レストア関係 (Restoration Related)

2019年11月10日 (日)

ゴールド三馬自転車 「ジャンクそれともお宝 第2回」

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels. 

ゴールド三馬自転車連載の「ジャンクそれともお宝 第1回」で予告したように、
今回はこのコールド三つ馬自転車が昭和20年後半~30年前半の最高級モデルだということを裏付ける詳細を 取り上げます。

自転車の前から見てみましょう。
まず、風切(マスコット)
風雨にさらされましたが奇跡的にまだ付いています。
風切(マスコット)は星の数ほどありますが、こんなに際立って美しいのは滅多にありません。
このカッコイイ風切の新品を御覧になって下さい(←クリック)

 03_20191025093801

50

よく見ると微かにフォークが剣先フォークと分かります。
ハイエンドモデルの証拠の一つ。
06_20191007194201

ダイナモのバッヂ取付用穴が見えますが、残念ながらバッヂは外れてしまったようです。63_20191008193401

車輪は黒ライン入りリムとバルブ穴の両側に三つ馬商標刻印があります。
これらもハイエンドモデルの証拠の一つ。
また、ハブにグリース注入口付き。
40_20191025094001

43

41_20191025094101

バッヂは七宝焼き製で実に美術品そのもの
各々色は一つ一つ手で塗ってからオーブンで焼かれたからこそ出来上がり色が豊かで表面が艶々。
バッヂは60年以上前に作られたもの。
自転車は全体的に風雨にさらされましたが、七宝焼き製バッジはまだじゅうぶん光沢があります。

49

04_20191007210001

登録番号がまだ付いています。
37

ハンドルをよく見て下さい。
ロッドが内工式です。
これもハイエンドモデルの証拠の一つ。
残念ながら長年風雨にさらされ、握りが腐ってしまいました。
48

47

握り自体は腐ってしまいましたが、ティアドロップ形の金具が残っています。
46

08

三馬の商標が前泥除けステーバッヂに刻印されています。
バッジを固定している小さなボルトに注目して下さい。
ボルトヘッド にも商標に鋳物されています。
(写真をクリックして写真が拡大し、これらの小さなボルトヘッドの商標を確認してください。)
17_20191007205101 

シートチューブに三馬エンブレム付き。
よく見るとリベットで取付られたバッヂではなく、恐らく「ろう付け」されたエンブレム。
10_20191019171901

通産大臣賞受領バッヂ
11_20191019171901

シートチューブにまた七宝焼き製バッジ
現代の自転車に見かけない言葉「謹製」が付いています。
「謹製」というのは昭和30年代以前の自転車に見かける言葉です。
国語辞典で調べると「心を込めて、謹んで作ること」と書いてあります。
まさに昭和30年代以前の職人さんを感じさせます。

「謹製」が付いている他のバッヂはこちらへ。
12_20191019171901

シートチューブの一番下のバッジ「特級製」。
13    

ジャンク?
それともお宝?
皆様の判断にお任せします。
ただし、この連載が終わるまでご判断はお待ちください。

次回も引きつづき、この特級ゴールド三馬號 が、戦後の国産自転車黄金時代の昭和20年後半~30年前半 で最高級モデルということを裏付ける 残りの詳細を取り上げる予定です。

2019年10月25日 (金)

Gold Mitsuuma ‶Junk or Jewel″ (Part 2)

次回この記事の日本語版を投稿します。

As mentioned in the previous post,  Gold Mitsuuma ‶Junk or Jewel″ (Part 1), in this installment we shall examine the details on this bicycle which indicate that, back in the early 1950's, this was one of the top high-end models. 

Let's start at the front. First up is the fender ornament.  She is weather-beaten but miraculously still intact. There are many fender ornaments, but not many as prominent as this one.  Click on the following link to see a closeup of what this  sleek stallion looked like when she was new.


03_20191025093801

50

If you look closely you can just make out the remnants of the chrome tipped fork a good indicator that this was indeed a high-end model.
06_20191007194201

This generator appears to have lost its badge as can be seen from the two rivet holes on the body.

63_20191008193401

Black center line rims along with the Mitsuuma trademark stamped on both sides of the valve hole. Again, another indicator that this was indeed a high-end model. Note also that the hub is equipped with a grease nipple.

