114601

実用車には中型リア荷台。
Blogimg_0902
Blogimg_0914
Maruka_middow

婦人用・紳士用自転車には細くて軽量の小型リア荷台。
Img_20130609_182324143-1

基本的に大きさとは別に2種類あります。

ステー2本型
2-stay-carrier

ステー4本型
4-stay-rear-carrier

昭和20年代後半~30年代前半の特徴の一つは、各パーツに マーク入り社名ロゴ(商標) が付き、小さな泥除けステー固定ネジにまでちゃんとした刻印があります。
Ca3g0078
Img_20130826_202238450_4

14655925_3222460080_20220202133901

リア荷台も例外ではありません。
商標・社名は2ヵ所以上のが少なくありません。

事例の一つを見ましょう。
Sdsc02013a

1か所目→荷台の首に商標刻印(光)
Sdsc02011

2ヵ所目→横渡り板にくり抜いた「光」商標
Sdsc02012

3か所目→後ろのバッジ「大日本機械工業株式會社」
Sdsc02010

前回「黒エナメルスポーク」の投稿でも触れましたが、自動車、バイク、ミシン、電話、ノートパソコンなど、多くの製品は発売当初は黒で始まります。自転車も同様です。 ということで、当然リア荷台も黒でした。 そして、フレーム、泥除け、チェーンケースと同様に、場合によってはキャリアさえも黒に金線引きが施されていました。
(手描きが時代を物語ります。)
Img_8999

高級車にはリア荷台がクロムメッキされていました。
20231110-064348

水谷セラフ号 
Dsc06643

日米富士フェザー号
Img_20130609_182324143

サスペンション付きリア荷台もありました。
20231110-063930a

私のように自動車使用が最終手段のような人(←変り者)にとってリア荷台は買い物、運搬などに不可欠です。
Img_2574_20231110073401
Blogimg_0925

2023年11月18日 (土)

Rear Carrier (Luggage Rack)

次回この記事の日本語版を投稿します。

One of the many distinct features of vintage Japanese bicycles is the rear carrier, aka rear luggage rack.
P1120478

The rear carrier was standard equipment which varied in size according to the type of bicycle.
Large rear carrier on heavy-duty and light-carrier (cargo) cycles.
Dsc02859
Img_9500
Photo_20220202114601


Medium size on utility cycles.
Blogimg_0902
Blogimg_0914
Maruka_middow

And, slimmer and lighter versions on ladies' and gent's models.
Img_20130609_182324143-1

Apart from size, there are two basic styles, 2-stay and 4-stay rear carriers.

2-stay type
2-stay-carrier

4-stay type
4-stay-rear-carrier

I have mentioned numerous times that nearly each part of vintage Japanese bicycles from the 1950s bore the manufacturer's name or trademark, right down to the tiny fender stay screws.   This is also true for rear carriers.
Ca3g0078
Img_20130826_202238450_4

14655925_3222460080_20220202133901

Often the the rear carrier bore the manufacturer's name or trademark more than once.
Here is a fine example of a rear carrier bearing the manufacturer's trademark more than once.Sdsc02013

 First, on the neck (Hikari trademark)
Sdsc02011

Second, on one of the slats (Hikari trademark)
Sdsc02012

Third, a badge on the back of the rear carrier.
Sdsc02010

In addition, as mentioned in the previous post Black Enamel Spokes, many products when first introduced start off in black, including, automobiles, motorcycles, sewing machines, telephones, laptops, etc.  And the same is true for bicycles.  So, naturally, rear carriers were also first black.  And, like the frame, fenders and chaincase, in some cases even the carriers were black with gold pinstriping.  
Img_8999

And for the high-end models, the rear carrier was chrome plated.
20231110-064348

Mizutani Seraph with chrome rear carrier (luggage rack).
Dsc06643

Fuji Feather
Img_20130609_182324143

There were even models with built-in suspension.
20231110-063930

I find the rear carrier indispensable.
Img_2574_20231110073401
Blogimg_0925

2023年11月 4日 (土)

黒エナメルスポーク

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels. 

