日本語の記事 (Postings in Japanese)

2021年7月17日 (土)

丸石風切(カンガルー)第1回

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

前々回「マヤム風切」と前回「月キリンの風切」と同様に、今回も風切を見てみたいと思います。

丸石の風切です。
Img_0416

Img_0417

丸石のシンボルはカンガルーです。
Maruishi-kangaroo
 
しかし、自転車とカンガルーにどのような関連があるのかピンときません。
調べに調べましたが、まだ具体的な理由に辿り着いていませんので、これはあくまで個人的な推測になります。

1884年、イギリスのコベントリーにHillman Herbert & Cooperという会社がやや小さ目のオーディナリ自転車を作って、カンガルーと名付けました。
Kangaroodwarfsafetybicycle-property-of-o
(写真提供 ONLINE BICYCLE MUSEUM)

1892年に同社は社名をPremier Cycle Co. Ltd.に変更しましたが、ロゴとしてカンガルーをそのまま使用。
丸石商会の沿革は1907年に遡って、カンガルーを商標としてプレミアモデルを製造していました。
したがって、両社が同様の立っているカンガルーを使用しているため、丸石商会の長い歴史で初期のある時点で、Premier Cycle Co. Ltd.と何らかの形で手を組んだ可能性が高いと推測されます。
14655925_323585313
1890_premier_12
(写真提供 ONLINE BICYCLE MUSEUM)

Tさんが送って下さいました傑出した丸石自転車のプレミア自転車の写真をご覧ください。
昭和20年代後半~30年代前半国産自転車の典型であり、商標(カンガルー)の刻印だらけです。

 14655925_1194983907
 14655925_1741890770
14655925_1939521519
14655925_237400065
14655925_1913132364
14655925_398337374

14655925_3012866778 

14655925_323585313
14655925_959415917
14655925_228329091

14655925_3369190354
14655925_2635677829
14655925_703877626
14655925_1269869112
14655925_1118246611
14655925_1631122332
14655925_2342749383

14655925_2319316789
14655925_1321195579
14655925_2797598010
 14655925_3584067276
14655925_89322186
14655925_766294055
14655925_3778008977
14655925_2139447659
14655925_621097368
14655925_2684574177
14655925_2647117698
14655925_2948685854
14655925_1252636131
14655925_3530007414
14655925_1274495639

14655925_3222460080
14655925_357977710

14655925_880604908
 
14655925_3537774122

 14655925_1483038325
14655925_3635806023
14655925_3720138529
14655925_4131762667
Tさん、写真を送って下さいましてありがとうございました。

Premier Cycle Co. Ltd.や丸石商会のカンガルーのルーツについて情報がありましたら、連絡してください。
showajitensha@hotmail.co.jp

2021年6月19日 (土)

月キリンの風切

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

前回の記事で述べたように、風切のデザインはメーカーモデルによって異なりました。

かなり大きくてユニークで、やや不思議な風切を見てみましょう。
Img_0364
「月キリン自転車」と書いてあります。

Img_0367
上の写真では、左側に三日月があり、右側に鳳凰のように見える鳥があります。
なぜキリンではなく鳳凰?
キリンは、中国の神話上の生き物を指しているのでは。
キリンビールのラベルに表示されているものと同じです。
(ちなみに、そのラベルに「キ・リ・ン」の隠し文字があるのをご存知ですか。)

Img_0365

Img_0368

昭和20年代後半~30年代前半の自転車を調べたら別の「月キリン」の自転車を見つけました。
その自転車の商標が実に「月キリン」そのものです。
Img_0369

2021年5月23日 (日)

メヤム風切

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

 昭和自転車には様々な特徴がありますが、その中で最も目立つのは風切と言っても過言ではないでしょう。
これらのエンブレムのデザインはメーカーやモデルによって異なり、その一つが日米富士の風切です。
このような素晴らしい特徴にご興味がある方は、ここへどうぞ


 最近手に入れたメヤム自転車の風切です。 
一見するだけですべてを語ります➡アエロダイナミックで、カッコよくて、速くて、高級感があります。 
Img_0305

Img_0306

2021年4月25日 (日)

シートポスト

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

サス付き革製サドル12部の連載では、様々なサドル、サスペンション手入れ用の専用手工具及び商標を見ました。
フォローとして、サドルに欠かせない部品なのによく見落とされがちな部品を取り上げます。
それは、シートポストのこと。  

