工具関係 (Tool Related)

2019年8月30日 (金)

Stands

次回この記事の日本語版を投稿します。

This post is in reply to an email I received from a young enthusiast, George, who writes "I have what I believe to be a 1950's Yamaguchi bicycle but it doesn't have a stand.  I looked on your blog but was unable to find any information on stands, the types and differences, etc."

Well George, you are correct I have yet to do a post on stands.  But this one is for you and I hope it provides some insight.

Generally speaking, if we exclude the common day single leg side stand, there are basically 3 different types of stands:
1. Channel
2. Box
3. Roller-equipped 

Img_2035_20190830122801

1.Channel Type Stand
This is the most common type of stand found mainly on, gents' and ladies' roadsters, as well as, utility cycles
Equipped with springs the stand is kicked up and when lowered can be locked in the down (stand) position.
These stands come in two main designs, chain stay mounted or seat stay mounted.

Img_2042

Chain stay mount type
Img_2035_20190830101901

Seat stay mount type
Img_2034

Img_2028_20190830100801

Img_2023

Note the short rear carrier, compare it, and the tire size, with the photos below.

2. Box Type Stand 
This type of stand is stronger and sturdier than the Channel type and is occasionally found on utility cycles but more commonly on light carrier cycles.  These types of stand were mainly fitted to the seat stays. Of the three types, Channel, Box and Roller Equipped, the Box stand is the least common.

Img_2041


Img_2027

Img_2025

3. Roller-Equipped Heavy Duty Type
This is the strongest and sturdiest stand occasionally found on light-carrier cycles but mainly on heavy-duty carrier cycles.  Referred to in Japanese as Kiraku (a cinch) the rollers on the stand enable the stand to be raised and lowered even when heavily loaded. These types of stand were mainly fitted to to the chain stays.

Img_2036

Img_2019
Img_2030

Img_2033

Note the wide tire, typically 2.5" or 3", and, the large extended carrier for hauling large loads.  Carrier cycles were true beasts of burden and the roller-eqipped stand made it possible to raise and lower the stand when loaded.

 

2019年7月21日 (日)

謎の工具

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

工具が面白くて好きです。
工具は一個一個何かの目的で設計されています。

しかし、古い自転車工具となると何の目的で出来ているのか?つまり「謎の工具」が少なくはありません。
いくつか持っている限られた古い自転車カタログが謎の解明に大変参考になっています。

しかし、カタログに全ての工具が載っている訳ではありません。
以前、謎を解くために、古い自転車の愛好家しげP自転車の日記 に協力して頂き、他の古い自転車愛好家達の力をお借りしたこともあります。
そのお陰で謎の工具について解明することが出来ました。 

この工具もその一つです。
結局、本田スーパーカブ用のブレーキロット回し   ということが分かりました。
昔は「自転車屋」よりも「OO輪業」と掲げ、
リアカー、自転車、原付き、スクーター、バイクにも対応していました。

Img_0

この工具は スポーク切り と分かりました。
ホィールを組んだ後の余ったスポーク端を切り取るための工具です。
Img_5

先日、「古い自転車専用工具一箱」を手に入れました!!
Img_1772
やはり、その中には今まで見たことがない工具がありました。
では見てみましょう。

何らかの特殊なペンチの様です. 
Img_1774_20190704162201
Img_1776

先端をもう少し見て見ましょう。 
Img_1780

先端の内側はボトルの先のように窪んでいます。
Img_1779

窪みが何かを挟むように飛び出しているようですが、一体何を?
Img_1777

考えに考えた末、恐らくタイヤチューブのバルブコアを抜く工具だと思います。
試してみましょう。
Img_1787

バルブコアと工具先端の窪みの形状が同じ??
Img_1790

ビンゴ!!
バルブコアをしっかり掴めるように窪みの径がバルブコア下部より僅かに細い。
窪みの上部の径がバルブコアのネジ山径より広くてバルブコアを挟む時にネジ山が潰れないように出来ています。
Img_1792

バルブキャップネジ山を守りながらバルブコアを掴み楽に抜くことが出来きます。
Img_1797

バルブコアの虫ゴムは時間が経つとバルブ内にくっついて中々抜くことが出来ない場合もあります。
特に長年風雨に晒された自転車にはバルブコアのくっつき具合が酷い。
Img_1798 

