パーツ関係 (Parts Related)

2019年9月15日 (日)

スタンド類

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

海外の若い昭和自転車愛好家・ジョージさんから次のような内容のメールが届きました。

「昭和20年代後半~30年代前半と思われる山口自転車を手に入れたが、スタンドが欠品している。
リチャードさんの過去のブログを検索してみたがスタンド類及びスタンドの違いについて情報が見つからない。」とのこと。

言われた通り、確かにまだスタンド類とその違いという記事は投稿していません。
今回はそのテーマを取り上げます。

一般的には、普通の一本式スタンドを除けば、基本的にスタンドは次の3種類があります。
(左→右)
1. チャネル式のスタンド
2. 箱式のスタンド
3. キラクスタンド

Img_2035_20190830122801

1.チャネル式のスタンド
紳士用婦人用及び実用車に最も一般的なスタンドです。
バネが装備されて蹴り上げられて降ろしたら立てる状態でロックできます。
主に2種類でチェーンステー取付用とシートステー取付ステー用があります。
Img_2042

チェーンステー取付用チャネル式のスタンド
Img_2035_20190830101901

シートステー取付用チャネル式のスタンド
Img_2034

Img_2028_20190830100801

Img_2023

上の写真の自転車の荷台が小さくてタイヤも細いです。
下記の「2.箱式のスタンド」が付いている自転車写真や「3.キラクスタンド」が付いている自転車写真と見比べれば一目瞭然です。


2. 箱式のスタンド 
この箱スタンドはチャネル式スタンドよりも丈夫で頑丈で実用車にも使われてたこともありますが、一般的に軽運搬車に取り付けられていました。
主にシートステーに取付けられていました。
スタンドの三種類(チャネル式、箱式、キラク)の中で最も珍しいです。
Img_2041


Img_2027

Img_2025

3. キラクスタンド
最も丈夫で頑丈なスタンドで軽運搬車にも使われていましたが、主に重運搬車用でした。
チャネル式や箱式スタンドと違ってキラクスタンドにローラー装備されたお陰で重い荷物積載してもスタンドを上げ下げできます。
主にチェーンステーに取付けられていました。
Img_2036

Img_2019
Img_2030

Img_2033

太いタイヤ(2.5吋か3吋)と大きな荷物を運搬するための大型荷台に注目。
運搬車鉄のロバで積載された状態でスタンドの上げ下げを可能にしたのがローラー付きのキラクスタンドです。

今回の記事がジョージさんの参考になれば幸いです。(英文同記事は前回UP済)

 

2019年3月30日 (土)

Spoke Bell (Video Added)

次回、この記事の日本語版を投稿します。

In the last post "Nichibei Fuji Bell" I listed a link to a revolving bell on Youtube. I received an email from H.G. who watched the video and wrote in with the following request:

"Thanks to your blog I am a believer in that fact that many old things are not junk, but actually a kind of buried treasure.  I was wondering if you could post a simple video of the spoke bell mentioned in an earlier post."  

Indeed, there is a post on the cable actuated spoke bell, as well as the rod actuated spoke bell but no video of either so the request is legitamate and shall be fulfilled.

Spoke bells are an ingenious design, whereby, when the lever attached to the handlebars is depressed, rod-linkage moves a spring held clapper into the spokes, and, as the wheel turns, each spoke then bends and releases the spring held clapper rending a machine-gun of rings:  ding-ding-ding-ding-ding-ding. 

(Okay, H.G. here you go, just click here or on the linked photo below to see and hear the spoke bell in action.)

Spoke-bell-photo

 

2019年3月17日 (日)

日米富士ベル

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

面白いものを見つけました。
それは純正な日米富士 自転車ベルです。

 

昭和20年代後半~30年代前半の大半の自転車ベルの特徴は、メッキの真鍮製共振器に商標が鋳られています。

 

Img_1354

主な自転車製造社は各部品に商標を1個以上仕込まれていましたが、日米富士が特にこだわっていたようです。

 

「そこまでやるか…」とふと呟くくらい全部品に様々な仕掛けで商標が設計し込まれています。
百聞は一見にしかずなので是非ご自分の目でご確認ください【←クリック】。

 

 

ベルの引き金に商標の刻印があります。
ここまでやるか?

