パーツ関係 (Parts Related)

2020年7月31日 (金)

Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 4)

次回この記事の日本語版を投稿します。

In the previous three posts, Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 1), Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 2), and Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 3) we took a look at the three most popular sprung leather bicycle saddle styles from the 1950's: hammock saddle (800 series)3-spring saddle (750 series) and 900 series.

Starting with this installment we shall begin to look at a few of the lesser known styles from the 1950's.  First up is this unusual design. Depending on the manufacturer the model number varied but was most commony referred to as the 500 series, with other variants depending on the type of suspension in the nose.

It has loops in the nose, similar to the 800 series and 900 series, and, two coiled springs in the back similar to the 750 series and 900 series. What sets this sadde apart from the others is its unique base spring (wires) which are looped.

574

Img_9302a

Img_9302c

Img_9307d

Two coiled springs in the back.
Img_9302b

Top profile.
Img_9302e_20200731054701

In the 500 series, as previously mentioned, different model numbers for different suspension in  nose.
Compare the following.

560
560

570
574

590
Img_9333-copy

In the next English post we shall continue to take a look at another saddle model from the 1950s.

2020年7月19日 (日)

サス付き革製サドル(第三回)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

今まで「サス付き革製サドル第一回」「サス付き革製サドル第二回」 の記事で、ハンモックサドル3本付きサドルを見て来ました。
私はオールドスクール(保守的)なので、
なるべくシンプルで作りがよいモノを選び、マスマーケティングや流行に流されないように気を付けている、
と述べました。

シンプルで本物の材質で作られているものを手入れし、より長持ちさせるのが好きです。
手入れをすれば、そのモノが恩返ししてくれると信じています。
革製サドルも手入れすれば乗り心地が良く長持ちします。

この連載では、昭和20年代後半~30年代前半、革製サドルは形よりもサスの種類が多かったです。

今回は、最も一般的なモデルを取り上げます。
それは3本バネサス付きのモデルです。
革製サドル製造会社によってモデル番号が異なっていましたが、3本バネ付きサスサドルは通常750系と呼ばれていました。

今回取り上げるサドルは、ハンモックサドル (800系)3本バネ付きサドル (750系)の組合せモデルです。
この組み合わせモデルは通常9000系と呼ばれていました。

900系
900

前にコイル、後ろにバネ2本。
Img_9279a

先端のコイル
これはハンモックサドル (800系) のデザインからです。
Img_9279e
Img_9279d

後ろのバネ2本。
これは3本バネ付きサドル (750系) デザインからです。
Img_9279c

Img_9279b

鳥瞰図
Img_9279f

900系に主な違いは先端のコイル数と下部のベーススプリング数。
下記の比較して下さい。

 900 A
900-series_20200621144101

900 B
Img_9326

900 C
Img_9327

900系は 800系(ハンモックサドル)750系(3本バネ付きサドル)より部品点数が多い。

Img_9320

次回は、昭和20年代後半~30年代前半(1950年代)の別の革製サドルを取り上げます。

2020年7月 4日 (土)

Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 3)

次回この記事の日本語版を投稿します。

In the previous two posts, Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 1), and Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 2), we took a look at the hammock saddle and  3-spring saddle.  I mentioned that I am old fashioned, I make a conscious effort to appreciate the simple things and not allow myself to be carried away by mass marketing and conspicuous consumption.  I enjoy taking care of things that are made well from genuine materials.  I believe that, if you take care of "something", that "something" will take care of you.  Sprung leather saddles are a good example, if one takes care of the leather, the saddle will provide long lasting comfort, and, last a long time.

In this series we are looking at  a few of the main models from the 1950's, focusing on the suspension as the majority of the saddles varied mainly based more on how the saddle was sprung, i.e. the suspension, rather than the top profile. 

In this installment, let's take a look at a design that is basically a combination of the hammock saddle (800 series) and 3-spring saddle (750 series). Although individual manufacturers had their own model numbers in general this combination of the hammock saddle and  3-spring saddle was commonly known as the 900 series.