不思議な工具。 
Img_1799


おそらく手作り工具でしょう。
鍛冶屋ペンチに加工された先端部を取付けられた。
鍛冶屋ペンチ2つの穴は元の支点用。

Img_1775_20190706082601

どなたかこのような工具を見たことがありましたらご連絡ください。

2019年7月 6日 (土)

Mystery Tool

次回この記事の日本語版を投稿します。

I recently acquired a box full of old bicycle tools.
Img_1772

Tools are interesting, they are all designed with a specific purpose in mind; however, with old bicycle tools it is often difficult to figure out exactly what the tool was designed to do.  I have a few old tool catalogs which have been very helpful in uncovering the purpose of unfamiliar tools.  But catalog information is limited and I have had to rely on other sources to unravel mysterious tools.  In the past a fellow vintage Japanese bicycle enthusiast "ShigeP" over at しげP自転車の日記 (Japanese only), has enlisted the assistance of other enthusiasts to help solve a couple of mysteries. 

This mystery tool below was solved at ShigeP's blog and turned out to be a rear drum brake adjustment tool for Honda Super Cub scooters.  In the old days, bicycle shops serviced not only bicycles but mopeds, scooters and motorcycles.Img_0

This mystery tool below turned out to be a spoke cutter used to cut the excess spoke ends after assembling a wheel.Img_5

In the recent batch of vintage bicycle tools, once again, there was a mystery tool, one I have yet to come across. 
Let's take a look.

Appears to be some sort of pliers. 
Img_1774_20190704162201
Img_1776

Let's take a closer look at the tips. 
Img_1780

The tips have been hollowed out to create a specially designed cavity.
Img_1779

The cavity must clamp onto something, but what???
Img_1777

My guess is that this is a tool created to pull out stuck Woods (aka Dunlop/English) tire tube valve cores.
Let's take a closer look.
Img_1787

The Woods (aka Dunlop/English) valve core seems to have the same contour as the cavity.
Img_1790

Perfect fit!
The cavity diameter is slightly smaller than the valve core allowing it to firmly grab the valve core.
Img_1792

Valve core is easily pulled out without any damage to the core itself, nor the cap screw threads.
Img_1797

The valve rubber has a nasty way of welding itself to the valve inner walls, this is especially true on old bicycles which have been sitting for years.
Img_1798 

Interesting tool. 
Img_1799

Most likely a one-of-a-kind tool fabricated by someone by machining the tips and then adding them to an old pair of Backsmith pliers. The two holes are obviously the original pivot point. 

Img_1775_20190706082601

If anyone out there has seen something similar kindly let me know.

2019年6月22日 (土)

鈴木商会 (勿体ない主義の教訓)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

先日、「鈴木 金太郎、91歳パンク直し」という興味深い記事を見つけました。

記事内容は、
取材を受けた91歳の自転車屋の店主が、長年の経歴、そして何年もの間に時代と自転車がどのように変わったかを思い出しています。
実に面白い記事です。許可を取れたら、いつか翻訳して海外の方にもぜひ読んで欲しいです!

7年前、つまり2012年に書かれた記事です。
ネット検索で店主のお店「鈴木商会」に辿り着き、2018年1月にお娘さんと一緒に撮られた写真がありました

「80年以上パンク直しの経歴がある方と一度お会い出来たらきっといい勉強になるだろう」と思い、西日暮里まで足を運びました。
現在お店を営んでいる娘さんが迎えてくれましたが、悲しいことにお父さん(店主)は昨年(2018年)6月に他界されたとのこと。
大変ショックでしたが、娘さんがご親切にお父さんのお話と昔のお店の写真を見せて下さり写真も撮らせて下さいました。

店主の年季があり使い込んだ作業台 

Img_1581_1

Img_1566
私は、「工具が一時的に体の一部になる」と信じています。
例えばネジを回したり、ナットを固定させたり、ネジ山を切ったりすることは、一時的に体の一部になります。

手工具に手加減を加え作業するからこそ、一時的に身体の延長となるのです。
その手工具を永く使用することによって、使用者の一部が何らかの形で手工具に移ったり、手工具が何らかの形で使用者に移ったりすることがある程度まであるかと思います。
物に魂が宿るか」の記事参照。