40_20191025094001

43

41_20191025094101

Cloisonne enamel badges, these types of badges are true works of art.
Each of the various colored pigments was actually applied by hand,  one at a time and then the badges were baked in an oven to achieve glossy glass finish.  These badges are over 60 years old.  The bicycle is weather-beated yet the badges maintain their high gloss finish.
49

04_20191007210001

The registration plate is still attached.  
37

Note the handlebars.
This style of handlebars, "through the bar" style, is yet another telltale sign of a high-end model.  Unfortunately, over time the original grips have literally disentergrated.
48

47

Although the original grips have disintergrated, the teardrop grip ends are still intact, another high-end model hint.46

08

Front fender badge complete with Mitsuuma trademarks casted into the tiny bolt heads.
(Click on photo to enlarge and note the trademark on these tiny bolt heads.)
17_20191007205101 

The seat tube has the Mitsuuma emblem.  This does not appear to be a typical riveted badge, possibly a brazed on emblem.10_20191019171901

This badge indicates that Mitsuuma proudly received the distiguished Ministry of Trade & Commerce Award.
11_20191019171901

Here again, is another cloisonne enamel badge.  At the very bottom of the badge are two characters which together are read 謹製=kinsei.  To me, no other word better conveys the spirit of the craftsmen and women of this period, or the Japanese spirit to provide the best product possible than this word 謹製=kinsei.  It is written with two characters 謹=kin and 製=sei. The first character 謹=kin means "humble", and the second character 製=sei "to manufacture".  The meaning is "to pour one's heart into crafting the best product possible".    

You can see photos of other badges bearing this word 謹製=kinsei here (post is in Japanese language only).
12_20191019171901

The last badge at the bottom of the seat tube is a badge indicating this Gold Mitsuuma is a "Special Grade" model.
13    

Is she "Junk" or "Jewel"?   
You be the judge.
But wait, don't pass judgement just yet.

Wait until all the evidence is in. In the next installment in this series we shall continue to take a closer look at the remaining details on this bicycle which indicate that, back in the early 1950's, this was certainly one of the top high-end models.

2019年10月13日 (日)

ゴールド三馬自転車 「ジャンクそれともお宝 第1回」

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

昭和20年代後半の特級ゴールド三馬自転車です。 
02_20190929112701
かなり風雨にさらされて壊れて錆だらけでプロジェクトの選択として決して頂点とは言えません。

01_20190929112801
しかし、この特級三馬自転車は、戦後の国産自転車黄金時代と言っても過言ではない昭和20年後半~30年前半の最高級モデルだったようです。
次回、その詳細を 取り上げる予定です。

60_20190929112801
このブログをよくご覧下さっている方は、山口マルワイ號をレストアしたHさんのことを覚えているでしょう。
この特級ゴールド三馬に一目惚れして、戦後間もなく自転車が現代の自動車として主役でどれだけ工芸品を現代及び後世の方々に
分かって頂くためにレストアをすることにしたとのこと。

錆だらけ。
61_20190929112801

長い年月に風雨にさらされた。
57_20190929112901

壊れて荒れ果ている。
25

一部欠品。
58_20190929112901

しかし、よい物は必ず甦る。
腐っても腐ってもまだまだ鯛。
59_20190929112901

ジャンク?
それともお宝?
皆様の判断にお任せします。
ただし、この連載が終わるまでご判断はお待ちください。

次回、この特級ゴールド三馬號の詳細を取り上げる予定です。

2019年9月28日 (土)

Gold Mitsuuma ‶Junk or Jewel″ (Part 1)

次回この記事の日本語版を投稿します。

Here is a Special-Grade Gold Mitsuuma from the early 1950's.

02_20190929112701

As far as project selection goes, this is one of those weather-beaten, broke-down rusty relics, not exactly at the top of the project selection pyramid. 
01_20190929112801  
However, the details on this bicycle, as we shall see in a later post, indicate that, back in the early 1950's, this was one of the top high-end models.   

