レストア関係 (Restoration Related)

2016年4月30日 (土)

Custom Yamaguchi Benny

次回この記事の日本語版を投稿します。

Here is a fine customized Yamaguchi Benny, possibly a Marubeni-Yamaguchi Benny,  sent in from U-san.  According to U-san he fell in love with old utility bicycles due to how well they were made, not to mention their durability.  Riding a comfortable, simple clean machine is how U-san relieves stress, an upright position and limited speed ensures that he can take in the scenery and enjoy the ride thereby forgetting daily cares.
Dsc_0213

Certainly is one clean machine!  Sparkling!
Dsc_0214Dsc_0113


Let's take a look at some of the additions.  First off is a pair of manually operated turn signals.
Dsc_0233
Dsc_0231

Next up is a nice gold lettered frame sign and leather frame cover.
Dsc_0211

A nice cylindrical leather tool pouch (←link Japanese only) designed to fit in the loops of the hammock saddle.
Dsc_0201
Dsc_0197

Add a box to the rear carrier and it is like being transported back in time 50 years.Dsc_0285
Dsc_0286

A big thanks goes out to U-san for sharing photos of his cusomized Yamaguchi Benny.  If you would like to share photos of your vintage Japanese bicycle with other enthusiasts please send them to showajitensha@hotmail.co.jp

2011年12月11日 (日)

ブラック・エナメル塗装

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

昭和20年代後半~30年代ごろの自転車の特徴は「現代の作りと違う 前半」「後半」にまとめてあります。
しかし、それは全てではありません。
前回の投稿は黒車体に金線引きを見みましたが、黒車体そのものはどうでしょうか。

良く考えると、最初に登場した鉄かセルロイドで作られた主な商品は黒色でした。
自動車, 電話ミシン, タイプライター, ラップトップ など元々黒しかありませんでした。

自転車は例外ではありません。
ブラックはベーシック。
当時の塗装は実に素晴らしい。
一般的には下塗り(えび茶色)の上に黒エナメル3層。
当時のブラックエナメル塗装に何で出来ているか分かりませんが、コンパウンドだけで甦らせられます。
下記の写真を上にクリックして比べあって下さい。
また、「ゴミから宝へ」のビデオ を見て下さい。
Anjite_before_after

昭和20年代後半は、 自転車は貴重なものでした。
当時は庶民の唯一の交通手段。
2~3ヶ月分の給料が掛かり、税金対象でまるで現代の自動車の地位のようなものでした。
黒が多かったのは自転車は贅沢品ではなく、必要品だったでしょう。
交通手段や運送。
しかし、社会はだんだん裕福になればなるほど、自転車の位置づけが変わります。
つまり、自動車社会に変わり、自転車は必要ではなく、遊び道具と位置づけされます。
昭和20年代後半~30年代前半の自転車カタログのラインアップもこのことをはっきり語ります。
25年のカタログでは、99%の自転車黒、残りは濃い緑くらい。
しかし、35年のカタログには明るいレッド、グリーン・ブルーなど。
軽快車のモデルが増え、運搬車が減り、日本の成長及び自動車社会の転換期。

元の話に戻ります。
当時ほとんどの自転車は黒でした。
駅の駐輪場は全部黒い自転車で似たようなモデルで、自分の自転車がどれか簡単に見つからないでしょう。
そのため、当時は後ろ泥除けに白いペンキで私有車なら名前、店の自転車なら店の名前など書く習慣がありました。 写真の上をクリックすると写真が拡大、リア泥除けに注目)
Dsc06643
Dsc06646

この「北越訓練」を調べてみましたが、残念ながら何も分かりませんでした。
しかし、どのようなところだったか気になります。

ちなみに上記の自転車は、歴史が長くて有名な水谷輪業の「セラフ号」です。
当時の凝った作りや黒エナメル塗装が実に素晴らしい
Img_9211
レストアの写真などこちらへ。

昔の凝った作りが今も続いています。
現在、ミズタニ自転車株式会社はオリジナルブランドのSeraphを出しています。
かっこいいです!!

2011年7月13日 (水)

レストア 【雑誌】

I'll be back with another English post soon, until then stay trued and happy wheels.