店主の作業台を見回ると、案の定どこを見ても「勿体ない主義」の証拠があって嬉しい限りです。
勿体ない主義よりまるで「勿体ない教」でモノを大事にして直しに直して直し切れなくなるまで使用し、もう直し切れなくなったら捨てずにそのモノに尊重及び感謝を示すように別の目的を与えることによって再利用でモノが生まれ変わるのです。

少し例を見てみましょう。

1. 使い古したタイヤチューブを切って、スポークをサイズ・長さによって束ねたりします。
Img_1583

2. スポークをリング状に曲げてサイズ別のナット・ワッシャーなど整理。

Img_1571

Img_1572

3. 空ジャー・缶詰・ブリキお菓子箱など小物入れや工具入れとして使用。

Img_1581b

Img_1566b

4. 使い古しタイヤチューブを工具に巻いて滑り止めにしたり工具を床に落としたら緩衝材として保護。

Img_1574

Img_1585

5. 木製の使い古したパンク修理箱を修理して使い続けます。

Img_1582

6. 自転車部品で自転車修理台及び工具入れ。
修理代の脚をよく注目して下さい。
脚がハンドル2本で出来ています。

Img_1562

自転車サドルを取り外して自転車を逆さまにして修理台のピラーが自転車シートチューブに差し込みます。
写真はこちらへどうぞ。

Img_1560

勿体ない主義は、昭和自転車をレストアし始めたきっかけの一つです。
15年前、昭和自転車は5千円~2万円ほどで手に入りました。
当時、少し手を加えるだけで甦らせられるシンプルで頑丈な工芸品を捨てることが信じられませんでした。
しかし、7年前くらいから昭和自転車の相場が変わってきて非常に高価になってきました。

鈴木商会は西日暮里駅から3分。 

Img_1591

Img_1592

鈴木金太郎さんの娘さんが鈴木商会を引き継いでいました。
娘さんが思い出話をしてくださったり写真を撮らせて下さったりして心から感謝しています。

鈴木金太郎さん、安らかに…。
お会いしたかったです。

2019年6月 8日 (土)

Suzuki Shokai (Lessons in Mottainai-shugi)

次回この記事の日本語版を投稿します。

I came across an interesting Japanese article the other day "Kintaro Suzuki  Age 91  Flat Tire Repair".

Someday I in the distant future I hope to have time to translate it, as it deserves a wider audience.  A man in his nineties is interviewed and reminises about his long career and how times, and bicycles, have changed over the years.

The article was written seven years ago, back in 2012.  I located Mr Suzuki's bicycle shop online (Suzuki Shokai = 鈴木商会)and there were photos of him and his daughter taken last year in 2018.  I thought to myself, "I gotta meet this guy whose been repairing flat tires for over 80 years, surely I can lean quite a bit." and made a trip out to visit his shop.  His daughter, who now runs the shop, greeted me and sadly informed me that her father passed away in June last year (2018) at 97.  I was crushed to say the least.  However, his daughter graciously shared photos of the shop, stories of Mr. Suzuki and allowed me to take photos. 

Mr. Suzuki's workbench 

Img_1581_1

Img_1566

Loyal fans know that I think of hand tools as "temporary body parts", as, when in use, they are extensions of the body used to turn a screw, hold a nut, cut a thread, etc.  The User is the force and control behind the tool, thus the tool is simply an extension of the body.  Loyal fans will also note that I believe, to some degree, through repeated use over time, these temporary body extensions gradually become a part of us, and in turn, a part of us is transferred to them.
(see article entitled "Do things have souls?")

Much to my delight, as I completely expected, everywhere I looked, there was evidence of mottainai shugi (practically a religion based on a deep belief that it is shameful and a sin to waste things, and things must be repaired over and over until it can no longer be repaired to fulfill its original purpose, and even then, instead of tossing it out, show respect and gratitude by repurposing it, ie giving it a new life).   A picture is worth a thousand words so let me share just a few simple to understand examples.

1. Old rubber inner tubes cut up and used as large rubber bands to bundle spokes according to various sizes/lengths)
Img_1583

2. Old spokes fashioned by hand into clip-rings to hold same size nuts/washers.

Img_1571

Img_1572

3. Assorted tins, glass jars and other containers used to store small parts or serve as tool holders.

Img_1581b

Img_1566b

4. Old tubes used as non-slip grips or to serve as a cushions to protect tools when laid or dropped on the floor.

Img_1574

Img_1585

5. Make it last.  A very old wooden flat tire repair box patched up and still in use. 

Img_1582

6. Bicycle repair stand made from bicycle parts.
    Note the four legs are simply two handlebars!

Img_1562

Remove the bicycle seat, turn the bicycle upside down and repair stand post fits into the bicycle seat tube.
See photo of repair stand in use here.