 

Img_1345

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ベルの共振器ベースに注目して下さい。

 

Img_1353

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


有名な日米富士商標の富士山。
数えてみると25座!

 

共振器を一周している刻印が山脈に見えます。

 

ここまでやるか?

 

Img_1352

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


一個の自転車ベルに日米富士商標が27個。
現代はここまでやりません。

 

Img_1357

 

 

 

 

現代も似たようなベルがまだ製造されていますが、現代のモデルは共振器が真鍮製かどうか分かりません。

現代では見かけない、これより古く音量が大きい回転式ベル」 というモデルを試聴して下さい。

 

注意: 試聴する前に音量を下げるようにお勧めします。

2019年3月 3日 (日)

Nichibei Fuji Bell

次回この記事の日本語版を投稿します。

 

 

 

Here is an interesting find.  A genuine Nichibei Fuji bicycle bell.

 

Like most bells from the  1950's it is chrome plated and has the manufacturer's trademark casted into the brass resonator.

 

Img_1354

 

 

 

 

 

 

Although manufacturers went to great lengths to put their trademark on each and every part, often more than once on a single part, Nichibei Fuji appears to have been one of the leaders in designing-in their trademark on virtually every part.  For example, reference the link below to see just how obsessed Nichibei Fuji was in designing-in their trademark.

Mountain Day & Nichibei Fuji (4)

 

 

Note the Nichibei Fuji trademark stamped into the trigger.

 

 

Img_1345

 

 

 

 

 

 


Also take a close look at the design along the base of the resonator. 

 

Img_1353

 

 

 

 

 


That design is the infamous Fuji logo, 25 of them to be exact, a virtual mountain chain encircling the base of the resonator.
Img_1352

 

 

 

 


A single bell, and the Fuji trademark appears twenty-seven times.
Nope, they certainly don't make them like this anymore.

 

Img_1357

 

 

 

 

 

This style of bell can still be found today, though I am uncertain as to whether or not the resonators are still made of brass. Check out its predecessor, known as the"Revolving" bell, which is rarely seen today, and, moreover, much louder.
WARNING: You may want to lower your volume before hitting the "play" button:)

2019年2月17日 (日)

アイデアの考古学

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels!

 

 

古い物は現代版の先祖です。

 

繰り返します。

 

よく考えて下さい。

 

「古い物は現代版の先祖です。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

古いカタログや写真はもとより、可能な限り現物のヴィンテージ・アンティーク製品を眺めることにより、
昔のアイデアを発掘でき、
いわゆる「アイデアの考古学」ができます。

 

先日、古い自転車部品カタログで発掘した独創的なアイデアの一つを見てみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、サドルと携帯椅子を兼ねています。
サドルのポストを抜くと、三脚椅子に替わります。

 

宣伝も面白い。

 

「孫の代までご使用できます!!」

 

古い物は、一生使える ように頑丈な作りで出来ていて、買い手の一生以上に持つ場合もありました。

 

 

 

 

 

Saddle_post_chair_close_up

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年2月 3日 (日)

Idea Archaeology

次回この生地の日本語版を投稿します。

 

 

Old things are the ancestors of today's version.  Let me repeat that, once again, think about it, "old things are the ancestors of today's version".  Frozen in time, old things are unique because they are a virtual time machine enabling us to have a glimpse of the design, technology, materials, features, functionality and ideas of their generation.

 

 

 

 

 

 

Viewing old catalogs, photos or whenever possible real vintage/antique products, allows one to uncover unique ideas from the past; what I like to call "Idea Archaeology".  Let me share with you one ingenious example I came across recently.

 

 

 

Here is a bicycle seat post that, when removed from the seat tube, doubles as a portable chair as the seat post is a built-in tripod.  The ad indicates satisfaction guaranteed, and, built so well that even your grandchildren can use it someday. Probably true as old things were often built-to-last a lifetime, many times outliving their original owners.

 

 

Saddle_post_chair_close_up

 

 

 

 

 

Interesting idea, now why didn't I think of that? 