先日、本屋さんで「自転車レストア」という雑誌を見つけました。
珍しい!
Img_1112
レストアするための情報がぎっしり!
レストア雑誌には、オールド・タイマーがありますが、自動車レストアがメインで、自転車の話はあまり出てきません。

約半世紀前にアメリカのボストン郊外で生まれ育った私は、古いものを購入して直すのが当たり前でした。
当時は現代のように、使い捨てやすぐに買い替えることはあまりなかったような気がします。
壊れたものはとにかく直してみるか直してもらう。

お金は親からではなく、自分で稼ぐ。
新聞配達や草刈り、雪掛けや洗車、家のペンキ塗りやベービシッター等など、近所の便利屋のような仕事。
14~15歳ころ少しずつお金を貯めて、16歳(運転免許)を目指して中古オートバイかスクラップのような中古車を購入して直して行くのが普通でした。

この自転車レストア雑誌の出版社は「自転車生活」と同じエイ出版社で、本屋さんになくても
Amazonジャパンで購入出来ます→自転車レストア&カスタム
Img_1069

「運ぶ自転車」のテーマで、長寿自転車商会のオーナーが見事にレストアした重運搬車も出ています。
Img_1118

2011年7月 3日 (日)

古き良き自転車のブログ紹介【お勧め】

I'll be back with another English post soon, until then stay trued and happy wheels!
一年以上前のことです。

古き良き自転車が好きな「Sさん」から連絡をいただきました。
Sさんは結構古い自転車もパーツも多いのみならず、人脈がかなり広いです。
当時、大日本機械工業の新古品光フレームをレストアする企画最中で、光号の情報を集めているところでした。
Photo

Sさんは実に素晴らしい「光号」の持ち主で、写真を何十枚も送信してくれました。
Sdsc02324

その光号を取り上げて「マーク入り(社名・社ロゴ)」の5回連続投稿をしました。
この一台に約120箇所ほど社名・社ロゴが付いています。
マーク入り(社名・社ロゴ)①」
「マーク入り(社名・社ロゴ)②」
「マーク入り(社名・社ロゴ)③」
「マーク入り(社名・社ロゴ)④」
「マーク入り(社名・社ロゴ)⑤」

光号だけではなく、あの有名な日米富士の覇王号を所持され、徹底的にレストアしています。

Sさんのブログは、写真が多くてレストアする実用車ファンには大変良い参考になります。
片倉シルク号、カワムラ自転車、ミヤタ(ギア・M)、セキネ、ノーリツ号、日米富士、山口自転車(マルワイ)、マルキン、丸石、メヤム等などあります。

是非、一度ご覧下さい。

しげPの自転車日記

2011年4月21日 (木)

Tomishika Heavy Duty Carrier Bicycle

近いうちにまた日本語で投稿します。

This week we will take a look at a heavy duty carrier bicycle restored by the proprietor of Long Life Bicycles (長寿自転車商会)located in Komae City, Tokyo.

Before Restoration
Yulan_magnolia_21img600x45012992276

After Restoration
Img_9482

These iron mules were the backbone for transporting goods locally in the late 40's through the 50's.

Let's start at the front and work our way towards the rear examining some of the features of this bicycle.

The bicycle boasts a fine example of the typical type of fender ornaments found on bicycles just before or after 1950.  It also has an original BE (Beaded Edge) Dunlop tire.  Note the black enamel spokes which were popular back then.Img_9484

Here is a close up of the fender ornament.
The initials TMS stand for Tomishika, the brand.
Img_9531

The spoke bell and hand painted pin stripping are also indicative of bicycles from this period.
Img_9505

Here is something that I have never seen before.  Check out the brake pads. They are obviously much larger than those used on utility cycles from the same period.  These iron mules were much  heavier than utility cycles and were often pulling loaded trailers more commonly referred to in Japan as "rear cars".  Thus the need for larger brake pads.

What is also interesting to note is how the pads are attached.  There is no stopper for the brake pad.  The show would appear to slip out of its groove the moment the brakes were applied. Instead of the normal stopper, there is a bolt which runs through the pad itself. Img_9508

The fender stays are much larger in diamerter and heavier than those found on utility cycles.
Img_9485

The pin stripping on old bicycles is amazing.  A close look reveals that they were indeed hand painted.  You have to love bicycles like this that were crafted.
Img_9534

Fork guard mechanism.
Img_9536

Check out the head lug.  One piece.
The paint is over half a century old, but still retains its luster.
The deep ruby red head badge is cloisonne.Img_9535b

Here we see the trigger mechanism for the spoke bell.
The chome on the handlebars is again, over half a century old, but like the paint it still shines.
Note that the handlebars employ two different size diameters,  a larger diameter in the T-section and smaller diameter out toward the bar ends.
Img_9491

