パーツ関係 (Parts Related)

2023年1月28日 (土)

Front Headlamp (Headlight) Part 5

次回、この記事の日本語版を投稿します。

In Part 1 of this series Front Headlamp (Headlight) we began looking at vintage Japanese bicycle headlamps, and, examined the various mounting locations and hardware (brackets) in Part 2.  In Part 3 and Part 4, respectively, we examined the features that typically signify the headlamps before and after 1955. In this post, Part 5, we will look at some interesting headlamps.

1. Pilot light
Starting in the mid-1950s some models came equipped with a pilot light.  The pilot light was a smaller light bulb which was not as bright, nor as big, as the main light bulb, kind of a low-beam, high-beam function on automobile headlights.
Img_5368
Some models had switches to change back and forth between the pilot light and main light.
Img_5376
Img_5370
This particular model, as we saw in Part 4, has the typical features of a mid-1950s headlamp; bullet-shaped, hinged front cover, push-button opening, and single flange.
Img_5373
Img_5371
This model is a National, manufactured by Sanyo Electric Co., Ltd.
Img_5378

Another example of the pilot light, this one made by Hatsune.
Img_5391
The same concept of two bulbs, one pilot light and the other the main light.
Img_5383
This particular model, again as we saw in Part 4, has the typical features of a mid-1950s headlamp; bullet-shaped, hinged front cover, screw-opening, and single flange.
Img_5384
Img_5379
Img_5381
Interestingly, this model houses not only a spare main light bulb but also a spare pilot light bulb.Img_5382

2. Headlamp & speedometer
Though not from the 1950s, here is an interesting model that comes with a built-in speedometer manufactured by Sankyo.
Note:  Special thanks to Mr. Yatabe, owner of CHOJU JITENSHA SHOKAI (Long Life Bicycle Shop) in Komae City, Tokyo, who at 94, is still fixing flats, repairing bicycles and kindly shared with me the following headlamp.
Img_5390

Img_5386
Img_5387
Img_5388

 

2023年1月14日 (土)

ヘッドランプ 第4回

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels. 

このヘッドランプ連載では、
ヘッドランプ第1回」(国産ヘッドランプの紹介)
ヘッドランプ第2回」(さまざまな取り付け位置とランプ掛け)
ヘッドランプ第3回」(昭和30年以前
3つの特徴)
今回の投稿では、ヘッドランプが 31年(1956)以降であることを示す特徴を見ていきます。

1. 弾丸型
昭和31年(1956年)以降、モデルラインナップの主流は弾丸型。
Img_5335
Img_5334  

昭和32年(1957)カタログ
Img_2950

2. ガラス製レンズ
弾丸型に加えて、レンズ (フロントガラス)サイズの主流は 2" 7/8 吋(約73mm) 未満です。
Img_5337
2" 3/4 吋 (約 70mm)
Img_5338

3. フロントカバー 
⓵ 扉開き式
ちょうつがいでフロントカバーとボディに繋いでいて扉開きで開きます。 
Img_5345
Img_5347

⓶フロントカバーを開けるには本体の側面にプッシュボタンまたは小さなネジで解除します。
小さなネジ
Img_5340

小さなネジを緩める
Img_5341

フロントカバー解除
Img_5343

③ 電球ソケットはフロントカバーのリフレクター部に嵌っています。
Img_5344

4. ランプ掛け用フランジ
ヘッドランプのベースにあるクランプ ジョイントにはスペーサーがなく、フランジ一つです。

スペーサー無し
Img_5348

フランジ一つ
Img_5349

この連載の次回では、いくつかの興味深いヘッドランプ デザインを取り上げます。

 

2023年1月 7日 (土)

Front Headlamp (Headlight) Part 4

次回、この記事の日本語版を投稿します。

In Part 1 of this series Front Headlamp (Headlight) we began looking at vintage Japanese bicycle headlamps, and, examined the various mounting locations and hardware (brackets) in Part 2.  In Part 3, we examined the three features that, when all are present, typically signify the headlamp is mid-1950s or older. In this post, Part 4, we will look at the features that signify the headlamp may be mid-1950s or younger.