2018年6月25日 (月)

風切 (マスコット)

(I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

 

前回の記事で
作業部屋に命を吹き込んで、「昭和自転車ラボ」と名付けるまでの過程
と作成中のいくつかの展示コーナーを不定期的に取り上げると延べました。
今回は、昭和自転車の大きな特徴である、優れた遊び心の一つを見てみたいと思っています。
それは、風切(マスコット)というものです
Img_0432_2

 

風切は100年ほど前から日本にあります。
もともと前泥除け先端の車種やメーカー名の小さな看板でした。Img_0431Img_0429

 

昭和12年(1937年)に山口自転車会社でロケット型マスコットが取り付けられたと言われています。
Img_0433Img_0924

 

他社が真似、「スピード」という印象を与えるモチーフとして、「風切(マスコット)」が自転車業界に広がりました。
Img_0422

 

ロケットより速いのは何でしょう?
それは翼付きのロケット!Blogimg_7750

 

スピードや力を表す物、動物、会社の商標など。

スタリオン

Img_0409

 


Img_0420

 

飛び跳ねるウサギ。
Img_0426

 

鳩、それとも伝書鳩
Img_0425_2

 

マジェスティックな富士山
Img_0427

 

芸術作品といっても過言ではない風切もあった。Img_0421_2

 

風切(マスコット)の全盛期は1950年代でした。
庶民の手頃な価格での唯一の交通手段。
前カゴの流行化や費用削減や高度経済成長の中、自転車社会から自動車社会に変わり風切(マスコット)が徐々に小さくなり最終的に廃止されてしまいました。
と言っても、1980年代までは限られた自転車に使われていました。

 

1960年代のアメリカで育った私は、
車のボンネットに誇らしげに大きな フードオーナメント が付いている50年代の車をよく見かけましたが、60年代のモデルには小さいか全く付いていないのが疑問でした。

 

現代は自転車の風切(マスコット)は存在しません。
自動車のフードオーナメントは安全面、または盗難防止のため限られた高級車にしか付いていません。
最高級車のロールス・ロイスのボンネットに付いている「スピリット・オヴ・エクスタシー」は盗難防止のため、触られたら自動的に車内に引き込ませるように出来ている。

 

時代の流れで自転車の風切(マスコット)は消滅したかもしれませんが、その存在が忘れ去れないように頑張って行きたいと思います。Img_0400

2018年6月10日 (日)

Fender Ornaments

 

 

 

 

次回、この記事の日本語版を投稿します。

 

In the last post I recapped how I gave life to the workshop and officially christened it “ Showa Bicycle Laboratory”.  I also mentioned that I would, from time to time, share some of the displays that are in the works. In this post we shall take a brief look at certainly one of the more playful and distinguishing features of vintage Japanese bicycles, the “fender ornament”, also known as a “mascot”
.Img_0432_2

 

In Japan, bicycle fender ornaments have been around for just over 100 years. Originally, they were simply tiny signboards attached to the front fender bearing the name of the model or manufacturer.Img_0431Img_0429

 

In the late 1930s Yamaguchi Bicycle Company introduced a streamlined rocket shaped mascot.
Img_0433Img_0924

 

Other companies followed suit. Some with similarly rocket-shaped mascots.
Img_0422

 

 

 

But what could possibly be faster than a rocket?
A rocket with wings!

 

Blogimg_7750

 

 

 

Many mascots depicted an object or animal that represented speed, might, the company logo or any combination of these.

 

A sleek swift stallion.
Img_0409

 

A mighty eagle.
Img_0420

 

A leaping hare.
Img_0426

 

A dove or perhaps a carrier pigeon?.
Img_0425_2

 

Majestic Mt. Fuji.
Img_0427

 

Some were true works of art.Img_0421_2

 

The heyday of the fender ornament was the 1950s; when the only form of affordable private transportation and local commerce was the bicycle. Gradually, with front mounted baskets, cost-cutting, Japan's shift from a bicycle-oriented society to an automobile-oriented society fender ornaments became smaller and smaller and were eventually phased out. That said, they were still around to a limited extent as late as the 1980s.

