工具関係 (Tool Related)

2021年2月28日 (日)

サス付き革製サドル(第十一回)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

今まで「サス付き革製サドル第一回」「第二回」「第三回」「第四回」,「第五回」,「第六回」の記事で、
昭和20年代後半~30年代前半の革製サドル6種類800系750系 、900系500系600系1300系それぞれを見て来ました。

そして、前の四つの記事(第七回),(第八回)(第九回), (第10回)で、
サス付き革製サドルの手入れ用の専用手工具ハンモックサドル用の「皮張り器」「バネ開き器」「サドル(メガネ)レンチ」「サドルナット(移し替え)スッパナー」を見て来ました。


今回は、兼用工具を見てみましょう。

下図のように手工具の上半分は「ブレーキレバーナットスパナー」、下半分は「サドルワニナットスパナー」です。
Img_2536

Img_9927e

この手工具です。
Img_0109

Hataya Tool Co.(畑屋)
Img_0121


繰り返しになりますが、上半分はブレーキレバーナットに使用されます。
これについては、今後の投稿で取り上げます。
Img_2536a
Img_0110

そして、今回取り上げる下半分の「サドルワニナットスパナー」です。
もう少し見てみましょう。
Img_2536b

ワニ口のような受け部は、さまざまなナットサイズに対応するように設計されています。
Img_0111

フラットで薄型プロファイルを備えているため、狭いサドルバネのコイルの間に入りやすいです。
Img_0113

「サドル(メガネ)レンチ」 と比較すると、この「サドルワニナットスパナー」は1本で様々のサドルナット類に適合し、ナットのサイズを気にする必要はありません。
Img_0013

コイルの間にワニ口の歯がナットの角に接触するまで挿入させるだけです。
Img_0014

歯はサドルナットの角を食い込み、空回りを防ぎます。
Img_0012


フラットで薄型プロファイルと、スパナーのサイズとナットのサイズを合わせる手間が省けて「サドルワニナットスパナー」は、サドルナットの緩めと締め付けを大幅に容易にします。
Img_0120
サドルを分解したり再組み立てしたりする時、便利な手工具です。


 

2021年2月13日 (土)

Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 11)

次回この記事の日本語版を投稿します。

In the first six posts, Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 1), (Part 2)(Part 3)(Part 4), (Part 5) and (Part 6) we took a look at various leather saddle styles from the 1950's: (800 series)(750 series), (900 series)(500 series), (600 series) and (1300 series) respectively.  And, in the previous four posts (Part 7) , (Part 8) , (Part 9) and (Part 10) we looked at tools used to maintain sprung leather saddles, specifically the "hammock saddle stretcher", "saddle spring spreader" , "saddle box end wrench" and the "saddle nut transfer spanner".

In this installment we shall take a look at a dual purpose tool.

As shown in the illustrations below, the top half is a brake lever nut spanner, and, the bottom half is an "alligator saddle nut spanner".
Img_2536

Img_9927e

Here is the dual purpose tool.
Img_0109

Made by Hataya Tool Co.
Img_0121

Again, the top half used for brake lever nuts as we shall see in detail in a future post. 
Img_2536a
Img_0110

And, the bottom half, is an "alligator saddle nut spanner".
Let's take a closer look.
Img_2536b

The alligator mouth-like opening is designed to accommodate assorted nut sizes.
Img_0111

The tool has a flat thin profile enabling it to easily fit in between the narrow spring coils.
Img_0113

Compared to the "saddle box end wrench" this "alligator saddle nut spanner" is a one-size fits all tool, no need to worry about what size the nuts are.
Img_0013

Simply slide it in between the coils until the teeth make contact with the nut.
Img_0014

The teeth instantly bite the corners of the applicable nut; thereby preventing any chance of slipping.
Img_0012

With its thin flat profile, and, unique alligator mouth-like opening which eliminates the need to match spanner size with the size of the nut, the "alligator saddle nut spanner" greatly facilitates loosening and tightening saddle nuts. 
Img_0120
Definitely a handy little tool to have when disassembling and reassembling saddles.