60_20190929112801
Mr. H, who loyal fans will recall previously restored a Yamaguchi MARUWAI-GO, fell in love with this Special-Grade Gold Mitsuuma and deeply felt someone had to restore it for prosterity, so that current and future generations can appreciate the attention to detail and workmanship of these amazing machines at a time when, bicycles were prized possesions, literally holding the status of today's automobile.

She is rusted.
61_20190929112801

She is weather-beaten.
57_20190929112901

She is broke-down.
25

She is missing parts.
58_20190929112901

None the less, quality is quality, and a diamond on a dunghill is still a diamond.
59_20190929112901

Is she "Junk" or "Jewel"?   
You be the judge.
But wait, don't pass judgement just yet.
Wait until all the evidence is in.

In the next English post we will take a close look at the finer details.

2019年1月20日 (日)

カスタム ヒドリ自転車

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels. 

 

 

 

 

 

 

新年は少しクリエイティブに始めましょう。

 

昨年は、「ブリヂストン自転車(①プロジェクトの選択)」「山口自転車マルワイ號(プロジェクトの選択」「山口マルワイ號(②ビフォア・アフター)」 のレストアプロジェクトを取り上げました。
引き続き、もう一つのプロジェクトをを見てみたいと思いますが、今回はクリエイティブなプロジェクトになります。

 

 

 

このプロジェクトの写真は、
このブログの貢献者「(セキネ 超特級自転車)や「(ヒドリ自転車)参照」 のお一人で、
昭和自転車修復者・愛好家.・コレクターである、Mさんからの提供です。

プロジェクトのテーマは、
「純正に拘らずに、かっこよく」オンリーワンレトロ自転車を作ること。

 

「ヒドリの新車」というフレームから始め、パーツ1個ずつ約3年を掛けて集めた努力が報われ奇跡的に、ヒドリ純正のパーツが揃いました。チェインケース 、目玉、チェ―ンホイール、クランクアーム、前後泥除け革製サドル 、泥除けステーバッヂ、化粧ネジ(泥除けステーや反射板の固定ネジのこと)。

 

 

 

 

 

 

 

 

少し見てましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

繰り返しますが、
「ヒドリの新車」というフレームから始めたプロジェクトのテーマは、

 

「純正に拘らずに、かっこよく」オンリーワンレトロ自転車を作ること。

 

L1810558 

フレームの長いヘッドチューブと深くカーブしているダウンチューブと独特のオーリブ色と薄い黄色のツートーンアクセントが実に優雅な印象を与えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

L1810557 
 

 

大きなオグラ純正ランプがかっこいいです。
よく見てみるとレンズ自体に「オグラ」と正にレトロフォントで書いてあります。
レンズにメーカー名が付いているのは初めて見ました。

 

L1810556 

 

 

 

 

 

「ヒドリ」マークが多くて当時の自転車を物語ります。

 

 

 

 

 

L1810540

 

L1810548 

 

 

 

 

 

 

ホワイトウォールタイヤとスポークは現代のパーツです。
しかし、これがレトロさを引き立てて、正にテーマ通り「純正に拘らずに、かっこよく」オンリーワンレトロ自転車に大きく貢献しています。

 

ホワイトウォールタイヤがなおさらレトロ感で優雅な印象を与えます。

 

L1810544 

 

 

 

 

純正なヒドリバネサスペンション付き革製サドル。
泥除けの金線引きの先端が矢印になっています。

 

 

 

L1810542 

 

 

 

 

パーツは全てバラバラで手に入れてチェーンケースの目玉もその一つ。
さすが約3年掛けて根気よく探した努力が報われました。

 

L1810552 

 

 

 

 

フレーア泥除け
よく見ると泥除けステーバッヂも化粧ネジもヒドリ刻印付き。

 

 

 

 

 

L1810551 

レア泥除けはレトロそのもの。

 

 

 

 

泥除けステー・反射板の化粧ネジもヒドリ刻印付き。
L1810553

 

L1810541 

 

 

 

 

お見事ですね!!

 

プロジェクトのテーマ通り、オリジナルに拘らなくていい証拠です。

 

これは間違いなく二度見する方が多いでしょう。

 

 

オンリーワンのかっこいいレトロ自転車が出来たMさんに脱帽!!

