パーツ関係 (Parts Related)

2016年8月19日 (金)

Mountain Day & Nichibei Fuji (Part 1)

次回、この記事の日本語版を投稿します。

Starting this year (2016) Japan instituted a new national holiday called Mountain Day which will be held every August 11th. So what does Mountain Day have to do with bicycles you may ask? By far the most famous of all mountains in Japan is Mt Fuji. Mt Fuji is not only a symbol of Japan but the trademark of one of Japan’s most famous bicycle manufacturers, Nichbei Fuji. The company was known to go to great lengths to design-in their trademark into parts. Examples can be seen in the four post Fuji Feather Series (Post 1, 2, 3, 4). To commemorate Japan’s first Mountain Day let’s take a look at one of the most well-known parts that Nichibei Fuji designed and produced in the fashion of Mt Fuji, the infamous Nichbei Fuji fender ornament.

Fender ornaments roughly came in two styles the figure (Japanese link only) and plate type (Japanese link only) .  The Mt Fuji shaped Nichibei Fuji fender ornaments may be considered a combination of the two since it was predominantly a plate type but shaped in the form of Mt Fuji.

Very old and rare hand painted version of the Nichibei Fuji fender ornament.Img_2345_2

Casted all chrome version complete with low hanging clouds.  This must have been on a high-end model as it is nearly 3mm thick and quite heavy.Img_2339_2

The most common version of the moutain shaped Nichibei Fuji fender ornament.Img_2334_2

Nichibei Fuji also used model names as in this case the "Hao" (Supreme ruler or King of kings) Nichibei Fuji's top of the line model.
Img_2333

The "Oni" (Japanese demon or ogre) model.Img_2343_2O

A later version of the Oni.
Img_2341_2

Although the mountain shaped fender ornament was without a doubt the most prevalent style, Nichbei did occasionally use a different style as shown below which was found on some later Hao models.
Img_2340_2

In Mountain Day & Nichibei Fuji (Part 2) we will take a look at another interesting part that Nichibei Fuji designed in the Mt Fuji trademark .

2013年5月 5日 (日)

If you are going to put your name on it, it better be good.

次回、この記事の日本語版を投稿します。

I have mentioned numerous times that nearly each part of vintage Japanese bicycles from the 1950's bore the manufacturer's name or company logo, right down to the tiny fender stay screws. 

It is not rare for a single part to have the company logo or name more than once.  Take a good quality leather saddle for example.  A high-end leather saddle will have the manufacturer's logo/name four times:  once on each side, once on the rear and once on the top.  Let's take a look.

P1210503

First two logos can be found stamped into the leather on the left and right sides.P1210513P1210505

The third logo along with the company name can be found on the badge attached to the rear of the saddle.
(Note there is no JIS mark on the badge denoting that this saddle was manufactured before 1958.
Take a look at the metal framed saddle bag slots and braided chrome suspension coils. Certainly don't make them like they used to (Part 1 video)P1210515P1210508

The fourth logo marking is found stamped on the top of the saddle.P1210516P1210511

Heavy? Yes. But you don't need to wear special padded pants when you ride a bicycle with one of these saddles, because comfort is built-in.
High quality, superior comfort, beautiful and built to last a lifetime...you better believe it.
And that is exactly why I am totally sold on bicycles from the 1950's, because they were crafted to surpass the end-users' expectations.

Yep, they surely do not make them like they used to (Part 2 video).

   

2013年3月 1日 (金)

自転車鑑札

I'll be back with another post in English soon, until then stay trued and happy wheels.

以前、昭和20年代後半30年代前半「自転車」が非常に貴重で、現代の自動車と同じような地位だったことを何回か取り上げました。
庶民の手が届く唯一の交通手段でしたが、当時2ヶ月分もの給料が掛かりました。
手が届かない人は時間単位で借りていました。
リアカーが付いていた重運搬車・軽運搬車は、町の個人店のトラックの役割でした。
現代の高級車のように自転車は皆 風切が付いていました。
そして、あまり知られていないことですが、当時自転車は課税対象でした。
Jitenshaquest_1

戦前にも自転車税がありましたが、戦後に復活し、昭和25年~33年まで自転車税(一台200円)がありました。これは市町村で管理されました。
登録地域によって鑑札(プレート)のデザインが異なりました。
主にリア泥除けに付けられましたが、ハンドルに付けるものもありました。
P1190317

