パーツ関係 (Parts Related)

2022年10月 1日 (土)

リヤカー鑑札

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels. 
Img_5157
何年か前に、自転車鑑札を4回連載しました。(未読の場合、下記のリンク参照)
鑑札・標識・籍証①
鑑札・標識・籍証②
鑑札・標識・籍証③
鑑札・標識・籍証④

このブログで何回も言及していますが、昭和20年代後半30年代前半「自転車」は非常に貴重で、現代の自動車と同じような地位だったことを何回か取り上げました。

庶民の手が届く唯一の交通手段でしたが、当時2ヶ月分もの給料が掛かりました。
手が届かない人は時間単位で借りていました。
リヤカーが付いていた重運搬車・軽運搬車は、町の個人店のトラックの役割でした。
現代の高級車のように自転車には 風切が付いていました。
そして、あまり知られていないことですが、当時自転車は課税対象でした。

しかし、自転車のみならずリヤカーも登録して鑑札を付ける必要があり課税対象でした。
自転車にリヤカーを連結すると人力のトラックに変わります!!
 40d76fcc8dcbd39997509783758ab256 
Taake’s写真館

何年も掛かりましたが、昭和20年年代後半のリヤカー鑑札を手に入れました。

まず、自転車の鑑札よりリヤカーの鑑札の方が小さいです。
自転車税は地方税ででしたので、鑑札の形状や大きさは地方によって異なりました。
下の写真では、同じ地方(名古屋)の自転車用とリヤカー用鑑札を比較しています。
上は昭和28年リヤカー鑑札、下は昭和31年自転車鑑札

Img_5158

左:自転車鑑札
右:リヤカー鑑札
Img_5159 
リヤカー鑑札を詳しく見ましょう.
Img_5150

自転車鑑札と同じように、リヤカー鑑札はリベット(カシメ)で取り付けられていました。
「解破・無効」と刻印されています。
Img_5156

左上:リヤカー
Img_5154

右上:鑑札
Img_5155

左下:名古屋市
Img_5153

右下:昭和28年制定
Img_5152

鑑札は、日本が自動車社会になる前の 昭和20年代~昭和30年代前半にかけて自転車が地域の主役、主要な交通手段だったことを思い知らせます。
また、中小企業の場合、自転車に連結したリヤカーでトラックの役割を果たしました。
P1120444
BCC

 

2022年9月18日 (日)

Trailer License Plate (Tax Badge)

次回、この記事の日本語版を投稿します。
Img_5157
Years ago I did a four part series on bicycle license plates a.k.a. tax badges (see links below).
License Plate ①
License Plate ②
License Plate ③
License Plate ④

I have mentioned repeatedly how "bicycles" in Japan during the early~mid 1950s were prized possessions; similar, if not even exceeding, that of automobile ownership today.  They were the only affordable means of private transportation for the vast majority of households and small businesses. They were expensive costing around two months' salary or more; people and businesses paid on installment plans to purchase them; those who could not afford them rented them by the hour; carrier cycles and utility cycles attached with trailers to haul goods filled the niche of trucks for local small businesses; much like luxury cars of today, bicycles proudly bore a fender ornament.  And, to drive this point of bicycles having a similar status as that of automobiles home, one often overlooked fact is that from 1950-1958 bicycles in Japan were taxed and had license plates.

Not only bicycles but trailers (known in Japanese as rear cars) were also required to be registered.  Hitching a trailer to a bicycle literally transformed it into a human-powered truck.
 40d76fcc8dcbd39997509783758ab256 
Taake’s写真館

I have finally found an actual example of a trailer license plate dating back nearly 70 years ago.  Lets take a look.