900 series
900

It has a loop in the nose and 2-spings in the back.
Img_9279a

Loops in the saddle nose.
This portion of the design is taken from the hammock saddle (800 series) .
Img_9279e
Img_9279d

And, 2-springs in the rear.
This portion of the design is taken from the 3-spring saddle (750 series)
Img_9279c

Img_9279b

Top profile
Img_9279f

The main difference among the 900 series appears to be the number of flat base springs and the size and number of loops in the saddle nose.  Compare the following.

900 A
900-series_20200621144101

900 B
Img_9326

900 C
Img_9327

The 900 series has more parts compared with the 800 series or "hammock" saddle and 750 series 3-spring saddle.

Img_9320

In the next English post we shall continue to take a look at another main saddle model from the 1950s.

2020年6月21日 (日)

サス付き革製サドル(第二回)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

前回「サス付き革製サドル第一回」の記事で、ハンモックサドルを見ました。
私はオールドスクール(保守的)なので、
なるべくシンプルで作りがよいモノを選び、マスマーケティングや流行に流されないように気を付けている、
と述べました。

シンプルで本物の材質で作られているものを手入れし、より長持ちさせるのが好きです。
手入れをすれば、そのモノが恩返ししてくれると信じています。
革製サドルも手入れすれば乗り心地が良く長年持ちします。

この連載では、昭和20年代後半~30年代前半、革製サドルは形よりもサスの種類が多かったです。

今回は、最も一般的なモデルを取り上げます。
それは3本バネサス付きのモデルです。
革製サドル製造会社によってモデル番号が異なっていましたが、3本バネ付きサスサドルは通常750系と呼ばれていました。

750系
Img_9322-750-series

バネは全部で3本。
Img_9278a

前にバネが一本。
Img_9278c

後ろにバネが2本。
Img_9278b

鳥瞰図
Img_9278d  

750系は最もスタンダードモデルで、子供用や婦人用を別にしてモデルの主な違いは塗装サスかメッキサスとお洒落なバネ。
下記を比較して下さい。

750A (塗装サス)
Img_9322

750B (メッキサスとお洒落なバネ)
Img_9323

品があるお洒落なばねのアップ。
Img_2381

750系は 800系の「ハンモック」サドルより部品点数が若干多い。

Img_9321

次回は、昭和20年代後半~30年代前半(1950年代)の別の革製サドルを取り上げます。

2020年6月 6日 (土)

Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 2)

次回この記事の日本語版を投稿します。

In the previous post, Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 1), we took a look at the hammock saddle.  I mentioned that I am old fashioned, I make a conscious effort to appreciate the simple things and not allow myself to be carried away by mass marketing and conspicuous consumption.  I enjoy taking care of things that are made well from genuine materials.  I believe that, if you take care of "something", that "something" will take care of you.  Sprung leather saddles are a good example, if one takes care of the leather, the saddle will provide long lasting comfort, and, last a long time.

In this series we are looking at  a few of the main models from the 1950's, focusing on the suspension as the majority of the saddles varied mainly based more on how the saddle was sprung, i.e. the suspension, rather than the top profile. 

In this installment, let's take a look at what surely was one of the most common styles, the 3-spring leather saddle. Although individual manufacturers had their own model numbers in general the the 3-spring leather saddle was commonly known as the 750 series.

750 series
Img_9322-750-series

Three springs in total.
Img_9278a

One spring in the saddle nose.
Img_9278c

And, 2 springs in the rear.
Img_9278b

Top profile
Img_9278d  

The 750 was pretty much the standard model and apart from juvenile and lady's models, the main difference was painted or chrome suspension and fancy coil springs.  Compare the following.

750 A (Painted suspension)
Img_9322

750 B (Chrome suspension with fancy coil springs)
Img_9323

Closeup of fancy coil springs.
Img_2381

The 750 series has more parts compared with the 800 series or "hammock" saddle.

Img_9321

In the next English post we shall continue to take a look at another main saddle model from the 1950s.