Img_1560

Mottainai-shugi is one of the reasons I began restoring vintage Japanese bicycles.  I could not believe that people would throw away something that, with a little elbow grease, could still be used.

Suzuki Shokai is located just a 3 minute walk from Nishinippori train station. 
Yanaka 3-24-2
Taito-ku, Tokyo

Img_1591

Img_1592

Special thanks to Mr. Suzuki's daughter for her time and allowing me to take and share photos.
May your beloved father rest in peace.

2019年4月13日 (土)

「スポーク・ベル」ビデオ追加

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels.

前回の「日米富士ベル」記事で、「回転式ベル」のユーチューブリンクを付けました。
そのビデオを見たロッドブレーキ自転車の愛好家H.G.さんから下記のリクエストを頂きました。

「昭和自転車ブログのお陰で古いと言って必ずガラクタと限りません。
古いからこそ眠った宝物の場合が少なくありませんと確信して来ました。
もし、可能であれば簡単でもいいですが以前取り上げたスポークベルのビデオを投稿して頂けますか。」

調べてみたら確かに以前取り上げたスポークベルの記事は2つ(ケーブル式ロッド式)ありますが、どちらもビデオがありませんでした。
H.G.さんからのご依頼通り簡単なスポークベルビデオを撮ることにしました。

スポークベルは実に面白い発想です。
ハンドルに付いているレバー押すことにより、バネ付きクラッパーがスポークに当たりスポーク一本々がバネ付きクラッパーを曲げ離します。  
その結果は機関銃のようなリン・リン・リン・リン・リン・リン~。

H.G.さんへ
ココをクリックするか下記の写真をクルックすることによって再生できます。

Spoke-bell-photo

 

2019年3月30日 (土)

Spoke Bell (Video Added)

次回、この記事の日本語版を投稿します。

In the last post "Nichibei Fuji Bell" I listed a link to a revolving bell on Youtube. I received an email from H.G. who watched the video and wrote in with the following request:

"Thanks to your blog I am a believer in that fact that many old things are not junk, but actually a kind of buried treasure.  I was wondering if you could post a simple video of the spoke bell mentioned in an earlier post."  

Indeed, there is a post on the cable actuated spoke bell, as well as the rod actuated spoke bell but no video of either so the request is legitamate and shall be fulfilled.

Spoke bells are an ingenious design, whereby, when the lever attached to the handlebars is depressed, rod-linkage moves a spring held clapper into the spokes, and, as the wheel turns, each spoke then bends and releases the spring held clapper rending a machine-gun of rings:  ding-ding-ding-ding-ding-ding. 

(Okay, H.G. here you go, just click here or on the linked photo below to see and hear the spoke bell in action.)

Spoke-bell-photo

 

2018年5月27日 (日)

作業部屋(8)

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels!

 

作業部屋の記事で述べたように、
転居後の片付けや整理をほぼ終えて、やっと作業部屋に手を付けられる状況になりました。
今まで作業部屋(1)では、
作業部屋の心臓になる古い自転車屋さんの古時計を直し、
作業部屋(2)では、作業部屋の胴体となる作業台を作り、
作業部屋(3)は、使用時に一時的に体の一部となる「四肢」の工具でした。
作業部屋(4)と(5)では、それぞれ「右手」となる立万力と「左手」となるフレーム万力を与えました。

前々回の作業部屋(6) と前回の作業部屋(7)ではそれぞれ脚一本目二本目を与えました。

 

そろそろ作業部屋に名前を付けますが、その前に少しだけ覗いてみましょう。

 

古い自転車ののぼり。
旧漢字が古さを物語ります。
自転車の「轉」や.株式会社の「會」や販売店の「Img_0335

 

 

 

代表的な部品類(風切、チェーンケース、ロッドブレーキハンドル、バッチ類、保証メダル、BEタイヤ、チェーンホィール、ペダル、鍵、ダイナモ、ランプ等々展示しています。
Img_0334_2