First is the size, smaller than a bicycle license plate.  Bicycle taxes were local taxes thus the shape and size of license plates varied depending on the locality.  In the photo below we compare the license plates from the same locality, Nagoya.  At the top is a trailer license plate from 1953, and, below it is a bicycle license plate from 1956.
Img_5158

Left: Bicycle license plate
Right: Trailer license plate
Img_5159 
Let's examine the trailer license plate.
Img_5150

As was the case with bicycle license plates, trailer license plates were attached with rivets.  
The stamp reads ”Void if tampered”.
Img_5156

Upper left:  Trailer
Img_5154

Upper right:  License plate (tax badge)
Img_5155

Lower left: Nagoya City
Img_5153

Lower right: 1953
Img_5152

License plates serve as an important reminder that, in the early to late 1950s, prior to Japan becoming an automobile society, bicycles were the main mode of local private transportation.  And for small businesses, a trailer hitched to a bicycle literally served as a truck.
P1120444
BCC

 




 

2022年6月11日 (土)

ビユーセージ

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

頻繁に使う物は歳月が経つにつれて味が出ることに気付いたことがありますか。
以前「物に魂が宿るか」で軽く触れました。
特に対象の物は、本物の材質で作られ体に接触する物です。
たとえば、衣服。
衣服は皮膚の一層のようで、着れば着るほど特定の場所で個性が出てきませんか。
愛着があるお気に入りの使い古されたブルージーンズ、革製野球グローブ、革製靴、革製自転車サドルなど。
Img_4094 

歳月経過とともに繰り返し使用するこによる味(使い込まれ感)や美しさは、しばしば「Beusageビユーセージ」と呼ばれます。
Img_4095

手工具も手作業、例えばネジを回したり、ナットを固定させたり、ネジ山を切ったりすることは、一時的に体の一部になります。
手工具に手を加え作業するからこそ、一時的に身体の延長となるので使い込まれてくるとビユーセージが出ます。Img_4096 

この「ビユーセージ」は、勿体ない主義よりまるで「勿体ない教」。
モノを大事にして、直しに直して直し切れなくなるまで使用し、もう直し切れなくなったら捨てずにそのモノに尊重及び感謝を示すように別の目的を与えることによって
再利用でモノが生まれ変わるのです。
昭和初期~中期は物がない時代で、端切れや廃材などを利用して物を自作していました。
こちらの自転車修理椅子は約70年前に廃材で作られたもの。
まだまだ現役!!

Img_4098 

2022年5月14日 (土)

白黒写真の盲点 (ライン入りリム)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

1950年代(昭和20年代後半~30年代前半)の昭和自転車の写真は圧倒的に白黒です。
カラー写真は1970年代(昭和40年代ころ)から手頃な価格で主流になりました。
個人的には白黒写真が好きで、白黒写真にしかない独特な魅力があります。
ただし、白黒写真では細部が薄められるので本来の良さを見逃しがちで、実際にカラー写真で見ないと、どれだけ素晴らしいか分からない場合が多いです。
BEリムはその例の一つ。

以前の投稿でBEリムBEタイヤを見てきました。
BEリムは全体的にクロムメッキで、スポークは黒エナメルでした。
多くのリムは自転車メーカー商標リムメーカー商標刻印がありました。
ライン入りリムで実に芸術的傑作品でした。
2つの例を見てみましょう。

1つ目は、太いブルー・エナメルラインで、両側に細い赤線引きがあります。
Img_3823  

現代の自転車はクロムすらあまり見掛けません。
BEリムは全体的にクロムメッキ。
Img_3825
Img_3827
Img_3819

BEタイヤの耳がはめ込む溝が水色に塗られていることに注目。
BEタイヤの特徴の一つは、耳がチューブを包み込むため、リムテープが不要で、その機能がBEタイヤに組み込まれていることです。
Img_3831