2020年5月24日 (日)

サス付き革製サドル(第一回)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

私は実にオールドスクール(保守的)です。
なるべくシンプルで作りがよいモノを選び、マスマーケティングや流行に流されないように気を付けています。

シンプルで本物の材質で作られ、使い勝手が良く、ローメンテで長持ちするもの。
一生持つもの。
手入れをすれば、そのモノが恩返ししてくれるモノがいい。

サス付き革製サドルはその一つ。
革靴やブーツ、野球グローブなどの革製品は、使えば使うほど味が出るだけではなくピッタリ体にフィットしてきます。
革製サドルも手入れすれば乗り心地が良く長年持ちます。

昭和20年代後半~30年代前半、革製サドルは形よりもサスの種類が多かった。
今回は第一回ですが、今後もいくつかのモデルを取り上げると思います。

まず、ハンモックというモデル。
クラシックなデザイン。
革製サドル製造会社によってモデル番号が異なっていましたが、ハンモックは通常800系と呼ばれていました。

800

横顔は確かにハンモックに似ています。
Img_9280a

前コイル
Img_9280d

後ろコイル。
Img_9280b

鳥瞰図
Img_9280e

800系はいくつかの種類がありました。
主に前後コイルの径や数によって異なりました。

下記のモデル類を見比べて下さい。

800
800

880
Hammock-880

890
Img_9310

ハンモック(800系)は実にシンプルなデザイン。
パーツ数が最も少なかったモデルの一つ。
Img_9316

次回は、昭和20年代後半~30年代前半(1950年代)の別の革製サドルを取り上げます。




2020年5月 9日 (土)

Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 1)

次回この記事の日本語版を投稿します。

I admit it.  I am old-fashioned. I make a conscious effort to appreciate the simple things and not allow myself to be carried away by mass marketing and conspicuous consumption.  I like simple things that are made well from genuine materials, work well and with care will last a long, long time.  Preferably a lifetime.  I like the fact that, if you take care of "something", that "something" will take care of you.  Sprung leather saddles are a good example.  Leather is great, much like a fine pair of leather shoes, boots,  or a high-quality leather baseball glove, through repeated use they literally mold or conform to one's individual physique for a truly perfect fit.  If one takes care of the leather, the saddle will provide long lasting comfort.

In the 1950's the majority of the saddles varied mainly based more on how the saddle was sprung, i.e. the suspension, rather than the top profile.  In the next few posts I shall introduce some of the main models.

Let's begin with the "Hammock" saddle.  This is a classic design.  Although individual manufacturers had their own model numbers in general the Hammock saddle was referred to as the 800 series.

800

The profile even resembles a hammock.
Img_9280a

Front loops.
Img_9280d

Back loops.
Img_9280b

Top profile.
Img_9280e

In the 800 series, there were other variations, mainly based on additional number of coils or loops in the front and back.
Compare the following models.

800
800

880
Hammock-880

890
Img_9310

The 800 series or Hammock saddle was indeed a simple design.
As will become self-evident over the next few posts it was the 800 series or Hammock saddle which had the fewest number of parts.

Img_9316

In the next English post we shall continue to take a look at another main saddle model from the 1950s.

2019年9月15日 (日)

スタンド類

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

海外の若い昭和自転車愛好家・ジョージさんから次のような内容のメールが届きました。

「昭和20年代後半~30年代前半と思われる山口自転車を手に入れたが、スタンドが欠品している。
リチャードさんの過去のブログを検索してみたがスタンド類及びスタンドの違いについて情報が見つからない。」とのこと。

言われた通り、確かにまだスタンド類とその違いという記事は投稿していません。
今回はそのテーマを取り上げます。

一般的には、普通の一本式スタンドを除けば、基本的にスタンドは次の3種類があります。
(左→右)
1. チャネル式のスタンド
2. 箱式のスタンド
3. キラクスタンド