 

As a child growing up in the US in the 1960s I fondly recall automobiles from the previous decade proudly bearing large hood ornaments and wondered why the ones on recent models were either substantially smaller or completely nonexistent.

 

Today, bicycle fender ornaments are nonexistent. Automobile hood ornaments only adorn a very limited number of luxury automobiles, as these works of art are prone to theft. In fact the infamous “Spirit of Ecstasy which graces the hood of the Rolls-Royce Phantom is engineered to automatically retract automatically.

 

 

 

Though the bicycle fender ornament may be gone, I shall endeavor to ensure that they are never forgotten.

 

Img_0400

 

 

 

 

2018年4月29日 (日)

バックミラー

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

 

 

 

Img_0219_3

 

やっと春が来ていい天気になりました。
先日アメリカの友人が泊まりに来ていい天気でよかった。

 

さて、日本の大掃除は12月に行いますが、出身地の寒いボストンでは暖かい春に行い、「春の大掃除(スプリングクリーニング)」と言います。

 

スプリングクリーニング中に珍しいものが出てきました。
自転車のバックミラー。
何年前に大変お世話になっている東京都狛江市の長寿自転車商会 .  の店主に頂いたものです。
店主は89歳現役自転車屋さんで、今も自転車を直すだけでなく昭和自転車をレストアなさっています。

 

Img_0243

 

ぱっと見は普通の昭和40年代ごろハンドルに付けられたバックミラーのように見えます。
Img_0246

オールメッキ、ガラス製ミラーコムパッキングでプラスチックは一切なくて昭和らしい作り。
Img_0244

 

しかし、よく見ると少し通常と異なるブラケットが付いています。.

 

それは前輪の軸に取り付けるためです。
Img_0246_2

バックミラーを取り付けました。Img_0224

 

ほぼペダルと同じ程度出っ張っています.Img_0226Img_0227_2

足が視野を遮るかと思ったがそうではありませんでした。Img_0241_2

 

調整したら以外に視野がよかったです。
しかし、ガラス製で地面にも近いのでどのくらい持つか少し心配です。.
Img_0233

このようなバックミラーは昔の標準整備だった自動車のフェンダーミラーを思い出させます。
現代でもタクシーによく使われています。
2

 

タクシーに今でも使用されているのはより安全だと言われているからです。
サイドミラーよりも頭を動かす角度が少なく、ほぼ視線だけで済みます。
トヨタ自動車の新タクシーにも使用予定とのこと。

 

 

2018年4月15日 (日)

Back Mirror?

次回、この記事の日本語版を投稿します。

 

 

 

Img_0219_3

 

 

 

Spring is finally here and while "spring cleaning" I came across an interesting item from around the mid-1960s, a Back Mirror.

 

Back Mirror? 
This is the term Japanese use to refer to  "side mirrors" for cars, and "rear-view mirrors" for motorcycles or bicycles.

I acquired this several years ago from my favorite bicycle shop Long Life Bicycle Shop (長寿自転車商会)in Tokyo.  Perfect name as the proprietor is 89 years young, sharp as a tack and still restores and repairs  bicycles.

 

Img_0243

 

At first glance it looks like an ordinary vintage mirror one would attach to the handlebars.
Img_0246

Chrome and real glass mirror, no plastic.Img_0244

 

But a closer look reveals an unusual bracket.
These mirrors were attached to the front axle.
Img_0246_2

Here is the mirror installed.Img_0224

 

Sticks out about the same distance as the pedal.Img_0226Img_0227_2

I thought my leg would impede my view but not so.Img_0241_2

 

After adjustment I was surprised to find that it provided a good view.
Despite the good view, I tend to suspect that, being made of glass, and, being located this close to the ground, the life expectancy of these mirrors may not have been too long.
Img_0233

These mirrors tend to remind me of the "wing mirrors" or "fender mirrors" which used to be standard on most Japanese automobiles  and are still found on most Japanese taxis.
2

 

The reason most taxis use these mirrors is because they are considered safer.  The logic is that they require less turning of the head, and in some cases, only require simply shifting one's eyes.

 

 

 

より以前の記事一覧