 

2019年1月 5日 (土)

Customized Hidori Bicycle

 

 

 

 

次回この記事の日本語版を投稿します。

 

 

 

 

What better way to start off the new year than with a creative touch.  Last year the topic of selecting a project was raised in ‟Bridgestone Bicycle (① Selecting a Project)”, "  ‟Yamaguchi MARUWAI-GO (① Selecting a Project)”and, ‟Yamaguchi MARUWAI-GO (② Before/After)‟. Along the same lines let's take a look at another project, this one with a creative twist.The photos are courtesy of M-san, an avid vintage Japanese bicycle restorer, collector and contributor to this blog (see ‟Sekine (Ultra-Special Class)” and ‟Hidori Bicycle”).

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Starting with just a frame, the theme of this project was to create as retro-a-look as possible without trying  to  achieve a copy-exact model.  That said, M-san spent nearly 3 years scouring sources to find original Hidori-brand parts.  His efforts were well rewarded by miraculously acquiring, one-by-one,  original Hidori-made chaincase , chaincase cover, chainwheel, crank arm, front fender (Japanese only), rear fender, leather saddle, fender stay badge and cosmetic bolts (Japanese only, tiny fender stay/reflector bolts). 
Let's take a closer look.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Once again, keep in mind that the project started out with only a frame.
L1810558

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Note the long head tube, swooping down tube and 2-tone color olive with mellow yellow accents.

 

 

L1810557

Large Ogura-made headlamp. First time I have seen an Ogura-made headlamp, or any headlamp for that matter, with the manufacturer's name on the lens itself  (Ogura=オグラ).

 

L1810556

 

 

 

 

Lots of Hidori markings.

 

 

 

 

 

L1810540

 

 

 

L1810548

 

 

 

 

 

 

The whitewall tires and rims are present-day parts but as previously stated the theme is to create as retro-a-look as possible.  The whitewalls certainly add a retro feel and a touch of class.

 

L1810544

 

 

 

 

 

Genuine Hidori-made sprung leather saddle.
Also note that the tip of the gold pin-stripe (Japanese only) on the rear fender ends in an arrow.

 

L1810542

 

 

 

Chainwheel cover also acquired separately.

 

L1810552

 

 

 

 

 

Flared front fender.
Note the fender stay badges and tiny fender stay bolts bear the Hidori logo. 

 

L1810551

 

 

 

 

 

 

Rear flared fender.
Reflector/fender stay bolts bear the Hidori logo.

 

L1810553

 

 

 

L1810541

This is a great reminder that the restoration theme is up to the restorer and there is no need to be confined to restoring to copy-exact. 

 

Hats off to M-san for creating one-of-a-kind bicycle that is certain to turn heads.

2018年10月14日 (日)

山口自転車マルワイ號(②ビフォア・アフター)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

 

 

 

 

 

 

Hさんから頂いたメールを紹介しました。
「2年前、このブログを拝見し、大いに感銘を受けました。

 

ブログの、よいものは必ず甦るを肝に銘じてぼろぼろの山口マルワイ號を入手し、半年掛けて再生しました。」

 

 

Hさんの初めてのレストアプロジェクトの対象になった純正なマルワイ號(昭和26年)の自転車を見ました。

 

今回は、Hさんが半年掛けたレストアのアフターを見ましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

E38080011

 

【After】

 

E38080012 E38080002

 

 

E38080001

 

 

 

 

 

 

 

お見事!

 

見違えるほど甦りました。

 

初めてのレストアプロジェクトとは思えないほど実に素晴らしい!
「一見は百聞にしかず」と言われるように、今回は説明を控えてレストア前の「ビフォア」とレストア後の「アフター」の写真に語ってもらいます。.