 

2021年1月31日 (日)

サス付き革製サドル(第十回)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

今まで「サス付き革製サドル第一回」「第二回」「第三回」「第四回」,「第五回」,「第六回」の記事で、
昭和20年代後半~30年代前半の革製サドル6種類800系750系 、900系500系600系1300系それぞれを見て来ました。

そして、前の三つの記事(第七回),(第八回)(第九回) で、
サス付き革製サドルの手入れ用の専用手工具ハンモックサドル用の「皮張り器」「バネ開き器」「サドル(メガネ)レンチ」を見て来ました。

今回は、「サドルナット(移し替え)スッパナー」という手工具 を見てみましょう。(左の工具) 

Img_0076a

「サドルナット(移し替え)スッパナー」
Img_9927d

サドルを組み立てる時に、バネをサドルに固定するナットを移動して締めるために使用される工具です。
Img_0075
Img_0079

全体が薄くて、ちょうどいい角度になっているため、狭いバネ・コイルの間に入ります。
Img_0070

一端はナットを一時的に保持できるようにネジ山が切ってあります。
Img_0071

もう一端はナットを締め付ける用です。
Img_0074

(12mmナット用)
Img_0082

ナットを一端に取り付けて、バネ固定用のボルトに移し替えるまでの落下防止。
Img_0085
Img_0086

ちょうどいい角度になっているため、狭いバネ・コイルの間に入りやすくてナットを工具からボルトに移し替えができます。
Img_0088

移し替えたらもう一端を使用してナットを締めます。
Img_0090
Img_0091

「サドルナット(移し替え)スッパナー」は、サドルを組み立てる時に便利な工具です。
Img_0080
次回は、
革製サドルの手入れで使用する別の手工具を取り上げます。

2021年1月17日 (日)

Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 10)

次回この記事の日本語版を投稿します。

In the first six posts, Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 1), (Part 2)(Part 3)(Part 4), (Part 5) and (Part 6) we took a look at various leather saddle styles from the 1950's: (800 series)(750 series), (900 series)(500 series), (600 series) and (1300 series) respectively.  And, in the previous three posts (Part 7) , (Part 8) and (Part 9) we looked at tools used to maintain sprung leather saddles, specifically the "hammock saddle stretcher", "saddle spring spreader" and the "saddle box end wrench".

In this installment we shall take a look at a tool called the "saddle nut transfer spanner" (shown on the left). 

Img_0076a

This is the "saddle nut transfer spanner".
Img_9927d

It is used to transfer and tighten the nuts which hold the springs to the saddle during reassembly.
Img_0075
Img_0079

The tool is thin with one end angled appropriately to enable it to easily fit between the narrow spring coils.Img_0070

This is the transfer end which temporarily holds the saddle nut.
Img_0071

This is the open end for tightening saddle nuts.
Img_0074

The open end size is 12mm.
Img_0082

The nut screws on to the transfer end to hold it in place and prevent it from dropping during installation.Img_0085
Img_0086

The angled end enables the tool to fit between the coils to transfer the nut to the saddle spring bolt. 
Img_0088

Once the nut has been started, the open end is used to tighten down the nut.Img_0090
Img_0091
The "saddle nut transfer spanner" is a handy tool to have when reassembling saddles.

Img_0080
In the next installment, we shall continue to look at another tool used to maintain sprung leather bicycle saddles.

2021年1月 2日 (土)

サス付き革製サドル(第九回)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

今まで「サス付き革製サドル第一回」「第二回」「第三回」「第四回」,「第五回」「第六回」記事で、
昭和20年代後半~30年代前半の革製サドル6種類800系750系 、900系500系600系1300系それぞれを見て来ました。

そして、前回と前々回の記事(第七回)と(第8回)で、サス付き革製サドルの手入れ用の専用手工具ハンモックサドル用の「皮張り器」「バネ開き器」を見て来ました。

今回は、「サドル(メガネ)レンチ」という手工具 を見てみましょう。

Img_0055a_20201219163101

サドルのレストアをする際、とリベットがすべて良好な状態であっても、サドル・ハードウェアの錆びを落とすか、最悪の場合は部品交換する必要があります。
サドル・ハードウエアの徹底的な錆落し方法は、サドルを分解し部品を1つずつ錆落とすしかありますん。
サドルを分解するとなると、「サドル(メガネ)レンチ」は不可欠な道具です。
Img_9958
錆は時間が経つにつれて広がる一方。
手が届かない箇所が多く分解するしかありません。
Img_9961
Img_9962