The propietor has added a sign advertising his shop Long Life Bicycles (Choju Jitensha=長寿自転車商会)。 The shop name certainly fits in with this bicycle.
Img_9516

The leather saddle is surprisingly well maintained and note the serious suspension on this one.
Img_9488

Under the saddle and connected to the seat tube is a trailer (rear car) hitch.
Img_9495 Img_9494

Seat tube also has a badge, very characteristic of bicycles from 1940s and 50s.Img_9502

The wheel base on these heavy duty carrier bicycles is l-o-n-g.
Over 130cm from the rear axle to front axle.
Note the relaxed frame and all the the space between the seat tube and rear fender.Img_9520

The bottom bracket is cottered, another telltale sign that this bicycle is at least 60 years or older.
Img_9524

That is one large rear rack.
Img_9500

The heavy duty carrier cycles had large tires, a normal utility bicycle would have a 1 3/8 inch rear tire, but heavy duty carrier cycles sported two inch rear tires or larger.
This particular one has the original 2 inch 4 ply Dunlop tire.
Img_9497

The rear fender stay is about as durable as they come.
Since these bicycles normally pulled trailers, the rear heavy duty fender stay was probably to protect it from close calls with the trailer.Img_9525

The rear racks for utility cycles attach to the rear hub, but for this heavy duty carrier cycle the rear rack attaches to the frame itself.
Img_9496b

The rear stand has an exclusive hook built-in for the spring.
Img_9540b

Img_9539

These iron mules took a real beating on a daily basis.  It is rare to find one in such good condition.  For fans desiring a close look, visit Choju Jitensha (Long Life Bicycle Shop).

〒201-0003
Higashi Izumi 1 Chome 5-13
Komae City, Tokyo

2011年3月31日 (木)

帝國自転車フレーム(塗装のビフォー・アフター)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels!

今まで下記の3点を見てきました。

(1)帝國自転車新古品フレームの紹介

(2)帝國自転車フレームレストアにはフォークの取り外しとメッキパーツの錆落とし

(3)コッター式ハンガー(ボトムブラケット)の取り外しを見ました。

今回は、コンパウンドを使って塗装を綺麗にします。

レストアする自転車を探す時、よみがえりそうな塗装が前提条件の一つ。
その理由はオリジナル派で、もうひとつは再塗装出来ない。
いつか、チャレンジしてみたいと思うが、ワークショップがありません。
今までレストアした自転車全ての塗装がオリジナルです。
もちろん、ところどころタッチアップしています。

昭和20年後半~30年代前半の自転車の塗装が実に厚くていい。
必要以上に出来ています。(オーバーエンジニアリング)
コンパウンドでエナメル塗装のツヤが出ます。

心掛け: まず、目立たないところに試しること。

コンパウンドは液体とペーストの2種類があります。
液体の方がお気に入りです。
ホームセンターの自動車洗剤・ワックス売り場に1000円以下で3段キット(細目・極目・超極目)で売っています。
あとはタッチアップペンキも傷などに便利です。
前説明したスチールウールはメッキのため。
Img_7450

心掛け: コンパウンドを使用する時、まず目立たないところで試した方がいいでしょう。
順番に細目→極目→超極目を使用します。
力を入れずに軽く、特に転写や金線引きは、さらに軽くしないと思わず落としてしまう恐れがあります。
Img_8336Img_8334Img_8333Img_8345Img_8327

ビフォー・アフター

ヘッド
Img_2397

Img_9352

ハンガー
Img_2391

Img_9374

フォーク
Img_2396_2Img_9383

シート ラグ
Img_2400_2

Img_9378

ヘッド
Img_2393Img_9356

2011年3月24日 (木)

Teikoku Bicycle Frame (Paint Before & After)

  次回、この記事の日本語版を投稿します。

So far we have seen the Teikoku bicycle frame before disassembly,  how to remove the fork and clean up the chrome partshow to disassemble a cottered bottom bracket, and this week we will look at how to clean up the paint.

One of the prerequisites I have for a project is that I always try to find a bicycle whose original paint is salvageable.  To date, all my restorations have the original paint, with minor touch up of course. 

The paint on old bicycles is quite good and typically three layered.  It is enamel and laid on thick so compound cleans it up fairly well.  As is the case with anything, aways try it in an inconspicuous place and check the results prior to proceeding.