この鑑札には、登録番号(三一五)と地方名(北條町)が刻印されていました。
まるで現代の自動車やオートバイのようです。
P1190316

P1190315

ハンドルに付けられた珍しい鑑札を見てみましょう。
このデザインは防犯防止も含まれています。
「1294」の数字に注目して下さい。
数字の中央部分にプレートのようなものがあります。
これをスライドして取り外せるようになっています。
Jitenshaquest_1
写真は自転車クエストのご提供
自転車クエスト

プレートをスライドして取り外すと赤い空間になります。
Jitenshaquest_2
写真は自転車クエストのご提供 自転車クエスト

意図は、オーナーが目的地に着いたら、鍵を掛けてプレートを外して持って行きます。
用事を済ましたら、プレートを差し込んで鍵を解除します。
万が一、自転車が盗まれたら、 赤い空間で盗まれたことがばれます。
アイデアは悪くはないですが、離れている間にプレートをなくしてしまったら、犯人と間違えられてしまうかもしれません。

愛知県名古屋市の自転車クエスト様のご協力に御礼申し上げます。

珍しい自転車鑑札の写真をお持ちの方、是非写真を送ってください。 showajitensha@hotmail.co.jp

2013年2月16日 (土)

Bicycle Tax & License Plates

次回、この記事の日本語版を投稿します。

I have mentioned repeatedly how "bicycles" in Japan during the early 1950's were prized possessions; similar, if not even exceeding, that of automobile ownership today.  They were the only affordable private transportation for the vast majority of households and small businesses. They were expensive costing around two months' salary or more; people and businesses paid on installment plans to purchase them; those who could not afford them rented them by the hour; carrier cycles and utility cycles attached with trailers to haul goods filled the niche of trucks for local small businesses; much like luxury cars of today, bicycles proudly bore a fender ornament(link Japanese only) indicating the manufacturer.  And, to drive this point of bicycles having a similar status as that of automobiles, one often overlooked fact is that from 1950-1958 bicycles in Japan were taxed and had license plates.Jitenshaquest_1
This tax was implemented by the local municipality (town/city) whereby each bicycle had to be registered, and after paying the tax of 200 yen, a "license plate"was attached.  Since the local municipality oversaw the implementation of the "bicycle tax", the design of these "license plates" varied from town to town.

One of the more popular form of license plate design were those attached to the back of the rear fender.
P1190317

The license plate had the name of the municipality and number.  Much like a license plate on today's automobile which typically bears the state or prefecture.P1190316

P1190315

One unique and interesting concept was a form of the license plate attached to the handlebars.  The interesting point is that the design incorporated an anti-theft device. Notice the license plate below bears the numbers 1294.  Also,  if you look closely, there appears to be a strip running across the middle of the numbers.  This strip is actually a removable sliding plate.
Jitenshaquest_1
Photo courtesy of Jitensha Quest
自転車クエスト

Remember that bicycles were prized possessions, cost two months' salary and were not that difficult to steal.  When the sliding plate is removed it leaves a red blank shown in the photo below.
Jitenshaquest_2
Photo courtesy of Jitensha Quest 自転車クエスト

The intention was that when the owner arrived at the desired destination, after locking the bicycle, the owner removed the sliding plate and took it with them. When they returned to the bicycle they inserted the sliding plate.  If, while they were away, someone were to steal the bicycle the red blank was a dead give away that the bicycle was stolen. Like many things in life, it probably seemed like a good idea at the time, but was unpractical as the owner could lose the sliding plate and be mistaken for having stolen his own bicycle!

Many thanks to the bicycle shop Jitensha Quest (Japanese only) located in Nagoya, Aichi Prefecture for allowing me to use the above photos.  If you have photos of any interesting license plates that you would like to share with other vintage bicycle enthusiasts please send them to showajitensha@hotmail.co.jp

2012年10月21日 (日)

雨除けカバー

I'll be back with another English post soon, until then stay trued and happy wheels.