スポークワッシャーは現代の自転車にありません。
Img_3829

二つ目の例は太い黒エナメルラインで、両側に細い金線引きがあります。
Img_3809
Img_3835

金色の商標刻印に注目。
Img_3837
Img_3834

BEタイヤの耳をはめ込む溝は深赤色に塗られていることに注目。
Img_3811

スポークワッシャーは現代の自転車にありません。
Img_3813

BEリム/タイヤがお気に入りです。
多くの古いものと同じように、シンプルで、頑丈で、美しく出来ています。
重い荷物を運び、未舗装の道路に耐えられるように作られています。
BEリムに問題があるとしたら、何年にもわたって頻繁に使用し風雨に晒されると、ブレーキシューの摩擦でクロムメッキが薄くなり錆が発生する可能性があります。
新家(ARAYA)はステンレスのBEリムを製造することでこの問題がなくなりました。
残念ながら、2010年ごろ廃番になりました。

2022年4月29日 (金)

Lost in Black & White (Center Lines)

次回、この記事の日本語版を投稿します。

Most photos from the 1950s of vintage Japanese bicycles are in black & white.  That's because color photography only became affordable and mainstream in the 1970s.  Personally, I like black & white photos, they have a certain charm all their own.  However, some details tend to become diluted or even lost in black & white photos and it isn't until we actually see them in color do we gain a true appreation of their beauty.  BE rims are one of many examples.

We have seen BE rims and BE tires in previous posts.  BE rims were all chrome and typically spokes were black enamel.  Many bore the bicycle manufacturer or rim manufacturer's trade mark.  And, some were absolute artistic masterpieces that had  center lines.  Lets take a look at two examples.

First is a thick blue enamel center line with thin red trim on both sides.
Img_3823  

You don't see much chrome on bicycles anymore.
The entire rim itself is chromed.
Img_3825
Img_3827
Img_3819

Note that the channel where the edges (flaps) of the BE tire sit is painted blue.
The nice thing about BE tires is that the edges (flaps) encase the tube so no need for rim tape, that function is designed into the BE tire.
Img_3831

Spoke washers, something we don't see today.
Img_3829

Second is a thick black enamel center line with gold trim on both sides.
Img_3809
Img_3835
Note the gold trade mark stamp.
Img_3837
Img_3834

Note that the channel where the edges (flaps) of the BE tire sit is painted red.
Img_3811

Again, spoke washers, something we don't see today.
Img_3813

I am totally sold on BE rims/tires.  Like most old things, they were designed and manufactured to be simple, strong, and beautiful.  They were built to carry heavy loads and withstand unpaved roads.  If I were to find any fault with BE rims it would be that, over many years of heavy use, the friction from braking can wear away the chrome plating down to the bare metal leading to rust.  Araya solved this by manufacturing stainless steel BE rims.  Unfortunately, after many years these were discontinued in 2010.  

 

 

2022年4月16日 (土)

道具箱(第三回)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

「道具箱(第1回」では、シートチューブの裏上に取り付けられた金属製の道具箱を取り上げました。
前回の「道具箱(第二回)では、ハンモックサドル専用に設計されていた革製の道具箱を見ました。
今回は、もう一つ珍しい革製道具箱を見ましょう。

高級サドル裏側のストラップ穴に取り付けるように出来ている道具箱です。
Img_3533

表に開け閉め用の金具が付いていません。
Img_3548

少し変わっている断面図。
Img_3550

開け閉めは右側面に付いている革製ストラップで行います。
Img_3535

ストラップは底をスナップで閉じています。
開くには、ストラップを引き下げてスナップを外します。
Img_3536

ストラップを引っぱると工具入れが出てきます。
Img_3537

工具入れ
Img_3538
Img_3539

「道具箱(第二回」で見たハンモックサドルと同様に、内側の工具入れが取り出せるようにできています。
Img_3540

中には工具4本
Img_3541

工具に「Kennet」刻印
Img_3551
Img_3553

以前、「アイデア考古学」を言及しました。
古い物は現代版の先祖です。

2022年4月 1日 (金)

Tool Kit (Part 3)

次回この記事の日本語版を投稿します。

In "Tool Kit (Part 1)" we examined a metal tool box that attached directly behind the top of the seat tube.  And, in the previous post, "Tool Kit (Part 2)", we took a look at a tool kit; one made of leather and specifically designed for hammock saddles.  In this post let's take a look at another unique leather tool kit.