Compound comes in tubes or liquids, I prefer the liquid.  A typical "compound kit" containing three grades can be obtained from a local automotive store for 10 dollars.  These kits are for minor bodywork but are more than enough to do several bicycles.
(The steel wool is primarily for chrome as mentioned in a previous post.)
Img_7450

POINTER: When using compound start with the coarser grade and progressively work to the finest grade.  Apply the compound lightly and be very careful around decals/transfers/pin-striping.  Applying too much pressure or going over the same spot too many times will slowly remove the decals/pin-striping.
Img_8336Img_8334Img_8333Img_8345Img_8327

Let's compare before and after applying compound.

Head
Img_2397

Img_9352

Bottom Bracket
Img_2391

Img_9374

Fork
Img_2396_2Img_9383

Seat Lug
Img_2400_2
Img_9378

Head
Img_2393Img_9356

2011年3月18日 (金)

帝國自転車フレーム レストア (コッター式ハンガー)

I'll be back with another English post soon, until then stay trued and happy wheels!

今まで帝國自転車新古品フレームの紹介と前回の帝國自転車フレームレストアにはフォークの取り外しとメッキパーツの錆落としを見ました。
今回はコッター式ハンガー(ボトムブラケット)の取り外しを見てみたいと思います。 

以前少し触れましたが、このようなコッター式ハンガーは、正式には
「英式割りハンガー及びクロリヤ式」
というようです。
イギリスでは1930年代ごろ消えました。
日本では戦後まだ少し使っていたようです。

私はこのようなコッター式ハンガーを触るのは初めてです。
ぱっと見ると最初にコッターを抜くのではないかと思いがちかもしれませんが、そうではありません。
それをしてしまったら、球椀のネジ山を潰してしまう恐れがあります。
後ほど見ますが、コッターは三日月型をしています。
Img_8273

先ず、C型スパナでロックリングを外します。
Img_8304

コッターのナットを取り外しましたが、抜いていません。
調節球椀を反時計回りに回すと取り外せます。
Img_8308

ハンガー心棒と調節球椀(SLEEVE)を引き出します。
調節球椀を取り外したらコッターピンを抜いても良いですが、必要ではありません。
Img_8310

これはコッターピンの形状です。
三日月型で調節球椀を外さずにコッターピンを抜こうとしたら、抜けないだけではなく、調節球椀のネジ山に大きなダメージを与えてしまいます。Img_8354

もう片側の球椀(固定球椀)をピンスパナで取り外せますが、必要ではありません。
片側(調節球椀)を取り外せば、固定球椀の掃除やグリースアップできます。
調節球椀と固定球椀にそれぞれ1/4インチ(2分球)11個あります。

心掛け: 球(ボールベアリング)交換のルールは全部換えるか換えない。
つまり、球1個だけ換えてはいけません。
球椀にすぐダメージを与えてしまいます。

黄色の筒はシートチューブから落ちて来る異物がグリースに入らないように付いています。
Img_8311

ハンガー心棒には摩耗気配は一切ありません。
フレームは新古品に間違いない。
Img_8355

以前述べたようにチャック付ビニール袋はパーツの整理に欠かせません。
パーツを取りはずしたら、掃除して袋にパーツ名称、取りはずした場所、数量、サイズなどを書いて袋にいれます。
小物は小さい袋へ、ハンガーの部品をまとめて大きいな袋へ。
Img_7378

次回、塗装を綺麗にします。

2011年3月11日 (金)

Teikoku Frame Restoration (Cottered Bottom Bracket Disassembly)

次回、この記事の日本語版を投稿します。

So far we have seen the Teikoku Bicycle before assembly, and, in the last installment we saw how to remove the fork and clean up the chrome parts.  This week we will look at how to disassemble a cottered bottom bracket.

At first glance one may be tempted to start disassembling the bottom bracket by trying to remove the cotter pins; however, as we will see later, the cotter pins are removed last!
Img_8273

Start by removing the locknut using a C-spanner.Img_8304

The adjustable bearing cup is threaded into the bottom bracket and thus can be removed by unscrewing it.  If necessary a C-spanner can be used by leveraging the notches in the adjustable cup, just be careful not to damage the threads. Notice that nuts to the cotter pins have been removed, but the cotter pins themselves remain attached.
Img_8308

Pull out the adjustable bearing cup, protective sleeve (if there is one) and axle.
Img_8310

Once the adjustable bearing cup has been removed it is possible, but not necessary, to removed the cotter pin.  This is referred to as a crescent (half moon) cotter pin.  I have heard horror stories of people who have tried to back out the cotter pins prior to removing the adjustable bearing cup, only to permanently damage the threads on the bearing cup.