1. Bullet Shape
From 1956 onward the predominant style in the model lineup is the bullet shape.
Img_5335
Img_5334  

Bicycle catalog 1957
Img_2950

2. Lens Size
Along with the bullet shape, the predominant lens sizes are less than 2" 7/8 (73mm).
Img_5337
2" 3/4 inch (approx. 70mm)
Img_5338

3. Front cover 
⓵ Hinged
The front cover is hinged. 
Img_5345
Img_5347

⓶Front cover typically opens with either a push button, or, tiny screw located on the side. 
Img_5340
Img_5341
Img_5343

③ The lightbulb socket fits inside the reflector in the front cover.
Img_5344

4. Clamp Joint
The clamp joint at the base of the headlamp has no spacer and is commonly a single flange.
No spacer
Img_5348

Single flange
Img_5349

In the next installment in this headlamp series, we will take a look at some interesting headlamp designs. 

 

 

 

2022年12月25日 (日)

ヘッドランプ 第3回

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels. 

このヘッドランプ連載では、
ヘッドランプ第1回」で国産ヘッドランプの紹介をし始めて、
ヘッドランプ第2回」ではさまざまな取り付け位置とランプ掛けを見てきました。

今回の投稿では、古いヘッドランプに対する3つの特徴を取り上げます。
3つとも付いていればヘッドランプが 昭和30年以前であることを示します。

1. ガラス製レンズ
フロントガラス(レンズ)の直径が 79.3mm ~ 82.5mm(3" 1/8 ~ 3" 1/4 吋)。

Img_5315
Img_5314

2. フロントカバー 
 ①ねじ込み式
フロントカバーの取り付け・取り外し方はフロントカバーをねじってつけるかねじってとります。
Img_5304
Img_5310

 ②電球は本体内部のライトソケットに収納。
Img_5305
Img_5312

 ③フロントカバーの縁は丸みを帯びている。
Img_5290

3. ランプ掛け用フランジ
ヘッドランプのベースにある継ぎ目は 2 つのフランジがあります。
Img_5282_20221208202601
Img_5313

代表的なヘッドランプ製造会社:  ナショナル (松下電器), 三洋, 三共, ハツネ、サンライト、オグラ, 岡田など。
リアテールランプが標準装備だったのは興味深い。
(昭和26年のカタログ) 
Img_1773

次回、昭和30年以降のランプの特徴を取り上げます。

2022年12月 9日 (金)

Front Headlamp (Headlight) Part 3

次回、この記事の日本語版を投稿します。

In Part 1 of this series Front Headlamp (Headlight) we began looking at vintage Japanese bicycle headlamps, and, examined the various mounting locations and hardware (brackets) in Part 2.  In this post, Part 3, we will look at the three features that, when all are present, typically signify the headlamp is mid-1950s or older.  

1. Lens Size
The diameter of the front glass, also refered to as the lens, is 3" 1/8th to 3" 1/4th inch (79.3mm to 82.5mm) in diameter.
Img_5315
Img_5314

2. Front Cover 
 ①Screw type
    The front cover opens by unscrewing it from the main body.
Img_5304
Img_5310

 ②The lightbulb is housed in a light socket inside the main body.
Img_5305
Img_5312

 ③The rim on the front cover is rounded and there is no lip.
Img_5290

3. Clamp Joint
The clamp joint at the base of the headlamp has two flanges.  
Img_5282_20221208202601
Img_5313

Headlamp manufactures include:  National (later Matsushita), Sanyo, Sankyo, Hatsune, Sun Light, Ogura, and Okada.
It is interesting to note that rear tail lamps were a standard feature. 
(1951 catalog) 
Img_1773

In the next post we shall look at the features that typically signal the headlamp may be mid-to-late 1950s.

2022年11月27日 (日)

ヘッドランプ 第2回

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels. 

注: 東京都狛江にある長寿自転車商会の店主谷田部氏に感謝します。
93 歳で日々パンク修理、タイヤ交換などの自転車修理をしている間に、自転車のヘッドランプ 掛けの種類を親切に教えて下さいました。

前回の投稿「ヘッドランプ第1回」でヘッドランプの紹介を始めました。
この投稿では、5 つの取り付け位置とハードウェア (ヘッドランプ掛け) を見てみたいと思います。
60 年以上前の白黒写真に特に注目し、さまざまなヘッドランプの取り付け位置をよく見てください。

1.ヘッドセットに取り付けられたヘッドランプ掛け
P1120622
Img_5209

Img_5208_20221105165301
Img_5230_20221106145201
Img_5231_20221106145201

2. ハンドルの上に取り付けられたヘッドランプ掛け
P1120835
Img_5234
Img_5235
Img_5237

この取り付け位置の理由は、前かごが導入され、主に婦人用自転車の間で人気が高まったためです.
ただし、この取り付け位置の問題は、かごに大きな荷物を入れると、光線が遮られることでした。
P1120864_20221031103601