自転車も自動車と同じように、最初は標準色である黒一色であったと以前述べました。
黒は地味に見えるかもしれませんが、風切りバッジ金線引きと転写マークがアクセントになっていました。

スポークも黒エナメルでした。
Img_8730

1950年代の実用車用一台分のスポーク
Img_8746

包み紙(パッケージ)に記載されている情報を見てみましょう。
合同スポーク 黒エナメル  ニップル ワッシャー付
Img_8747

"#14 - 26" 1台分
Img_8748

重要な情報が欠けていることに気づきましたか?
車輪を組んだことがある方は、正しい長さを得ることがいかに重要であるか分かるでしょう。
しかし、パッケージにはこの重要な情報が記載されていません。
実は、これが「当時」と「現代」の興味深い違いなのです。

「昔」の実用車用のスポークは、基本的に 283 mm の標準サイズ 1 つでした。
標準サイズのハブと 26 インチはBE リムに適合します。
Img_8750
Img_8751

車輪を組み立て、振れ取りし、スポークカッターで余分な部分を切り取り、やすりで削りました。
70年以上前のスポークカッターですが、デザインは現在使用されているものとほぼ変わらないです。
Img_8747_20231018155101

珍しいスポークカッターを見ましょう。
変わっているデザインですよね。
Img_8748_20231018155101

先端高さの調整可能な溝はスポークとニップルにはまります。
Img_8750_20231018155101

切断刃はニップルヘッドの上に合わせます。
Img_8751_20231018155101

奇妙なデザインにもかかわらず、この工具が意外にうまくスポークを切断して驚きました。
Img_8752

興味深いことに、スポークの長さが記載されているパッケージを見たことがあります。
但し、実用車用のではなく、より細い (#15) を使用する軽快車用です。
 下の写真のようにパッケージには「285/mm」の上にスポークが「2mm長い」と明記されています。
Img_8754

荷台も車体やスポークと同じように黒エナメルが多いです。

次回は荷台を取り上げます。

2023年10月21日 (土)

Black Enamel Spokes

次回、この記事の日本語版を投稿します。

I've mentioned before that bicycles, much like automobiles, first came in one standard color, black.
Black may seem plain but the bicycles were accented with badges (link Japanese only), and typically gold pinstripes and decals.

Even the spokes were black enamel.
Img_8730

A typical package of spokes for a utility cycle from the 1950s.
Img_8746

Let's take a look at the information on the package.
"GODO Spokes, Black Enamel with Nipples and Washers"
Img_8747

"#14 - 26" (14 gauge, 26 inch rim) 
"Count For One Bicycle"
Img_8748

Recognize any important information missing?
If you have ever built your own wheels, you know how important it is to get the correct length.
But, there is no information on the package indicating this crucial information.
Actually, this is an interesting difference between "then" and "now".


In the "old days" spokes for utility cycles basically came in one standard size 283mm.
These would fit a standard-sized hub and 26" BE rim.
Img_8750
Img_8751

The wheel was assembled, trued, excess cut off with a spoke cutter and filed down.
70+ year old spoke cutter, but the design is similar to those used today.
Img_8747_20231018155101

Here is an interesting old tool.
A uniquely designed spoke cutter.
Img_8748_20231018155101

The adjustable slit on the tip fits onto the spoke and nipple.
Img_8750_20231018155101

And the cutting blade rests atop the nipple-head.
Img_8751_20231018155101

Despite the odd-design, I was surprised how well this tool works.
Img_8752

Interestingly, I've seen packages that do indicate the spoke length, though typically it is on spokes for roadsters which use a thinner gauge (#15).  And, even then, as in the photo below, the package clearly indicates above the "285/mm" that the spokes are "2mm longer". 
Img_8754

In the next post, we will look at (luggage) racks.

2023年10月 1日 (日)

丸金(マルキン)自転車 (番外編)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels. 