 

Img_0332

 


工具類も。
Img_0336

 

 

それぞれの展示品など今後少しずつ取り上げますが、まず作業部屋の名前。

 

作業部屋に「昭和自転車ラボ」と名づけ手描き看板を拵えました。

 

Img_0327_3

 

 

やっと最低限出来ましたが、まだまだ長い道のりです。

2018年5月13日 (日)

Workshop (8)

次回、この記事の日本語版を投稿します。

 

 

 

 

As faithful fans may recall, last year I moved and have been gradually giving life to a workshop.   In Workshop (1) I gave the workshop a heart by restoring on old bicycle shop clock.  In Workshop (2) I gave the workshop a torso by building a workbench.  In Workshop (3),  the workshop received extremities in the form of tools, and, in Workshop (4) and Workshop(5) I gave the workshop right and left hands by adding a Blacksmith vise and frame vise. In the previous two installments in this series, Workshop (6) and Workshop (7) the workshop received its first and second legs.
   

 

 

 

It is now time to give the workshop a name.  But before that a quick sneak peak.

 

 

Bicycle banners.
For those of you familiar with Japanese, note the use of old Chinese characters such as the「 轉」in 「自転車」(Jitensha=bicycle).
Img_0335

 


 

 

 

 

A small display of parts including, fender ornaments, chaincases, rod brake handlebars, badges, fender ornaments, guarantee medals, tires, chainwheels, pedals, locks, generators, lamps and more.Img_0334_2

 

Img_0332

 

 

 

More on various displays later.  First the name.
To christen the workshop I hand-painted a sign in Japanese.

 

Showa Jitensha Labo. (Showa Bicycle Laboratory)

 

Img_0327_3

 

 

 

 

 

Still have a ways to go but will update accordingly.

 

 

 

 

 

2018年3月 4日 (日)

物に魂が宿るか

I'll be back with another English post soon until then stay trued and happy wheels!

 

物に魂が宿るか。 
物を永く使用することによって、使用者の一部が何らかの形でその「物」に移ることがあり得るでしょうか。

 

Bfmbj180img600x4501219064311t7qf555

 

「作業部屋(3)」で述べたように、よく考えると、
手工具は手作業、例えばネジを回したり、ナットを固定させたり、ネジ山を切ったりすることは一時的に体の一部になっています。

 

手工具に手加減を加え作業するからこそ、一時的に身体の延長となるのです。

 

Biwa7963img600x4001244370100xyacdx4

 

何か頻繁に着たり使用したり乗ったりするもの?
体が接する頻度によって、年月が経つに連れて少しずつ体に形成されるもの。

 

特に対象の物が本物の材質、革製(野球グローブ、靴、サドル)、木製(野球バット、家具、ヴァイオリン)、銀製(銀食器、筆記用具など)といったようなもの。
人は自分のお気に入り「頼みの綱」を持っています。

 

つまり、持ち主に仕えて来て信用された物は、持ち主の一部になっているのです。

 

514bcdda8e1eb

 

 

亡くなった最愛の人の冥福を祈って営む法要があります。

 

と同様に、壊れてもう使い物にならず別の目的に使えない最愛物の冥福を祈って営む供養があるべきでは?

 

欧米とは違い、日本ではこのような生き物ではないにも関わらず「道具」などの供養がありますよね。

 

針供養、鏡供養、挟供養などなど…。

 

 

 

使い慣れたお気に入りの道具は、使用する度に使用する間に、まるで身体の一部だからこそ魂が宿るのです。

 

単に捨てる訳にはいかないでしょう。

 

 

勿体ない主義やリパーポス(Re-purpose=別の使い道へ)など、ものを大事にすることが好きです。
小さい頃、アメリカでは、物を捨てるのは罪でした。
壊れたら、直してみたり直してもらったり、治らないなら工夫して別の用途に回すか、最後にどうにない場合は分解してナットやネッジなど再利用するために取っておくことが常識でした。

 

おそらく、先祖がアメリカに移民し大恐慌をも乗り切った祖父母たちが経験してきた知恵です。

 

 

 

 

 

まだ十分使用価値があるものを捨てるわけにはいかず。

少しの手間を掛けて甦るからこそ、古い自転車も好きなのです。

 

 

P1230692_2

 

 

より以前の記事一覧