補足: ①子供が乗っている場所に注目してください。
    最初の写真では、子供がおんぶひもで母親の背中におぶさっ
    て乗っています。
    2番目の写真では、子供がリヤ荷台の上に置かれたクッション
    に座って乗っています。
   ②また、前かごの導入によって風切りが廃止された原因の一つ
    になったのは重要な事実です。

3. 前かごに取り付けられたランプ掛け
上記(2.)のかご内の荷物が光線を遮る問題を解決するために、ヘッドランプをかごの前面に取り付けました。
P1120590

構成は、上記の(1.)で説明したヘッドセット用のランプ掛けに取り付けられたかご掛け(下の写真の左)と、かごの前面下部に取り付けられたかご用ヘッドランプ掛け(下の写真の右)でできています。
Img_5240
Img_5241

4. 前輪軸に取り付けられたヘッドランプ掛け
上記(2.)のかご内の荷物が光線を遮る問題を解決するためのもう1つの取り付け位置は、ヘッドランプを前輪軸に取り付けることでした。
P1120547 

ランプ掛けの穴は、前輪軸の右側に取り付けられました。
Img_5216
Img_5215
Img_5218
Img_5219_20221106145401

5. ハンドルのポストに取り付けられたヘッドランプ掛け

このヘッドランプ掛けは非常に古く、第二次世界大戦前にさかのぼります。
このランプ掛けのデザインと素材の厚さを前述のランプ掛けと比較してください。
一般的に、古いものほど重くて強い物だといつも思います。
Img_5244
Img_5243

2022年11月11日 (金)

Front Headlamp (Headlight) Part 2

次回この記事の日本語版を投稿します。

Note:  Special thanks to Mr. Yatabe, owner of CHOJU JITENSHA SHOKAI (Long Life Bicycle Shop) in Komae, Tokyo, who at 93, is still fixing flats and repairing bicycles and kindly shared with me the following information related to bicycle headlamp brackets.  

In the previous post "Front Headlamp (Headlight) Part 1" we began taking a look at headlamps.  In this post we shall take a look at the five different mounting locations and hardware (headlamp brackets).  Pay particular attention to the black and white photos from over 60 years ago, and, note the various headlamp mounting locations.  

1. Headlamp bracket fitted to the headset  
P1120622
Img_5209

Img_5208_20221105165301
Img_5230_20221106145201
Img_5231_20221106145201

2. Headlamp bracket mounted on top of the handlebars
P1120835
Img_5234
Img_5235
Img_5237
The reason for this mounting location is that baskets were introduced and grew in popularity predominantly among ladies bicycles.  However, the issue with this mounting location was that when large items were placed in the basket they blocked the light beam.
P1120864_20221031103601
Side notes:
  ①Notice where the children ride. In the first photo above the child is riding strapped to the mother's back, and, in the second       photo the child is riding seated on a cushion placed atop the rear carrier. 

  ②It is also important to note here that front baskets contributed to the demise of the front fender ornament

3. Headlamp mounted to front basket
To resolve the above (2.) issue of items in the basket blocking the light beam, headlamps were mounted to the front of the basket.  
P1120590
The setup consisted of a basket bracket (left in photo below) fitted to the headset lamp bracket mentioned in (1.) above, and a basket headlamp bracket (right in photo below) fitted to the front bottom of the basket.  Img_5240
Img_5241

4. Headlamp mounted to front axle
Another mounting location to resolve the above (2.) issue of items in the basket blocking the light beam, was to mount the headlamp to the front axle.
P1120547 

The hole in the bracket is fitted to the right-side of the front axle.
Img_5216
Img_5215
Img_5218
Img_5219_20221106145401


5. Headlamp mounted to handlebar post
This headlamp bracket is very old, dating back to pre-WWII.  Compare the design and material thickness of this bracket with the others. It always strikes me that typically, the older something is, the heavier and stronger the item is. 
Img_5244
Img_5243

2022年10月30日 (日)

ヘッドランプ 第1回

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels. 