This one fastens to the two eyelets provided on the back of high-end saddles.
Img_3533

Note that the front has no open/close fasteners.
Img_3548

Also a unique profile.
Img_3550

A leather strap attached to the side snaps to the bottom to keep the kit closed. 
Img_3535

To open, pull down on the strap to unsnap it.
Img_3536

Pull on the strap.
Img_3537

And the tool kit slides out.
Img_3538
Img_3539

Similar to the hammock saddle tool kit we saw in "Tool Kit (Part 2)"  the inner pouch can be pulled all the way out.
Img_3540

The kit has a set of four tools.
Img_3541

Tools are stamped "Kennet"
Img_3551
Img_3553

I've mentioned what I like to call "Idea Archeology".  Old things are the ancestors of today's version.  Frozen in time, old things are unique because they are a virtual time machine enabling us to have a glimpse of the design, technology, materials, features, functionality and ideas of their generation.

2022年3月19日 (土)

道具箱(第二回)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

前回の投稿「道具箱(第1回」では、シートチューブの裏上に取り付けられた金属製の道具箱を取り上げました。
今回は、ハンモックサドル専用に設計されていた革製の道具箱を見てみましょう。
筒型の革製道具箱で、ハンモックサドルのサスペンションコイルの中に差し込むように出来ています。
Saddle_and_bag_20220223095201
Img_3232
Img_3234
Img_3235

 Img_3219
Img_3222

道具箱は二重の筒で出来ています。
つまり、外側筒(本体)と道具入れの内側筒。
Img_3220

Img_3226

道具はオレンジ色の布に包まれています。
その布は道具を固定させ、鳴らない用途と万一途中どこかでメンテすることになったら、その後手拭きができると推定します。
Img_3203

中には小さな油差しと工具4本。
Img_3210

油差しと工具一式 
Img_3213

スパナ―類
Img_3211

次回は、別の道具箱を取り上げます。

2022年3月 4日 (金)

Tool Kit (Part 2)

次回この記事の日本語版を投稿します。

In the previous post "Tool Kit (Part 1)" we examined a metal tool box that attached directly behind the top of the seat tube.  In this post we shall take a look at another tool kit; one made of leather and specifically designed for hammock saddles

Here is the leather tubular tool kit specifically designed to fit inside the hammock saddle frame loops.
Saddle_and_bag_20220223095201
Img_3232
Img_3234
Img_3235

 Img_3219
Img_3222

The kit is designed as a tube within a tube.
That is, an outer tube (case) and an inner tube containing the tools.
Img_3220

Img_3226

The tools are wrapped in an orange cloth.
The cloth prevents the tools from jingling and can be used to wipe one's hands after performing any maintenance or repairs.
Img_3203

The kit contains an oiler and set of four spanners.
Img_3210

Oiler
Img_3213

Set of four spanners
Img_3211

In the next English post we shall continue to look at vintage Japanese tool kits.

2022年2月19日 (土)

道具箱 (第一回)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

➀昭和自転車【導入偏】, ②現代の作りと違う【前半】【後半】で現代の自転車にはない昭和自転車の特徴をある程度までまとめました。
しかし、まだまだ特徴があります。
その一つは金属製の道具箱です。

金属製の道具箱は紳士用自転車にも婦人用自転車にもシートチューブの裏上に取り付けられていました。

紳士モデル
Img_3060
Img_3063b

婦人モデル
Img_3061
Img_3062b

昭和30年前後の金属製の道具箱。
Img_3070

黒エナメル塗装金線引きと金色文字
Img_3068

左開きでワイヤ取手を上に上げると開きます。
Img_3078

中には小さな油差しと工具4本。
Img_3076

油差しと工具一式
Img_3081

表面にがありますが、未使用のようでした。
Img_3084

緑エナメル塗装と金線引きと金色文字版
Img_3095

次回、別の道具箱を取り上げます。

より以前の記事一覧