先日、古き良き自転車の愛好家から写真付き「雨除けカバー」について問い合わせをいただきました。
下記の白黒写真が送られてきて、雨除けカバーを自作される予定だそうです。
何か情報はありませんか?というような内容でした。

130
Photos: 「写真が語るふるさと河原」

Epson013
Photos:  アーカイブス出版「薗部 澄写真集 追憶の街 昭和30年~昭和36年 埼玉」

3年くらい前に、古い自転車屋さんに未使用の雨除けカバーをいただきました。
表は紺色の厚みがあるカンバスで、裏は黒いゴムのような生地で防水製ばっちりで作られています。.
P1160275 P1160286

自転車に付けるのは非常に簡単で1分しか掛りません。
上の部分の紐をハンドルに結び付けます。

P1160468

下の両側の紐がループになっている部分を軸の両側に掛けるだけで取り付け完了。P1160425

P1160443 P1160444

骨組みは2本、一番上に横棒と泥除けのところにもう一本。

風の抵抗や安全性が少々気になります。

P1160449 P1160467

P1160477

2012年10月14日 (日)

Rain Cover

次回、この記事の日本語版を投稿します。

I was recently contacted by a fellow vintage Japanese bicycle enthusiast who sent me the following vintage photos of bicycles with rain covers and wanted to know if I had any information on rain covers as he is interested in fabricating one.130
Photos: 「写真が語るふるさと河原」

Epson013
Photos:  アーカイブス出版「薗部 澄写真集 追憶の街 昭和30年~昭和36年 埼玉」

I actually acquired one of these rain covers a few years back from an old bicycle shop. They are made of two or possibly three ply material; a heavy canvas tent like material on the front and a black rubber material on the back.  No doubt extremely waterproof.
P1160275 P1160286

They attach in minutes by simply tying to the handlebars and slipping the loops at the bottom on to the front axle

P1160468

Loops that slip on to the front axle.P1160425 .
P1160443 P1160444

P1160449 P1160467

P1160477

I imagine that the wind resistance these must create surely attributed to their downfall.  A sudden gust in a storm could easily blow the rider into traffic.

 

2012年9月22日 (土)

片手で両ブレーキ

I'll be back with another English post soon, until then stay trued and happy wheels!

今回、少し珍しいロッドブレーキハンドルを見てみたいと思います。
このハンドルは非常にシンプルな仕掛けで、フロントブレーキレバーを握るとリヤブレーキも掛かります。

一般的には、自転車に乗った状態では、
右のブレーキレバーがフロントブレーキ、左のブレーキレバーはリヤブレーキになっています。
それぞれのブレーキが独立しています。

一般的なロッドブレーキを見てみましょう。
これは自転車に乗ったままではなく、自転車を前から見た状態です。

ロッドが2本で、それぞれにブレケットが付いています。
短い方はフロントブレーキ用、長い方はリヤブレーキ用です。

Normal2_j

次は、非常にシンプルな仕掛けでフロントブレーキレバーを握るとリヤブレーキも掛るハンドルを見てみましょう。

まず、そのシンプルの仕掛けから。
上記の写真と下記の写真を見比べれば、上の方と違って、下の方がリヤブレーキ用のブラケットにバーが付いています。
このバーはフロントブレーキ用のブラケットの下に通っています。P1130988_j

リヤブレーキ用のブラケット、いくつかの角度から見てみましょう。
注意: フロントブレーキ用ブラケットに対しての位置。P1130989j

P1130996_j

実にシンプルな仕掛けです。
フロントブレーキレバーを握るとフロントブレーキ用のブラケットが上がりリヤブレーキ用ブレケットバーに当たって同時に両方のブレーキが掛かります。P1140004j

なぜ、このような仕掛けを作ったか理由は分かりません。
出前?郵便配達?
推測でもいいですが、お分かりになる方がいらっしゃればご連絡ください。showajitensha@hotmail,.co.jp

2011年11月26日 (土)

黒い車体に金線引き

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

黒い車体に金線引き.
昭和20年代後半~30年代ごろの自転車の特徴の一部は「現代の作りと違う 前半」「後半」にまとめてあります。
もう1つの特徴は金線引きです。

下記の写真をクリックして拡大して下さい。
金線引きのアクセントが実に綺麗です。
注: 前泥除け、後ろ泥除け、トップチューブ、ダウンチューブ、シートチューブ、シートステー、フォークなどすべて金線引き。
Img_7860

昭和20年代後半~30年代前半は実用車・運搬車の黄金時代でした。
当時は庶民の唯一の交通手段。
2~3ヶ月分の給料が掛かり、税金対象でまるで現代の自動車の地位のようなものでした。