 

 

 

 


前泥除け
【ビフォア・アフター】
311

 

Thumbnail_312

 

 

 

 


ヘッドチューブ 【ビフォア・アフター】

 

 

 

 

 

Thumbnail_291

 

 

292

 

 

 


 フォーク、クラウン、前ブレーキ 【ビフォア・アフター】

 

 

 

Thumbnail_191

 

Thumbnail_192

 

 

 


フレーム
【ビフォア・アフター】

 

 

 

Thumbnail_e38080051_2

 

 

Thumbnail_e38080052

 

 

 

 

Thumbnail_301

 

Thumbnail_302

 


フレーム(ダウンチューブ転写マーク)

 

Thumbnail_e38080061

 

 

Thumbnail_e38080062

 

 

 

 

 


フレーム(ボットムブラケット)
 【ビフォア・アフター】

 

 

Thumbnail_e38080041

 

E38080042

 

Thumbnail_321Thumbnail_322

 

 

 

 

 

 
チェーンケース  【ビフォア・アフター】

 

 

 

271

 

Thumbnail_272

 

 

 



後ろ泥除け 【ビフォア・アフター】

 

 

Thumbnail_251

 

Thumbnail_252

 

 

 

Thumbnail_261

 

Thumbnail_262

 

 

 

 

後ろブレーキ 【ビフォア・アフター】

 

 

E3808001

 

Thumbnail_e3808002

 

E3808001_2

 

E3808002

 

 

 

 

現代の使い捨て社会では、物が長持ちするように作られていない場合が圧倒的に多いです。
見映えと減価が最優先されるような気がしてなりません。

 

大抵な古い物、自転車だけではなく、空気入れや木製家具や分銅引き・ゼンマイ柱時計、手動式芝刈り機などなどシンプルで頑丈で本物の材質で出来ているからこそ甦ります  

 

 

 

 

 

Hさんに脱帽!

 

山口自転車のファンは少なくはありません。

 

細かいところまで忠実に再生して実に素晴らしい!

 

まさに「よいものは必ず甦る」の証拠です。

Hさん、ありがとうございました!!

 

 

2018年9月29日 (土)

Yamaguchi MARUWAI-GO (②Before/After)

 

 

 

次回この記事の日本語版を投稿します。

 

 

 

In the previous post “Yamaguchi MARUWAI-GO (① Selecting a Project)” I introduced Mr. H who, writes:

 

 

 

“I came across your blog two years ago and was deeply moved.  You repeatedly mention that ‛If it was made well in the first place, it will come back to life’.  I took this to heart, found an old Yamaguchi MARUWAI-GO bicycle as my first project.”

 

 

 

We also examined Mr. H's restoration project, a genuine, yet rather weather-beaten old Yamaguchi MARUWAI-GO from around 1951.  We shall now take a look at the results of Mr. H's first restoration conducted in his spare time over the course of six months whilst juggling both family and job.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

E38080011


 

 

 

【After】

 

E38080012 E38080002

 

 

 

 

 

 

E38080001

 

 

 

 

 

 

 

Amazing job indeed, especially when one considers it was his first project.  Let's take a closer look.

 

 

As the saying goes, "A picture is worth a thousand words" so I will let the before/after photos speak for themselves.

 

 

 

 



Front Fender 【Before・After】

311

 

 

Thumbnail_312

 

 

 

 


Head Tube 
【Before・After】

 

 

 

 

 

Thumbnail_291

 

 

292

 

 

 


Fork, Fork Crown, Front Brake 
【Before・After】

 

 

 

Thumbnail_191

 

Thumbnail_192

 

 

Frame 【Before・After】

 

 

 

Thumbnail_e38080051_2

 

 

Thumbnail_e38080052

 

 

 

 

Thumbnail_301

 

Thumbnail_302

Frame (Down Tube) 【Before・After】

 

Thumbnail_e38080061

 

 

Thumbnail_e38080062

 

 

 

 

Frame (Bottom Bracket) 【Before・After】

 

 

Thumbnail_e38080041

 

E38080042

 

Thumbnail_321Thumbnail_322

 

 

 

 

 

 
Chaincase
  
【Before・After】

 

 

 

271

 

 

 

Thumbnail_272

 

 

 



Rear Fender 
【Before・After】

 

 

Thumbnail_251

 

 

 

Thumbnail_252

 

 

 

 

 

Thumbnail_261

 

 

 

Thumbnail_262

 

 

 

Rear Brake 【Before・After】

 

 

E3808001

 

 

 

Thumbnail_e3808002

 

 

 

E3808001_2

 

 

 

E3808002

 

 

 

 

I am a firm believer that most old things, not only bicycles, but pumps, wooden furniture, weight driven and wind-up clocks (link Japanese only), manual typewriters, rotary lawn mowers  and the like, precisely because they  are simple, sturdy, made of genuine materials and made well (built-to-last) in the first place, as opposed to being disposable, with a little elbow grease can indeed be brought back to life.
   