マルキン自転車ポスト(前半)(後半)の番外編です。

静岡県の修復家Mさんが、昭和自転車がいかに凝った細工で作られているかを知ってもらいたいとの思いで、追加の写真を送ってくれました。
これらの写真は、昭和自転車愛好家にとってはめったに見られない部分を閲覧できる貴重な機会となります。
では、見てみましょう。

マルキン自転車株式会社が実際に販売用に使用していたフレームカットアウトモデルの写真です。
1950 年代、自動車はまだ大多数の家庭に手が届かず、手頃な価格の主な個人交通手段は自転車でした。
実用性を重視しました。
自転車は鋼鉄でできているため、あらゆる天候で使用され、舗装された道路は原則ではなく例外であるため、強度、防水性、防錆性が求められました。

これらの重要な特性を強調するために、カットアウトモデルはマルキンだけでなく多くのメーカーで使用されました。
エナメル塗装、クロームメッキパーツ、金線引きバッジ、刻印、転写マークは魅力的ですが、塗装の下や内側を覗く機会はありません。
Img_2264_20230830121101

売り手はカットアウトモデルを使用すると、買い手に製品の内部の品質を肉眼で確認してもらうことができます。
下地、塗装・フレームバテッドチューブおよびラグの厚み、錆を防ぐために講じられた措置など見えます。
Img_2263_20230830121101
Img_2271_20230830121101
Img_2265_20230830121101

ヘッドチューブのカットアウトモデルだけでなく、重要なボトムブラケットのカットアウトモデルも、メーカー製品の品質を強調するために使用されています。
Img_2267_20230830121101

3バッテッドチューブ
Img_2269_20230830121101
Img_2268_20230830121101

このようなカットアウトモデルを見ると、なぜ昭和自転車が非常に頑丈で、元の所有者よりも長持ちすることが多いのかが容易に理解できます。

最後に、余談ですが、M さんは愛車のマルキン自転車に合わせるために、本物のビンテージ・マルキンつなぎ服を手に入れました。
 Thumbnail_img_1302_20230830121101

Mさんを応援します!
頑張ってください。

2023年9月 2日 (土)

Marukin Bicycle (Extra)

次回、この記事の日本語版を投稿します。

This is a short extra-post to the previous two Marukin Bicycle posts (First Half) and (Second Half).

The restorer, M-san, from Shizuoka Prefecture, sent in additional photos in hopes of helping people see and understand how well vintage Japanese bicycles were built.  The photos provide an invaluable opportunity to view portions rarely visible to vintage Japanese bicycle enthusiasts.  Let's take a look.

These are photos of frame cut-out models actually used for sales purposes by the Marukin Bicycle Company.  In the 1950s, with automobiles still out of reach for the vast majority of households, the main mode of affordable private transportation was the bicycle.  The emphasis was on utility.  Being made of steel, bicycles had to be strong, waterproof, and rust resistant as they were used in all types of weather and paved roads were the exception rather than the rule.

Cut-out models were used not only by Marukin but by many manufacturers to highlight these important qualities.  
The enamel paint, chrome parts, gold pinstriping, badges (link Japanese only) and decals are attractive, but rarely can one get a peek at what is under the paint and on the inside.
Img_2264_20230830121101

The cut-out models allow salespersons to visually show potential buyers the quality on the inside of their product.  Thickness of the undercoats, frame (butted) tubing and lugs, and measures taken to prevent rust.
Img_2263_20230830121101
Img_2271_20230830121101
Img_2265_20230830121101

Not only head tube cut-outs as shown above, but also the all-important bottom bracket cut-outs were used to drive home the quality of a manufacturer's product.
Img_2267_20230830121101

Note the triple butted tubing.
Img_2269_20230830121101
Img_2268_20230830121101

These cut-outs make it easy to understand why Japanese vintage bicycles are so rugged and often outlive their original owner.

Finally, on a side note, M-san even found himself a pair of genuine vintage Marukin coveralls to go with his beloved Marukin bicycle.
 Thumbnail_img_1302_20230830121101

Happy wheels M-san!