驚くことに、よく見てみると金線引きは手書き!
このように心を込めた、凝った物作りに惹かれます。
味があるというか、まるで物作りに注いだ心が映るようです。
二線二色の場合は少なくはありません。
会社によって使う色合いもこだりもあったようです。

太い赤線の周囲に細い金線(下記)
2本平行線で外側は金線、内側は赤線かオレンジ線か白い線など。
2本平行線で2本とも金線もありました。Img_9533
上写真: 富鹿重運搬車のフォーク
(長寿自転車商会の谷田部氏所有)

金線引きの良さが良く分かるように写真の上をクリックして下さい(拡大)。
注: 金線も中央の赤線も手書き。
金色の転写マーク(デカール)もエレガント。
Img_7695Img_7660Img_7750

Img_0106

025
上記の写真は自転車愛好家、トミーさんのBicycle FanとHPからです。
ご本人の コレクションも素晴らしい。

このブログの目的は、
国内外の方々に、当時(昭和20年代~30年代ごろ)の自転車の素晴らしさを分かっていただくためです。
今回の限られた例で、当時の自転車が工芸品のようなものであったことが、おわかり頂けましたでしょうか。   

2011年11月19日 (土)

Black & Gold

次回この記事の日本語版を投稿します。

Black & Gold.
There are many distinctive features of vintage Japanese bicycles from the 1950's as compiled in They Don't Make Them Like They Used to Part 1 and Part 2.  One of these distinctive features is black bicycle with gold pinstriping.  Click on the photo below and note the gold accent all over the bicycle.
Note: Front fender, rear fender, top tube, down tube, seat tube, fender stays, forks are all meticulously outlined in gold.
Img_7860

I believe the 1950's to be the golden age of utility and carrier cycles in Japan.  At that time bicycles were the only affordable means of private transportation.  They held the status of an automobile and cost two to three months' salary.

Up close one can recognize that the pinstriping is hand painted.  Many are two tone, each company apparently having their own preference and pattern.
Gold line with red center (below), gold with orange inner line, gold with inner white line, gold dual lines, etc.

Img_9533
Photo:  Close-up of pinstriping on front fork of Tomishika heavy duty carrier cycle.
Photo courtesy of Mr. Yatabe, my dear friend and mentor at Long Life Cycles (長寿自転車商会).

The fancy gold leaf is a transfer (decal), not hand painted, but still very elegant.
Again, pinstriping is hard to see so as with all the photos in this post please click on to enlarge for a better view.
Img_7695Img_7660
Img_7750

Img_0106

025
Above photo courtesy of fellow bicycle enthusiast Tommy over at Bicycle Fan.  Be sure to check out his amazing collection and gallery.

I hope that these few photos aid in a better perspective of vintage bicycles and that one can realize the craftsmanship in hand painted pinstriping.  I think you will agree that the gold accent of the pinstriping is truly artistic.   

2011年11月12日 (土)

松O様からの風切り

I'll be back with another English post soon, until then stay trued and happy wheels.

毎週、国内外の古い自転車ファンからメールを数件いただいております。
主にレストア・修理・年式調査依頼など。
この間、富士山の近くに住んでいらっしゃる松O様からいつもと違うメールを頂きました。
「 いきなりのメールすみません。
倉庫を片付けてましたら風切りが出てきました。
もし、ご要りようでしたら、差し上げます」とのこと。

添付を開いたら下記の写真。
Kazekiri.
感動しました。
捨てずにインターネットで大切にする人をわざわざ探されました。
こちらはNPOのようで非営利で1950年前後の自転車のレストア及び研究をしています。
応援してくれて誠に感謝しています。

古き良き日本製自転車が好きな方々は、上の写真を一目で日米富士(左上)や宮田(右上)とすぐ分かると思います。

同じ自転車会社の4種類の風切りがありました。
「ペン印の自転車」で商標は十字に交差している万年筆の先端。
電気製品の前時代でカタログに自転車・手回しか踏み回しミシン・蓄音器・ゼンマイ掛け時計・万年筆など。

看板(板)式
最も古い風切りの種類.
P1120129

フィギヤー式
恐らく重要運搬車用の風切り
P1120125_2P1120130

社ロゴに翼式.
恐らく軽快車用の風切り
P1120127   

万年筆は、当時は貴重なものでした。
インクに浸す筆より最新技術で精密加工なので、おかしくない商標でしょう。

P1120131

改めて、松O様、ご支援ありがとうございました。
 

より以前の記事一覧