 

 

 

An absolutely amazing job indeed. 
The level of detail is outstanding.

 

Mr H has clearly proven that "If it was made well in the first place, it will come back to life”.

 

 

Hats off to Mr. H and his beloved two-wheeled buddy Yamaguchi MARUWAI-GO.

 

2018年9月16日 (日)

山口自転車マルワイ號(①プロジェクトの選択)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「オールオリジナル、あまり乗られていなくてかつ保管状態がよいのがレストアプロジェクトピラミッドの頂点」と述べました。

 

しかし、このようなプロジェクトを見つけられるのは極めて稀です。
レストアプロジェクトピラミッドを下るにつれ、様々な風雨にさらされて壊れて錆だらけのレストアプロジェクトが一般的です。

 

E38080011

上の写真はHさんという方から頂きました。
初めてのレストア対象のプロジェクト。

 

Hさんの言葉を拝借すると、

 

「2年前、このブログを拝見し、大いに感銘を受けました。

 

狛江市の長寿自転車商会に伺い、店主の谷田部氏に素晴らしい実用車数々を見せて頂きました。
その後、ぼろぼろの山口マルワイ號(上記の写真)を入手し、半年掛けて再生しました。

 

その際には、このブログの「よいものは必ず甦る」を肝に銘じ、適宜狛江の店主にもご教示を受けました。

 

自転車を手掛けるのは全く初めてでしたが、このブログやしげP自転車日記など先達のWEBページなどを参考に、作業を進めました。」

 

 

 

Hさんの初めてのレストアプロジェクトと対象になったマルワイ號(昭和26年)の自転車を見てみましょう。

 



 

前泥除け

 

ブラックエナメル塗装が剥がれ、錆びています。

 

しかし、山口自転車のマルワイ號商標 がまだくっきり。

 

 

 

 

 

 

 

311

 

 

 

 

 

 

 


ヘッドチューブ

塗装が剥がれ、錆びています。.
上部のバッヂはいい状態愛ですが、下部のバッヂはそうではありません。

 

Thumbnail_291

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


フォーク、クラウン、前ブレーキ

フォークにテープが巻かれています。
テープが巻かれていると長い歳月でテープが塗装に密着しテープを剥がすと塗装が剥がらてしまう場合が多いです。.
前ブレーキが結構錆びています。.

 

Thumbnail_191

 

 

 

 

 


フレーム

ダウンチューブの一部を除いてフレーム塗装が剥がれ落ちています。

 

ヘッドチューブとダウンチューブのラグ(継ぎ手)上に商標が少ししか残っていません。

 

Thumbnail_e38080051_2Thumbnail_301

 

 

 

 

 

 


フレーム(ダウンチューブ転写マーク)

転写マークは奇跡的に8割以上残っています。

 

残念なことに右端の一部が剥がれています。

 

自転車は全体的にぼろぼろですが、
Hさんによると、、
「それでもこの車体を入手したのはダウンチューブ上の転写マーク(科學之精華などと書かれている)が残っている」
からだそうです。

 

確かに綺麗で凝ったデザインや「マルワイ號 高級自轉車」・「(科學之精華」の旧漢字(號⇒号、轉⇒転、學⇒学)が時代を語っています。

 

 

Thumbnail_e38080061

 

 

 

 

 

 


フレーム(ボットムブラケット)

塗装が剥がれ落ちています。

 

ネジ類や金具など錆びています。

 

Thumbnail_e38080041
Thumbnail_321

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前泥除け・フレームと同じように塗装が剥がれ落ちています。
それにしても全体的に凹みはないしバッヂ類もいい状態です。

 

 

 

 

 

271

 

 

 

 

 

 


後ろ泥除け

 

前泥除け・フレーム・チェーンケースと同じように塗装が剥がれ落ちています。

 

泥除けステーバッヂの跡が見えます。
転写マークも微かに残っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Thumbnail_251

 

 