サドル(メガネ)レンチ
Img_9927b

サドルにバネを固定するナット類を緩めたり締めたりするための専用工具です。
Img_0054

一端は10㎜ナット用、もう一端は12mmナット用です。
Img_0019

薄くちょうどいい角度になっているため、狭いバネ・コイルの間に入ります。
Img_2509

Img_0047a
10mm端はバネ下部のナット用。
Img_2511

12mm端はバネ上部のナット用。
Img_0026

前述したように錆を徹底的に落とすため、分解して部品一個ずつに対応するしかありません。.
Img_9967
Img_9976
Img_9970

錆を落としたら、組み立てる時もサドル(メガネ)レンチの出番。
Img_9978
Img_0027_20201217172001

Img_0029

Img_2511
Img_2512

次回は、
革製サドルの手入れで使用する別の手工具を取り上げます。

2020年12月19日 (土)

Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 9)

次回この記事の日本語版を投稿します。

In the first six posts, Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 1), (Part 2)(Part 3)(Part 4), (Part 5) and (Part 6) we took a look at various leather saddle styles from the 1950's: (800 series)(750 series), (900 series)(500 series), (600 series) and (1300 series) respectively.  And, in the previous two posts (Part 7) and (Part 8) we looked at tools used to maintain sprung leather saddles, specifically the "hammock saddle stretcher" and the "saddle spring spreader".

In this installment we shall take a look at a tool called the "saddle box end wrench". 
Img_0055a_20201219163101

When setting out to restore a saddle, even if the leather and rivets are all in good shape, chances are that the saddle hardware will be rusted and need to be cleaned up, in worst case replaced.  The easiest way to get rid of rust is to disassemble and tackle each part one-by-one.  And when it comes to disassembling a saddle, the "saddle box end wrench" is a good tool to have in one's restoration arsenal.
Img_9958
Rust never sleeps!
Img_9961
Img_9962

This is the "saddle box end wrench".
Img_9927b

It is used to loosen/tighten the nuts which hold the springs to the saddle.
Img_0054

One end is for 10㎜ nuts and the other end is for 12mm nuts.
Img_0019

The tool is thin and angled appropriately to enable it to easily fit between the narrow spring coils.Img_2509

Img_0047a
10mm nuts on the bottom of the coils.
Img_2511

12mm nuts on the top of the coils.
Img_0026

As previously mentioned, the easiest way to get rid of rust is to disassemble and tackle each part one-by-one.
Img_9967
Img_9976
Img_9970

After removing rust, it is time to reassemble.
Img_9978
Img_0027_20201217172001

Img_0029

Img_2511
Img_2512

In the next installment, we shall continue to look at another tool used to maintain sprung leather bicycle saddles.

2020年12月 5日 (土)

サス付き革製サドル(第八回)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

今まで「サス付き革製サドル第一回」「第二回」「第三回」「第四回」,「第五回」「第六回」記事で、
昭和20年代後半~30年代前半の革製サドル6種類800系750系 、900系500系600系1300系それぞれを見て来ました。

そして前回の記事(第七回)から、サス付き革製サドルの手入れで使用する手工具を紹介し始めました。
初回は、ハンモックサドル用の「皮張り器」でした。


今回は、サドルの「バネ開き器」という手工具 を見てみましょう。

Img_9925

名称の通り、サドルのバネを開くための工具です。
バネをサドルに固定するナットをアクセスできるようにバネを広げる工具です。
Img_9933a

これはサドルの「バネ開き器」の手工具。
Img_9927a 

Img_9932

名古屋の畑谷屋製「Hataya」
Img_9943

バネのコイル空間が狭くて一般的なスパナ―は入りません。
Img_9933
Img_9935

サドルの「バネ開き器」の手工具が実に良く出来ています。
先端がバネのコイルの間に挿入できるように嘴(くちばし)形状になっています。

ハンドルを握ると先端を広げてバネのコイルが開きます。
段付き機で好みの開位置に固定できます。
Img_9948

Img_9936 

コイルの開き具合によって、スパナでナットを緩めてからナットとワッシャーを手で取り出す程余裕があります。
Img_9952
Img_9949

また、サドルを組み立てる時にもワッシャーを取り付けてナットを手締め出来る程余裕があります。Img_9953

Img_9955

Img_9957

「バネ開き器」はサドルの分解と再組み立てに便利な手工具です。
Img_0045_20201119093501

次回も、革製サドルの手入れで使用する別の手工具を取り上げます。

2020年11月20日 (金)

Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 8)

次回この記事の日本語版を投稿します。

In the first six posts, Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 1), (Part 2)(Part 3)(Part 4), (Part 5) and (Part 6) we took a look at various leather saddle styles from the 1950's: (800 series)(750 series), (900 series)(500 series), (600 series) and (1300 series) respectively.  And, in the previous post (Part 7), we began looking at tools used to maintain sprung leather saddles, specifically the "hammock saddle stretcher".  