2023年8月19日 (土)

丸金(マルキン)自転車 (後半)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels. 

今回は、前回に続いて、静岡県の修復家Mさんが最近レストアされたマルキン自転車の詳細を見ていきます。
改めて、写真を送っていただきありがとうございました。

前回の投稿で見たように、修復にはさまざまなアプローチがあります。
Mさんのレストアの目標は、オリジナル塗装とメッキを綺麗にし、メカのオーバーホールとグリスアップを行うことで、「ビユーセージ」を維持することでした。

マルキン風切りは流線型で品があります。
20230626-080306_20230718145801

その流線型は、あの悪名高い機関車、リーハイ・バレー・ブラック・ダイヤモンドを彷彿とさせます。
風切りの両側に「マルキンの自転車」。
泥除けの先端にもマルキン商標刻印
多数の商標刻印は、自転車が 1950 年代から 1960 年代初期に製造された指標です。
20230626-073918
Thumbnail_img_1221-1_20230718150101

1950 年代の特徴がすべて備わっています。
全部品はオリジナルで、「Marukin」かその商標の刻印が付いています。
前ブレーキ
B

前泥除けステー
20230626-080240

前ハブ
20230626-080042

前リム
20230626-080215_20230718150801
Thumbnail_img_1219b_20230718150501

レストア前と後を比較すると、M さんはオリジナルメッキを甦らせる目標を達成したことが分かります。
レストア前
20230626-074152
レストア後
20230626-075908

ベルと握り
20230626-074855_20230718153201
20230626-075543

ヘッドチューブラグの裏側にある商標は、1950 年代から 1960 年代初期自転車の指標です。
フォーククラウン両側にも刻印。
Thumbnail_img_1217_20230718150401

ヘッドベアリングカバーにも小さなマルキンの商標刻印が入っています。
20230626-075010

ヘッドバッヂは奇跡的にまるで新品状態。
20230626-074634

マイナス兼六角頭フェンダー ステー ボルトとフェンダー ステー バッジ。
20230626-075208

後輪ブレーキ支点に旧JIS刻印
後輪ブレーキ支点ボルト頭にマルキン刻印。
20230626-075309

革製ハンモックサドルにはあまり使用感がありません。
後ろにバッヂ付き。
20230626-074754_20230720071101

上面に刻印
20230626-075625_20230720071101

両側にも刻印
(旧漢字→丸金自転車工業株式社)
Thumbnail_img_1233_20230720071201

シートグに旧JIS刻印
20230626-074535

シートピラーボルト頭に刻印
 20230626-075433

シートチューブにバッヂ
20230626-075819

シートチューブに転写マーク
リア泥除けに前泥除けと同じように刻印
20230626-080105

ボットムブラケット分解・掃除
20230626-074238
グリースアップ
20230626-074344

チェーンホイールカバー(鳩目)の上に商標刻印、下に「旧漢字→丸金自車工業株式社」。
20230626-075751

チェーンケース取り付け金具に刻印.
20230626-075945

ゴム製ブロックペダルには摩耗の兆候はほとんどありません。
ゴムブロック各面に刻印
20230626-075051_20230720071801

荷台の板に「MARUKIN WORKS」と商標の刻印
20230626-074821

荷台の後ろに塗装入りバッヂ
リア泥除けに大きな泥除けステーバッヂ
20230626-075511

反射板 の枠に商標刻印
20230626-075653

リア泥除けステーとチャネル式スタンドに商標刻印
20230626-075336

バンドブレーキに「MAURKIN WORKS]と商標の刻印
20230626-075245

バンドブレーキ分解・掃除
20230626-074309

往復レバー、ローラー用泥除け付きと三共製(Sankyo)及びJISマーク入りバッジ付きダイナモ (6V6W)
20230626-075401

商標刻印入り頑丈なロック
20230626-074922

リアリムのバルブ両側に商標刻印
20230626-074944_20230720071801

まさに日本自転車歴史の一台です。
全てオリジナルパーツ。
Mさんに脱帽です!