Img_2035_20190830122801

1.チャネル式のスタンド
紳士用婦人用及び実用車に最も一般的なスタンドです。
バネが装備されて蹴り上げられて降ろしたら立てる状態でロックできます。
主に2種類でチェーンステー取付用とシートステー取付ステー用があります。
Img_2042

チェーンステー取付用チャネル式のスタンド
Img_2035_20190830101901

シートステー取付用チャネル式のスタンド
Img_2034

Img_2028_20190830100801

Img_2023

上の写真の自転車の荷台が小さくてタイヤも細いです。
下記の「2.箱式のスタンド」が付いている自転車写真や「3.キラクスタンド」が付いている自転車写真と見比べれば一目瞭然です。


2. 箱式のスタンド 
この箱スタンドはチャネル式スタンドよりも丈夫で頑丈で実用車にも使われてたこともありますが、一般的に軽運搬車に取り付けられていました。
主にシートステーに取付けられていました。
スタンドの三種類(チャネル式、箱式、キラク)の中で最も珍しいです。
Img_2041


Img_2027

Img_2025

3. キラクスタンド
最も丈夫で頑丈なスタンドで軽運搬車にも使われていましたが、主に重運搬車用でした。
チャネル式や箱式スタンドと違ってキラクスタンドにローラー装備されたお陰で重い荷物積載してもスタンドを上げ下げできます。
主にチェーンステーに取付けられていました。
Img_2036

Img_2019
Img_2030

Img_2033

太いタイヤ(2.5吋か3吋)と大きな荷物を運搬するための大型荷台に注目。
運搬車鉄のロバで積載された状態でスタンドの上げ下げを可能にしたのがローラー付きのキラクスタンドです。

今回の記事がジョージさんの参考になれば幸いです。(英文同記事は前回UP済)

 

2019年3月30日 (土)

Spoke Bell (Video Added)

次回、この記事の日本語版を投稿します。

In the last post "Nichibei Fuji Bell" I listed a link to a revolving bell on Youtube. I received an email from H.G. who watched the video and wrote in with the following request:

"Thanks to your blog I am a believer in that fact that many old things are not junk, but actually a kind of buried treasure.  I was wondering if you could post a simple video of the spoke bell mentioned in an earlier post."  

Indeed, there is a post on the cable actuated spoke bell, as well as the rod actuated spoke bell but no video of either so the request is legitamate and shall be fulfilled.

Spoke bells are an ingenious design, whereby, when the lever attached to the handlebars is depressed, rod-linkage moves a spring held clapper into the spokes, and, as the wheel turns, each spoke then bends and releases the spring held clapper rending a machine-gun of rings:  ding-ding-ding-ding-ding-ding. 

(Okay, H.G. here you go, just click here or on the linked photo below to see and hear the spoke bell in action.)

Spoke-bell-photo

 

2019年3月17日 (日)

日米富士ベル

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

面白いものを見つけました。
それは純正な日米富士 自転車ベルです。

昭和20年代後半~30年代前半の大半の自転車ベルの特徴は、メッキの真鍮製共振器に商標が鋳られています。

Img_1354

主な自転車製造社は各部品に商標を1個以上仕込まれていましたが、日米富士が特にこだわっていたようです。
「そこまでやるか…」とふと呟くくらい全部品に様々な仕掛けで商標が設計し込まれています。
百聞は一見にしかずなので是非ご自分の目でご確認ください【←クリック】。

ベルの引き金に商標の刻印があります。
ここまでやるか?
Img_1345

ベルの共振器ベースに注目して下さい。
Img_1353

有名な日米富士商標の富士山。
数えてみると25座!
共振器を一周している刻印が山脈に見えます。
ここまでやるか?
Img_1352

一個の自転車ベルに日米富士商標が27個。
現代はここまでやりません。
Img_1357
現代も似たようなベルがまだ製造されていますが、現代のモデルは共振器が真鍮製かどうか分かりません。

現代では見かけない、これより古く音量が大きい回転式ベル」 というモデルを試聴して下さい。
注意: 試聴する前に音量を下げるようにお勧めします。

より以前の記事一覧