以下の写真は、1950年代の典型的な実用車シートポストです。
シンプルな構造、2本のパイプを溶接でくっつけることで、サドルを上下左右に調整できます。
これが一般的な形で横から見れば皆同じように見えますが、観点を変えるとわずかな違いが分かります。
Img_0285_20210409193301

左: リア端が開いている
中: リア端が閉まっている
右: リア端に商標付き 
 
Img_0281

クロスアップ
Img_0282

商標は水谷輪業. 【セラフ号
Img_0283
Img_0286
Img_0284

上記のシンプルな構造を、下記の1950年代前半のブリヂストン自転車に付いている珍しいサドルポストと比較してください。
この構造は上記のものより部品点数が倍以上。
Img_0287

ポストを貫通している長いボルトに注目。
Img_0288_20210409193301

底が分割されていてハンドルに構造が似ています。
Img_0289

ボルトを締め込むと、ポストの2つの部品(上下)がシートチューブ内でそれぞれ反対方向にスライドし、シートチューブを所定の位置に固定します。
Img_0290_20210409193301

最後に、1970年代の実用車サドルポストを見てみましょう。
パイプ1本から出来ています。
パイプを曲げて強度を保つために曲がりの内側に溶接されているようです。
Img_0291

Img_0293

よく見落とされがちのシートポストですが、古い自転車の年代を調べる手口になる場合もあります。
古い方は部品数が2つ以上で頑丈で、場合によって商標の刻印もあります。

2021年3月27日 (土)

サス付き革製サドル(第十二回)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

サス付き革製サドル連載の締めくくりとして、サドルを探している時に何を重点に置けば良いか取り上げます。

連載の前半、「サス付き革製サドル第一回」「第二回」「第三回」「第四回」,「第五回」,「第六回」の記事で、
昭和20年代後半~30年代前半の革製サドル6種類800系750系 、900系500系600系1300系それぞれを見て来ました。

私の限られた経験に基づくと、サス付き革製サドルの黄金時代は、自転車と同様、昭和20年代後半~30年代前半にピークに達しました。

1. 革表面の刻印
商標がサドルにいくつあるか確認します。
ロッドブレーキ自転車の黄金時代、メーカーは自社の商標を3ヶ所(両側面と上面)革に刻印しました。

(1) 左側面の刻印
Img_0137
Img_0138

(2) 右側面の刻印
Img_0135
Img_0136

(3) 上面の刻印
Img_0139
Img_0140

2. リアプレート(バッヂ)
自転車の後ろにプレート(バッヂ)があるか確認します。    
Img_0141

3.  Leather
人間と同じように、サドルの革は年をとるにつれてシワ(ひび)が現れ、弾力性を失い弛んできます。

(1) シワ(ひび)
Img_0165

(2) Check for cracks around the rivets, especially in the nose.  This is true regardless of whether the saddle is used or NOS (New Old Stock).

リベットの周り、特にサドルノーズに亀裂がないか確認します。これは、サドルが中古か新古品か関係なく当てはまります。
Img_0131

(3) 側面の弛みを確認します。サドルノーズの調整ボルトか別の技で張ります。
Dsc03964
Img_0132
Img_0133

(4) 擦り傷や色あせぐあいを確認します。
これは以前投稿した「革製サドルの磨き」で対応できます。

Img_0257
Img_0285

Img_0260

Img_0290
Img_0288

4. JIS
JIS(日本工業規格)を確認します。
サドルのJISマークは昭和33年に標準になったので、サドルに表示がなければ昭和33年以前に製造されたかもしれません。

リアプレート(バッヂ)に表示されている場合もあります。 
Img_0126

英字「JIS」が刻印された場合もあります。
Img_0161

5. サドルフレーム
フレームに錆、損傷、曲がり、塗装やクロムの剥がれがないか確認します。

6. メーカー
昭和20年代後半~30年代前半のサドルには、主に自転車メーカーの商標またはロゴがありました。
実際のサドルメーカーは、裏側に表示される場合があります。

「K.K.K. 」というのは現在唯一の国産サドルメーカー・加島サドル作成所。
 Img_0166

「BELT」は藤田サドル工業株式会社。
Img_0168
Img_0167

「サス付き革製サドル第一回」から始めたこの連載は今回で締めくくります。

私は実にオールドスクール(保守的)です。
なるべくシンプルで作りがよいモノを選び、マスマーケティングや流行に流されないように気を付けています。

シンプルで本物の材質で作られ、使い勝手が良く、ローメンテで長持ちするもの。
一生持つもの。
手入れをすれば、そのモノが恩返ししてくれるモノがいい。

サス付き革製サドルはその一つです。


革靴やブーツ、野球グローブなどの革製品は、使えば使うほど味が出るだけではなくピッタリ体にフィットしてきます。
革製サドルも手入れすれば、乗り心地が良く長年持ちます