Thumbnail_261

後ろブレーキ

 

錆だらけ、メッキは僅かしか見えません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

E3808001

 

 

E3808001_2

 

 

 

 

 

 

Hさんの山口自転車マルワイ號の状態はいかがですか。

 

長い歳月に風雨にさらされて、壊れて塗装が剥がれ落ちていて錆だらけですね。

 

だからと言ってジャンクや鉄のくずと決め付けてはいけません。

 

それは「よいものは必ず甦る」からです。

 

 

 

 

次回、
Hさんの初めてレストアプロジェクト「山口自転車マルワイ號」にどのくらい命を吹き込めたか見てみましょう。

2018年9月 1日 (土)

Yamaguchi MARUWAI-GO (① Selecting a Project)

次回、この記事の日本語版を投稿します。

 

 

 

 

 

In the previous post "Bridgestone Bicycle (① Selecting a Project)" we examined the top of the restoration project pyramid which is to try and find a well-stored, barely ridden, all original bicycle.  These “projects” are extremely rare, and the further down the  restoration project pyramid one goes are the more common weather-beaten, broke-down rusty relics of varying degrees.

 

E38080011


I received the following photos and email excerpts from Mr. H describing his first restoration project, shown above.   Mr. H writes:

 

 

 

“I came across your blog two years ago and was deeply moved.  You repeatedly mention that ‛If it was made well in the first place, it will come back to life’.  I took this to heart, found an old Yamaguchi MARUWAI-GO bicycle as my first project.  I visited The Master, Mr. Yatabe at his shop CHOJU JITENSHA SHOKAI (Long Life Bicycle Shop) and he estimated the bicycle to be from around 1951.”

 

 

 

Let's take a closer look at the project. 

 

 

 

 

 


Front Fender

Black paint peeling and rusted.
Although rusted, the Yamaguchi MARUWAI-GO trademark is still crisp and clear.

 

 

 

 

 

 

 

311

 

 

 

 

 

 

 


Head Tube

Paint peeling and rusted.
Upper badge (⇐linked page is only in Japanese) is in fairly good shape, right-half of lower badge not so.

 

Thumbnail_291

 

 

 

 

 

 


Fork, Fork Crown, Front Brake

Fork is taped.
Front brake rusted.

 

Thumbnail_191

 

 

 

 

 


Frame

With the exception of a large portion of the down-tube, paint peeling  all over the frame, original trademark on the head tube - down tube lug only partially recognizable.

 

Thumbnail_e38080051_2Thumbnail_301

 

 

 

 

 


Frame (Down Tube)

 

The transfer is about 80% intact but the far right portion has peeled away. This transfer is one of the main reasons Mr H. decided to select this as his project.

 

On the transfer, is written “マルワイ號 高級自轉車” (MARUWAI-GO High-Grade Bicycle) the use of old-style Kanji  “號⇒号” and “轉⇒転” are clear evidence that the bicycle is definitely just around 1950. But what caught Mr H's eye was the small characters “科學之精華” which loosely translated means “The fruits  of science” ie, cutting-edge technology.
Thumbnail_e38080061

 

 

Frame (Bottom Bracket)
Paint peeling and rusted.
Screws and other hardware also rusted.

 

Thumbnail_e38080041
Thumbnail_321

 

 

 

 

 

 

 

 


Chaincase

Paint peeling and rusted.   Not much original paint remaining.
No major dents, and badges are in relatively good shape.

 

 

 

 

 

271

 

 

 

 

 

 


Rear Fender

 

Paint peeling and rusted.
Like the front fender and chaincase, more rust than paint.
Can see where the rear fender stay badge was.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Thumbnail_251

 

 

Thumbnail_261

Rear Brake

 

Completely rusted.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

E3808001

 

 

E3808001_2


 

 

 

Weather-beaten? Yes indeed.

 

 

Rusted? Yes indeed.

 

Paint peeling away?  Yes indeed.

Good for nothing piece of trash?  Not at all.

 

 

Beyond restoration?  Not at all.

 

 

In the next post we shall revisit this project  and see to what extent Mr H. was able to breath life back into Yamaguchi MARUWAI-GO. 

 

 

 

より以前の記事一覧