➀昭和自轉車(導入編-)」、「②現代の作りと違う【前半】」、「③現代の作りと違う【後半】」3つの動画で、 現代の自転車にない特徴をいくつか紹介しました。
しかし、まだまだあります。ランプはその一つ。

現代の自転車では、ヘッドランプはあまり目立ちませんが、昭和自転車では、ヘッドランプが際立っていました。
当時、特に農村地域では道が舗装されていなくて街灯も少なかったです。

Img_9296
Img_9304
Img_9333
Img_9300 

ヘッドランプはランプ掛けに取り付けられました。
最も一般的なランプ掛けがヘッドセットに取り付けられました。
Dsc06656_20221014142601

ランプ掛け (黄色)
Headlamp-bracket-1

ランプ掛け
Img_5208

ほぼすべての部品と同様に、ヘッドランプ 掛けにもメーカーの商標が付いています。
(富士重工のRabbit)
Img_5210

次回の投稿では、他のオプションの取り付け位置とそれらの金具(ランプ掛け)を見ていきます。

2022年10月14日 (金)

Front Headlamp (Headlight) Part 1

次回この記事の日本語版を投稿します。

In the three videos "➀Vintage Japanese Bicycles (Introduction)",   "②They Don't Make Them Like They Used To (First Half)" and  "③ (Second Half)" I captured some of the features of vintage Japanese bicycles that are no longer commonly found on today's bicycles.  But there are still many others, such as the front headlamp or headlight.

On today's bicycles, headlamps are not very conspicuous, but on vintage Japanese bicycles headlamps were a prominent feature.  Keep in mind that paved roads and streetlights were not as common as today, especially in rural areas. 
Img_9296
Img_9304
Img_9333
Img_9300 

Headlamps were mounted on brackets; the most common bracket was fitted to the headset.Dsc06656_20221014142601

Headlamp bracket (highlighted in yellow)
Headlamp-bracket-1

Headlamp bracket
Img_5208

Like nearly all parts, the headlamp bracket bore the manufacturer's trademark.
(Photo below:  Fuji Kogyo ”Rabbit")
Img_5210

In the next post we shall take a look at some of the other optional mounting locations and their hardware/brackets.

2022年10月 1日 (土)

リヤカー鑑札

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels. 
Img_5157
何年か前に、自転車鑑札を4回連載しました。(未読の場合、下記のリンク参照)
鑑札・標識・籍証①
鑑札・標識・籍証②
鑑札・標識・籍証③
鑑札・標識・籍証④

このブログで何回も言及していますが、昭和20年代後半30年代前半「自転車」は非常に貴重で、現代の自動車と同じような地位だったことを何回か取り上げました。

庶民の手が届く唯一の交通手段でしたが、当時2ヶ月分もの給料が掛かりました。
手が届かない人は時間単位で借りていました。
リヤカーが付いていた重運搬車・軽運搬車は、町の個人店のトラックの役割でした。
現代の高級車のように自転車には 風切が付いていました。
そして、あまり知られていないことですが、当時自転車は課税対象でした。

しかし、自転車のみならずリヤカーも登録して鑑札を付ける必要があり課税対象でした。
自転車にリヤカーを連結すると人力のトラックに変わります!!
 40d76fcc8dcbd39997509783758ab256 
Taake’s写真館

何年も掛かりましたが、昭和20年年代後半のリヤカー鑑札を手に入れました。

まず、自転車の鑑札よりリヤカーの鑑札の方が小さいです。
自転車税は地方税ででしたので、鑑札の形状や大きさは地方によって異なりました。
下の写真では、同じ地方(名古屋)の自転車用とリヤカー用鑑札を比較しています。
上は昭和28年リヤカー鑑札、下は昭和31年自転車鑑札

Img_5158

左:自転車鑑札
右:リヤカー鑑札
Img_5159 
リヤカー鑑札を詳しく見ましょう.
Img_5150

自転車鑑札と同じように、リヤカー鑑札はリベット(カシメ)で取り付けられていました。
「解破・無効」と刻印されています。
Img_5156

左上:リヤカー
Img_5154

右上:鑑札
Img_5155

左下:名古屋市
Img_5153

右下:昭和28年制定
Img_5152

鑑札は、日本が自動車社会になる前の 昭和20年代~昭和30年代前半にかけて自転車が地域の主役、主要な交通手段だったことを思い知らせます。
また、中小企業の場合、自転車に連結したリヤカーでトラックの役割を果たしました。
P1120444
BCC

 

より以前の記事一覧