2023年8月 6日 (日)

Marukin Bicycle (Second Half)

 次回、この記事の日本語版を投稿します。

In this post we shall continue our look at a recently restored Marukin bicycle.  Once again, a special thanks to the restorer, M-san, from Shizuoka Prefecture, for sending in photos.

As we saw in the previous post there are various approaches to a restoration.
M-san's restoration goal was to maintain the built-in history ("beausage") by cleaning up the original paint and chrome, and overhaul and grease-up mechanical parts.

Let's take a look. 

The Marukin fender ornament is streamlined and elegant.
20230626-080306_20230718145801

I find its streamline reminiscent of that infamous locomotive, Lehigh Valley Black Diamond.
Marukin bicycle is stamped in Japanese on both sides of the fender ornament.
Also, note the Marukin trademark stamp at the tip of the fender.
The numerous stamps are a good indicator that the bicycle is 1950svery early 1960s.
20230626-073918
Thumbnail_img_1221-1_20230718150101

The bicycle has all the characteristics of the 1950s.
Note that all parts are original and bear either the Marukin name or trademark.
(front stirrup brake)
B

(front fender stay)
20230626-080240

(front hub)
20230626-080042

(front rim)
20230626-080215_20230718150801
Thumbnail_img_1219b_20230718150501

A before/after comparison reveals that M-san accomplished his restoration goal of cleaning up the original chrome.
(handlebars before)
20230626-074152
(handlebars after)
20230626-075908

(bell and grips)
20230626-074855_20230718153201
20230626-075543

The trademark on the back of the head tube lug is a telltale sign of a 1950s - very early 1960s bicycle.
Also, note the stamps on the fork crown. 
Thumbnail_img_1217_20230718150401

Even the head bearing cover has a tiny Marukin trademark stamp.
20230626-075010

Amazingly, the head badge (link Japanese only) is in perfect condition.
20230626-074634

Slotted hex head fender stay bolts (link Japanese only) and fender stay badge.
20230626-075208

Old JIS mark stamped on the rear brake fulcrum.
Marukin trademark stamped on the brake fulcrum bolt.
20230626-075309

The leather hammock saddle shows little signs of wear.
Note the badge on the rear of the saddle.
20230626-074754_20230720071101

Marukin stamp on the top of the saddle.
20230626-075625_20230720071101

Marukin stamp on both sides of the saddle.
Thumbnail_img_1233_20230720071201

Old JIS mark stamped on the seat lug.
20230626-074535

Seat post bolt head stamped.
 20230626-075433

Marukin seat tube badge.
20230626-075819

Marukin decal on seat tube.
Rear fender also stamped with the Marukin trademark, just like the front fender stamp.
20230626-080105

Bottom bracket overhauled.
20230626-074238
20230626-074344

Marukin stamp at the top of the chainwheel cover, and at the bottom "Markun Bicycle Company".
20230626-075751

Marukin stamp on chaincase chain stay bracket.
20230626-075945

Barely any sign of wear on the rubber block pedals.
Each side of the rubber blocks is stamped with the Marukin trademark.
20230626-075051_20230720071801

Slat on rear (luggage) rack stamped with the trademark and "MARUKIN WORKS".
20230626-074821

Painted Marukin badge on rear (luggage) rack.
Large rear fender stay badge.
20230626-075511

Rear reflector (link Japanese only) frame stamped with Marukin trademark.
20230626-075653

Rear fender stays and channel stand stamped with Marukin trademark.
20230626-075336

Band brake stamped with Marukin trademark and "MARUKIN WORKS".
20230626-075245

Band brake overhauled.
20230626-074309

Sankyo dynamo (6V6W) with badge, old JIS mark, engage/disengage lever, and splach guard.
20230626-075401

Heavy-duty lock with Marukin trademark.
20230626-074922

Rear wheel rim stamped with Marukin trademark on each side of the valve.
20230626-074944_20230720071801

A true piece of Japanese bicycle history.  All original parts.
Two thumbs up to M-san and his Maurkin bicycle restoration!

より以前の記事一覧