Img_8354

Though the cup on the other side can be removed using a pin spanner, it is not necessary as the bearings and cup can be cleaned from one side.  There are eleven 1/4 inch ball bearings for each bearing cup.

POINTER: When it comes to ball bearing replacement the rule is all or nothing. Replace them all, or don't replace any. Never just replace one ball bearing, that is a sure way to destroy the bearing cup or race.  Replace with new ones or don't replace them at all.

The yellow sleeve protects the grease from foreign matter that may fall down from the seat tube.
Img_8311

Notice the races on the axle.  Zero wear.  Proof that this frame had never been used.
Img_8355

As mentioned before, to keep parts organized, after cleaning each part place it in a small bag and label the bag. All the small parts belonging to an assembly, in this case bottom bracket assembly, are then placed in a larger bag.
Img_7378

In the next post we will take a look at how to clean up the paint. 

2011年3月 4日 (金)

帝國自転車 フレーム レストア (フォーク取り外し)

I'll be back with another English post soon, until then stay trued and happy wheels.

前回の投稿で、これからレストアする帝國自転車フレームの現状を紹介しました。
だいぶん前ですが、マグネット号のレストアする時にも似たような内容に触れたので、少しダブるかもしれません。

以前マグネット号レストアにも「心掛け」を書きましたが、今回も少し触れます。

(マグネット号ビフォア・アフター)

心掛け: 「Well begun, half done」
物事すべて始めが肝心で、始めにしっかり土台を作っておくと後はやりやすいので、半分出来上がったと同じこと、というような意味です。
備えあれば憂い無し、という日本語の諺に近い(?)

工具以外に用意するもの:
デジタルカメラ、ポリ袋(S・M・L)、ペン・マーカー 、スチールウールImg_7380

心掛け: 分解する前に必ず写真を撮っておく。
これは2つの目的があります。


(1) 組み立てる時の参照用
何かを分解して、組み立てようとしたら「どうなっていたか?」・・・構造が分からなくなって苦労したことはありませんか。
分解はそれほど構造を考えずに部品一つ々取り外せるが、組み立てはそうはいきません。
古い自転車の取扱説明書はないので、自分で作らないとツケが回って来ます。
分解に入る前に現状が分からなくならないように写真をいっぱい撮っておきます。

(2) レストア前と後の状態の比較用

心掛け: 「物(パーツ)と情報は別れてはいけない」
部品を取り外す前に写真を撮ってからビニール袋に、
「部品名、取り外した位置・向き、数量、サイズなど」を袋に直接に書いておく。

これは整理するためだけではなく、パーツを1つ々取り外して綺麗にして袋にいれると傷防止にもなります。

パーツ袋をまとめて、アッシ(組み立て部品)別大きな袋に入れるとより整理アップ!

先ず、分解図を見て構造を知っておきましょう。
注意: メーカーや年式により少し変わります。
     資料は昭和23年のものフォークはホークなど面白い!
Img_2597

Img_8277

心掛け:ヘッドは 上球受けと下球受けに球が26個あります。
中ナットを緩める時、気を付けないと 下球受けと下球押の間に隙間が生じて球が床に落ちてしまう恐れがあります。

Cスパナーで袋ナットを取り外してからランプブラケット、中ナット、上球受けを外します。
(下記の写真上から下順番)
Img_8279

フォークを抜く前に上球受けの26個の球を取り外します。
(フォークの軸があると球が見えないので、参照のためにフォークを抜いて写真を撮りました。)
Img_8288

メッキの小物パーツはスチールウールで磨くと綺麗になります。.
等級はいろいろあります。
No. 0000 極めて細かい
No.   000  極細かい
No.  00  中細かい
No.    0    小細かい
No.  1  細かい
No.  2, 3, 4, 5 粗い

心掛け:目立たないところで試す
メッキそのものを剥がしてしまう恐れがあるので、まず目立たない部分でより細かい方から試して軽く磨いてみること。

ランプ・ブラケット

Img_8350

Img_8348a_2

次回の投稿はコッター式ハンガー(ボトムブラケット)の分解を見ます。  

より以前の記事一覧