2021年2月28日 (日)

サス付き革製サドル(第十一回)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

今まで「サス付き革製サドル第一回」「第二回」「第三回」「第四回」,「第五回」,「第六回」の記事で、
昭和20年代後半~30年代前半の革製サドル6種類800系750系 、900系500系600系1300系それぞれを見て来ました。

そして、前の四つの記事(第七回),(第八回)(第九回), (第10回)で、
サス付き革製サドルの手入れ用の専用手工具ハンモックサドル用の「皮張り器」「バネ開き器」「サドル(メガネ)レンチ」「サドルナット(移し替え)スッパナー」を見て来ました。


今回は、兼用工具を見てみましょう。

下図のように手工具の上半分は「ブレーキレバーナットスパナー」、下半分は「サドルワニナットスパナー」です。
Img_2536

Img_9927e

この手工具です。
Img_0109

Hataya Tool Co.(畑屋)
Img_0121


繰り返しになりますが、上半分はブレーキレバーナットに使用されます。
これについては、今後の投稿で取り上げます。
Img_2536a
Img_0110

そして、今回取り上げる下半分の「サドルワニナットスパナー」です。
もう少し見てみましょう。
Img_2536b

ワニ口のような受け部は、さまざまなナットサイズに対応するように設計されています。
Img_0111

フラットで薄型プロファイルを備えているため、狭いサドルバネのコイルの間に入りやすいです。
Img_0113

「サドル(メガネ)レンチ」 と比較すると、この「サドルワニナットスパナー」は1本で様々のサドルナット類に適合し、ナットのサイズを気にする必要はありません。
Img_0013

コイルの間にワニ口の歯がナットの角に接触するまで挿入させるだけです。
Img_0014

歯はサドルナットの角を食い込み、空回りを防ぎます。
Img_0012


フラットで薄型プロファイルと、スパナーのサイズとナットのサイズを合わせる手間が省けて「サドルワニナットスパナー」は、サドルナットの緩めと締め付けを大幅に容易にします。
Img_0120
サドルを分解したり再組み立てしたりする時、便利な手工具です。


 

2021年1月31日 (日)

サス付き革製サドル(第十回)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

今まで「サス付き革製サドル第一回」「第二回」「第三回」「第四回」,「第五回」,「第六回」の記事で、
昭和20年代後半~30年代前半の革製サドル6種類800系750系 、900系500系600系1300系それぞれを見て来ました。

そして、前の三つの記事(第七回),(第八回)(第九回) で、
サス付き革製サドルの手入れ用の専用手工具ハンモックサドル用の「皮張り器」「バネ開き器」「サドル(メガネ)レンチ」を見て来ました。

今回は、「サドルナット(移し替え)スッパナー」という手工具 を見てみましょう。(左の工具) 

Img_0076a

「サドルナット(移し替え)スッパナー」
Img_9927d

サドルを組み立てる時に、バネをサドルに固定するナットを移動して締めるために使用される工具です。
Img_0075
Img_0079

全体が薄くて、ちょうどいい角度になっているため、狭いバネ・コイルの間に入ります。
Img_0070

一端はナットを一時的に保持できるようにネジ山が切ってあります。
Img_0071

もう一端はナットを締め付ける用です。
Img_0074

(12mmナット用)
Img_0082

ナットを一端に取り付けて、バネ固定用のボルトに移し替えるまでの落下防止。
Img_0085
Img_0086

ちょうどいい角度になっているため、狭いバネ・コイルの間に入りやすくてナットを工具からボルトに移し替えができます。
Img_0088

移し替えたらもう一端を使用してナットを締めます。
Img_0090
Img_0091

「サドルナット(移し替え)スッパナー」は、サドルを組み立てる時に便利な工具です。
Img_0080
次回は、
革製サドルの手入れで使用する別の手工具を取り上げます。

2021年1月 2日 (土)

サス付き革製サドル(第九回)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

今まで「サス付き革製サドル第一回」「第二回」「第三回」「第四回」,「第五回」「第六回」記事で、
昭和20年代後半~30年代前半の革製サドル6種類800系750系 、900系500系600系1300系それぞれを見て来ました。