In this installment we shall take a look at a tool called the "saddle spring spreader". 

Img_9925

The spring spreader is used to expand spring coils to enable access to the nuts which hold the springs to the saddle.
Img_9933a

This is the saddle spring spreader.
Img_9927a 

Img_9932

Made by Hataya.
Img_9943

The space between the coils is narrow making it difficult to access the saddle bolts.Img_9933
Img_9935

The saddle spring spreader is a very simple tool.
The duck-billed tips fit between the coils.
Img_9944

When you squeeze the handles the tips spread the spring coils apart.
The stepped locking mechanism locks the tool in the open position. 
Img_9948

Img_9936 

After loosening the nut with a wrench, there is enough room to remove the nut and washer with your fingers.
Img_9952
Img_9949

When reassembling, the tool provides enough room to attach the washer and start the nut with your fingers.Img_9953

Img_9955

Img_9957

The saddle spring spreader is a handy tool to have in disassembling and reassembling saddles.
Img_0045_20201119093501

In the next installment, we shall continue to look at another tool used to maintain sprung leather bicycle saddles.



 

2020年11月 8日 (日)

サス付き革製サドル(第七回)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

今まで「サス付き革製サドル第一回」「第二回」「第三回」「第四回」,「第五回」「第六回」記事で、昭和20年代後半~30年代前半の革製サドル6種類800系750系 、900系500系600系1300系それぞれを見て来ました。

サス付き革製サドル連載の第一回「ハンモックサドル(800系)」でした。

記事の始めに、サス付き革製サドルの手入れで使用する手工具を少し見てみます。

まず、「サドル皮ハリ器」という手工具を見てみましょう。

名称の通り、弛んでしまったハンモックサドルの革をピンっと張るために使用されます。Img_9585_20201016193101
Img_2488_20201016192601

このような手工具の存在を知るようになるまで別な技で張りました。

昭和20年代後半~30年代前半からの手工具です。
シンプルで頑丈な手工具。 
Img_2466
Img_2472

前端に足2本
Img_2469

 足はハンモックサドル前のコイルにセットします。
Img_2476

ハンドルを回すと先端が伸びて行く。
本体の穴は張棒用でサドルの後ろのコイルにセットします。
三つの穴は様々なサドルサイズ(紳士用・婦人用・子供用)に対応できます。
Img_2470

Img_2475

工具をセットします。
Img_2474

固定ボルトを緩めてからハンドルを回して革が張って来たらボルトを締めます。
Img_2476 

Img_2478

ハンモックサドルの組立にも便利な手工具。
Img_9591
Img_9592
Img_9601
Img_2476
Img_9605
Img_2483_20201016193501

次回は、革製サドルの手入れで使用する別の手工具を取り上げます。

2020年10月23日 (金)

Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 7)

次回この記事の日本語版を投稿します。

In the previous six posts, Sprung Leather Bicycle Saddles (Part 1), (Part 2)(Part 3)(Part 4), (Part 5) and (Part 6) we took a look at various leather saddle styles from the 1950's: (800 series)(750 series), (900 series)(500 series), (600 series) and (1300 series) respectively.

Starting with this installment, we shall begin to take a look at tools used to maintain sprung leather saddles.  

Let's start with a tool called the "hammock saddle stretcher". 
Img_9585_20201016193101
Img_2488_20201016192601

You may recall that the "hammock" (800 series) saddle was introduced in the first installment (Part 1)  As the name implies, this tool is used to pull the leather on this style of bicycle saddle taunt.   In the past, prior to obtaining this tool, I resolved the issue of a flabby hammock saddle by giving it a "tummy tuck" (⇐link only in Japanese but photos tell the story).

The hammock saddle stretcher is a fairly simple tool. 
Img_2466
Img_2472

It has feet on one end.
Img_2469

 The feet fit on the front coils.
Img_2476

A handle on the other end which causes the length of the tool to expand when turned.
The holes are for the tension bar which fit between the rear coils.
Holes enable the tool to accommodate various size hammock saddles, child's, lady's and men's saddles.
Img_2470

Img_2475

Simply set the tool.
Img_2474

Loosen the adjuster bolt, turn the handle, stretch the leather taunt and tighten the bolt.
Img_2476 

Img_2478

It is a handy tool to have in reassembling hammock saddles.
Img_9591
Img_9592
Img_9601
Img_2476
Img_9605
Img_2483_20201016193501

In the next installment, we shall continue to look at another tool used to maintain sprung leather bicycle saddles.