そして、前回と前々回の記事(第七回)と(第8回)で、サス付き革製サドルの手入れ用の専用手工具ハンモックサドル用の「皮張り器」「バネ開き器」を見て来ました。

今回は、「サドル(メガネ)レンチ」という手工具 を見てみましょう。

Img_0055a_20201219163101

サドルのレストアをする際、とリベットがすべて良好な状態であっても、サドル・ハードウェアの錆びを落とすか、最悪の場合は部品交換する必要があります。
サドル・ハードウエアの徹底的な錆落し方法は、サドルを分解し部品を1つずつ錆落とすしかありますん。
サドルを分解するとなると、「サドル(メガネ)レンチ」は不可欠な道具です。
Img_9958
錆は時間が経つにつれて広がる一方。
手が届かない箇所が多く分解するしかありません。
Img_9961
Img_9962

サドル(メガネ)レンチ
Img_9927b

サドルにバネを固定するナット類を緩めたり締めたりするための専用工具です。
Img_0054

一端は10㎜ナット用、もう一端は12mmナット用です。
Img_0019

薄くちょうどいい角度になっているため、狭いバネ・コイルの間に入ります。
Img_2509

Img_0047a
10mm端はバネ下部のナット用。
Img_2511

12mm端はバネ上部のナット用。
Img_0026

前述したように錆を徹底的に落とすため、分解して部品一個ずつに対応するしかありません。.
Img_9967
Img_9976
Img_9970

錆を落としたら、組み立てる時もサドル(メガネ)レンチの出番。
Img_9978
Img_0027_20201217172001

Img_0029

Img_2511
Img_2512

次回は、
革製サドルの手入れで使用する別の手工具を取り上げます。

2020年11月 8日 (日)

サス付き革製サドル(第七回)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

今まで「サス付き革製サドル第一回」「第二回」「第三回」「第四回」,「第五回」「第六回」記事で、昭和20年代後半~30年代前半の革製サドル6種類800系750系 、900系500系600系1300系それぞれを見て来ました。

サス付き革製サドル連載の第一回「ハンモックサドル(800系)」でした。

記事の始めに、サス付き革製サドルの手入れで使用する手工具を少し見てみます。

まず、「サドル皮ハリ器」という手工具を見てみましょう。

名称の通り、弛んでしまったハンモックサドルの革をピンっと張るために使用されます。Img_9585_20201016193101
Img_2488_20201016192601

このような手工具の存在を知るようになるまで別な技で張りました。

昭和20年代後半~30年代前半からの手工具です。
シンプルで頑丈な手工具。 
Img_2466
Img_2472

前端に足2本
Img_2469

 足はハンモックサドル前のコイルにセットします。
Img_2476

ハンドルを回すと先端が伸びて行く。
本体の穴は張棒用でサドルの後ろのコイルにセットします。
三つの穴は様々なサドルサイズ(紳士用・婦人用・子供用)に対応できます。
Img_2470

Img_2475

工具をセットします。
Img_2474

固定ボルトを緩めてからハンドルを回して革が張って来たらボルトを締めます。
Img_2476 

Img_2478

ハンモックサドルの組立にも便利な手工具。
Img_9591
Img_9592
Img_9601
Img_2476
Img_9605
Img_2483_20201016193501

次回は、革製サドルの手入れで使用する別の手工具を取り上げます。

2020年10月10日 (土)

サス付き革製サドル(第六回)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

今まで「サス付き革製サドル第一回」「第二回」「第三回」「第四回」「第五回」記事で、昭和20年代後半~30年代前半の革製サドル5種類800系750系 、900系500系600系それぞれを見て来ました。

今回の記事でサス付き革製サドルをまた取り上げますが、このサドルはそれほど知られていません。

製造会社によってモデル番号が異なり、通常1300系と呼ばれていました。

Img_9328

今まで見て来たモデル(800系), (750系), (900系) (500系) と比較して、1300系は先端のサスペンションが少なく、ベーススプリングは1本しかなく、2本の(600系)より少ないです。

 (750系), (900系) , (500系).(600系) のサドルの後ろは同じようにバネ2本ですが、1300系は構造が違います。

1300系のサスペンションによってモデル番号が異なります。
見比べて下さい。

1320
頑丈なベーススプリング 
今まで見て来たモデルと違ってベーススプリングがプレス工程による鋼板で出来ています。
Img_9332

1350A
ベーススプリングは2本、先端のサスペンションはダブル巻きコイル。

Img_9330

1350B
ベーススプリングは2本、先端のサスペンションはシングル巻きコイル。

Img_9331   

次回は、昭和20年代後半~30年代前半(1950年代)革製サドルのメンテで使用されたいくつかの工具を取り上げていきます。


より以前の記事一覧